鉄欠乏女子(テケジョ)を救え! 奥平智之先生の勉強会に行ってきました・その2 | 鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

東急田園都市線の鷺沼駅近くで
漢方薬・自然薬を中心に相談・販売させて
いただいています。
日々あったこと、やっていること、
お店からのオススメなどを書いています☆


テーマ:



血液検査をして

基準値内であれば、

安心しておしまい

のことが

ほとんどですよね〜。



今回の勉強会では、

肝機能検査の値から

ビタミンB6不足の有無が推定できる

ことも教えていただきました‼︎






ココロが不調になった時に

原因の一つとして、

脳が正常に働くために必要な

神経伝達物質が不足

しているかもしれません。



セロトニン

ドパミン

メラトニン

ノルアドレナリン

GABA

などの

脳内神経伝達物質は

たんぱく質(アミノ酸)から

作られます。



このときに

アミノ酸以外にも

ビタミンB6をはじめ、

ナイアシン、葉酸、鉄、マグネシウム、亜鉛など

ビタミンB群やミネラルなどが必要です。



血液検査値から

ビタミンB6の不足が疑われた時に

きちんと食事を見直すことで、

抗不安薬とか

抗うつ薬などの

治療薬を

減薬したり

休薬したり、

そもそも必要ない

ということもある

んですね‼︎



ちなみに

去年の私の検査では…


ASTーALTは

16ー14=2‼︎

で理想的 ^ ^

だけど、

数値自体は

黄色信号...ですね。


ビタミンB6が入った

医薬品を

毎日摂っていても

ちょっと足りてないということが

びっくりでした。


ビタミンB群は水溶性

なので、

貯金できないから

せっせと補給が必要ですね‼︎






本には可愛いハンコと
サインを頂きました〜😊







akiko☆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス