目の漢方 | 鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

東急田園都市線の鷺沼駅近くで
漢方薬・自然薬を中心に相談・販売させて
いただいています。
日々あったこと、やっていること、
お店からのオススメなどを書いています☆


先日は

中医眼科の講座

に参加させていただきました。


中国の中医薬大学の病院では

現代医学の優れたところと

伝統的な医学の優れたところを

上手に結びつけて治療

しているので、

同じ病気に対しての治療も

より多面的な見方から

多角的に考えて対応できる

ところがすごく素晴らしいと

思っています。


一般の薬局でも

ドライアイや

眼の疲れ、

痛み、充血などで

ご相談にいらっしゃる

お客様もいますので、

最先端の現場では

どのように考えて

どういう治療をしているのか、

とても興味があり

楽しみにしていました。


中医学では

この病気にはこの方剤

という使い方は

基本的にはしないので、

眼科でも当然

全身の状態がどうなっていて

目の症状とどう関連しているのか

正しく弁証すること

が重要なのは

変わりないとのことでした。





とは言っても、

眼科でよく使われている

方剤というのはあり、

症状などによって

構成生薬を加減する

ことが多いので、

どういう方剤が

どのように使われているのか?

というのは1

関心があるわけです ^ ^



枸杞子、決明子、石決明、菊花、三七、丹参、昆布など

お馴染みの生薬の解説

はとても参考なりました‼︎




決明子:ケツメイシ

は音楽グループの名前で有名

ですが、

目の症状で使うときは

炎症を鎮める目的で

使われることが多い生薬です。


日本ではハブ茶と呼ばれ、

整腸作用や便通をよくする目的で

煎じたものが飲まれてきました。


ダイエットティーとして

ブレンドされていることも

多いです。


(どんなものでもそうですが、

効果が良いものは

思わぬ反応を起こすことが

あります。

服用前にご相談下さいね‼︎)




川崎市宮前区鷺沼駅徒歩1分