6月、梅雨ということで

蒸し暑くなってくると

カビ関連のコマーシャル

をよく見かけるようになりますが、

薬局でカビといえば

白癬(水虫・たむし)

ですね。


毎年繰り返している

という場合はともかく、

白癬なのかどうかは

判断に困ることも多い

と思います。


ざっくりとですが

水虫か

一般的な皮膚炎かの

見分け方としては、


一般的な皮膚炎

・健康な皮膚との境界が不鮮明

・左右対称のことが多い

・患部の広がり方が速い

お風呂後など血流がよくなると

 痒みがひどくなる


白癬

・健康な皮膚との境界が鮮明

・左右非対称のことが多い

・患部の広がり方はゆっくり

お風呂後、痒みの程度に変化はない


ということが多いです。


とは言うものの

皮膚病の見極めは難しいので

初めての症状だったり、

様子を見ているうちに

広がっていったり

悪化していくようなら

悩まずに

まずは

早めに受診する

ことをおおすすめします‼︎




足の水虫は

お風呂やプールなどでマットなどの共有

でうつってしまうことがあるのは

ご存知の方も多いと思いますが、

付着したら即うつるわけではない

です。


白癬菌が皮膚の角質に侵入すると

水虫になってしまうわけですが、

付着した状態でずっといたり

高温多湿の状態

皮膚の角質にがあったりすると

感染を助長してしまうので、

清潔を保ち

こまめなフットケアをする

ことが大切です。



川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・

エーケー有馬薬局