こどもにも薬が必要なときと場合 | 鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

鷺沼漢方☆エーケー有馬薬局☆若奥さんのブログ

東急田園都市線の鷺沼駅近くで
漢方薬・自然薬を中心に相談・販売させて
いただいています。
日々あったこと、やっていること、
お店からのオススメなどを書いています☆


テーマ:

本日当店の若旦那は
学校薬剤師をしている小学校の
プールの水質検査に行きました。

ここのところ
ひどく蒸し暑いし、
プールを楽しみにしている子も多いだろうと思いますが、
今朝の産経新聞にはこんな記事がでていました。

{47267ADB-CE21-43C9-918B-13EF05567DCF}




ヘルパンギーナは
急性のウイルス性咽頭炎で、
夏かぜの代表的なものです。

熱がでて、
口の中が赤く腫れて
水泡ができ、
ただれてしまうと
食べたり飲んだりがつらくなるので、
脱水症など注意が必要です。

基本的には症状が落ち着いたら良くなりますが、
まれに髄膜炎や心筋症などを合併することがあるので
軽く考えてもいけないですね。

予防接種はないし、
保育園、幼稚園や学校に行かないわけにはいかないし、
結局のところ
体力・免疫力を付けることが
月並みですが、
大切です。

早寝・早起き、
正しい食事、
適度な運動、
手洗い・うがい…

当たり前のことをし続けるのが一番難しいんですよね

□しょっちゅう風邪をひく
□食事にムラが多い
□好き嫌いがある
□便秘がち、またはよく下痢する
□つい夜更かしをして、朝不機嫌
□持病があるが、なかなか改善しない

など
当てはまるものがあり、
どうにかしたいけれど
忙しいし
生活習慣はなかなかすぐには変えられそうにない
というときには、
滋養強壮剤や漢方薬という優れものがたくさんありますので
是非ご相談下さい。

真面目な方は
こどもに毎日薬なんて…
と思われるかもしれませんね

成長期のこどもは
体を動かすため、体を修復するため、体を大きくするため、
より良い栄養がたくさん必要ですが
胃腸の機能も発達途中です。
もともと体質に少し弱いところがある場合にはもちろん、
体調が落ち込みやすい季節や環境になった場合には、
ちょっと手助けしてあげられるものを取り入れてあげると
びっくりするほど早く元気になることも多いです。
良いものがたくさんあるのに
利用しない方がもったいない
と思います

akiko☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス