今週は

血液検査で

コレステロールの数値が上昇

してしまい、

処方箋のお薬が増えてしまったタラー

とおっしゃっていたお客様が

2人いらっしゃいました。


運動不足食べすぎ

ストレスなど

思いあたることは多い

ようでしたが、

もしかしたら私も

と思う方も多い

のではないでしょうか?


漢方で考えると

脂質代謝異常

痰濁といって、

血液に要らないものがある

状態です。


痰濁が増え過ぎると

ドロドロ血になって、

血液の運行や

正常な生理機能に

影響するようになると

痰濁瘀血という状態になります。


瘀血というのは

血液の循環が緩慢になったり停滞したり、

血管から漏れ出てしまった血液が

再吸収されずに留まったりすること

痛み:頭痛、生理痛、腰痛、胸部痛など

しこり:肩こり、ポリープ、腫瘤など

黒ずみ:しみ、顔や唇・舌が暗紫色など

症状が現れた状態です。


未病先防という点では

無症状のうちからの対策が大切

ですので、

心配に思って

いらっしゃることがあれば

ご相談くださいね‼︎





子宝のご相談などで

特筆するようなトラブルが

見当たらない場合でも、

舌の裏をみていただくと

暗紫色の血管がみえる

とおっしゃる方が

いらっしゃいますが、

この場合はなんらかの理由で

瘀血があると考えられるので

相応の対策をすることが

おすすめです ^ ^