排卵障害って? | 鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

東急田園都市線の鷺沼駅近くで
漢方薬・自然薬を中心に相談・販売させて
いただいています。
日々あったこと、やっていること、
お店からのオススメなどを書いています☆


テーマ:


生理が順調で

まだ妊娠を考えていない

という場合は

何?

と思う方も多いかもしれません。


なかなか妊娠しない…

ということでご来店の方に

結構多くいらっしゃるのが、

排卵にちょっと問題があるかも?

というものです。


排卵というのは

卵巣で充分に育った卵胞から

卵子が卵管に向かって

飛び出すことですが、

排卵障害というのは

この一連のどこかに

問題があるものです。


基礎体温を付けてみると

生理がはじまって

排卵する前まで

大体36.2~36.3℃の時期があります。


排卵すると

プラス0.3~0.5℃くらい

上昇します。


期間は14日±2日くらいで、

妊娠していなければ

体温は下がって

生理がきます。


排卵に問題があるかもしれない場合の

基礎体温は

・2相になっているか分かりずらい

・ギザギザしている

・排卵時期の体温の上昇が階段状

・上昇するのに時間がかかる(3日以上)

ということが多いです。



ちょっと問題ありの基礎体温表の例



体温が1相なのは無排卵なので、

初潮後数年や更年期、授乳中を除いて、

長期間に渡る場合は

原因を調べる必要があります。


まれに

2相になっていても排卵していない、

黄体化非破裂卵胞(LUF)というものもありますが…。



なぜ問題が起こるのかは

・卵胞の発育や排卵を促すことに関わるホルモンに問題がある

・卵巣に問題がある

・両方に問題がある

などの場合があり、

病院で治療が必要なものから

時間はかかるけれど

自力で排卵できるものまで

様々です。


相談にいらっしゃることが多いのは

周期は不安定でも

生理は定期的にある方で、

受診したところ

経過観察か

排卵誘発剤を服用されている

という方。


生理期・低温期・排卵期・高温期

の生理の時期によって

足りないものを補ったり

余分なものを取り去ったり、

漢方薬を使い分けて服用することで

体力を上げながらより早く改善

していく方が多いですので、

ご相談下さいね‼︎







川崎市宮前区鷺沼駅徒歩1分

☆子宝相談・生理痛・生理不順・

女性、男性更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆

漢方相談・エーケー有馬薬局

akiko☆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ