モトレボ準備中 | ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間
2012年04月16日 10時30分02秒

モトレボ準備中

テーマ:整備・カスタム

ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間

4月21・22日の

岡山国際サーキットで開催される、

「モトレボ」

に向けてde"LIGHT TT1レーサーレプリカを整備中。








ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間

今回から、

「オーリンズ フロントフォーク」

が装着されています。


このマシンの仕様は、

エンジンはSS1000DSエンジンをスケールアップし1100cc。

それに伴いECUは「マイクロテック」。

データロガー、トラクションコントロールもついています。

マフラーはディライトワンオフ作製。

あとは書ききれません。(笑)









ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間

こういったレーサー作製はメカニックの勉強の場。

パーツをワンオフで作ったり、

マイクロテックなどのECU(フルコン)でセッティングしたり、

冷却効率を考えてみたり。


とくに、フルコンは2008年から勉強を続けています。

ようやく昨年からお客様にフィードバックできるようになり、

フルコンに交換される方が増えてきました。

特にサーキットを走られる、SS1000DSや1198などに装着することが多いです。

でも、MONSTER S2Rにフルコンを装着して、

トラクションコントロール機能をつけたこともあります。


フルコンにご興味がある方はぜひご相談下さい。




しかし、モトレボに間に合うのか?







ドゥカティ鈴鹿 ディライトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ