花粉症対策 | 鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

東急田園都市線の鷺沼駅近くで
漢方薬・自然薬を中心に相談・販売させて
いただいています。
日々あったこと、やっていること、
お店からのオススメなどを書いています☆


テーマ:

1月中旬から

ぼちぼちと

始められている

方も多い

花粉症対策。




{07203ED2-63B1-418C-8270-7C5D8A8F0ED8}



ご来店される方には

ざっくり

2タイプ

あります。


ひとつは

コツコツ体質強化メインで

できれば

薬は飲みたくない、

最小限にしたい

タイプ。


もう一つは

薬を飲んで

とにかく症状を止めたい、

止まればいい

というタイプ。

ここでいう薬とは

治療薬で

主に抗ヒスタミン剤

ですが、

病院では

ステロイド剤も

処方されますね。


漢方薬は

単一の成分ではないので、

どちらかといえば治療薬のものや

どちらかというと体質強化するもの

など、

ケースバイケース。


花粉症は

アレルギーの素因があって

原因の花粉に暴露してしまうと

発症してしまいます。


(でも、

アレルギーの素因があっても

皮膚や粘膜の機能が良ければ

出てくる症状は軽いん

ですけどね〜 ^ ^ )


なので

期間限定なら

当人が

よりストレスが少ない方法

がいいので、

どちらでも

いいのかなと

個人的には思っています。


ちなみに私は

花粉の飛散量が多い時に

うっかり出歩いてしまい、

鼻水が止まらなくなってしまったら

抗ヒスタミン剤のお世話に

なります。


ここ数年は

ワンシーズンで

計3~4回の服用

で済んでいます。


以前、

(というか

ひと昔前かもしれない…💧)

病院の薬剤部で働いていた時なのですが、

内服薬、点鼻薬、点眼薬と

一年ごとに

必要な薬がひとつ増えていく、

ということがありました。


効果があった薬が

効かなくなる

のは何故なのか?


今は

眠気の少ない薬も多いし、

さほど困ることもなければ

改めて考えることも

ないのかもしれません。


困るのは

効く薬がなくなって

しまった時でしょうか?


効いていた薬が

効かなくなるのは

体力が落ちたせい。


生活改善はちょっと…

(した方がいいのは

間違いないですけどね…)

という場合でも、

せめて併用してみては?

というものもございますので、

お困りの方は

ご相談くださいね‼︎



川崎市宮前区鷺沼駅徒歩1分

☆子宝相談・生理痛・生理不順・

女性、男性更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆

漢方相談・エーケー有馬薬局



akiko☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス