TT1レーサーレプリカプロジェクト~アルミタンク編~ | ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間
2010年03月05日 23時01分08秒

TT1レーサーレプリカプロジェクト~アルミタンク編~

テーマ:NEWプロジェクト!

今回のレーサーもポールスマートレーサー同様、アルミインナータンク式です。


ポールスマートのダミータンクカバーはFRP製でしたが、今回はダミーもアルミ製。


そのアルミのダミータンクカバーの内側に本当のタンクが存在します。



(ポールスマートレーサーをご覧になられたこと無い方はこちらをご覧ください。

ディライトウェブサイト→ http://www.delight-suzuka.co.jp/delight_small/ps_racer_project.htm




ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間












インナータンクは、アルミ板で形を作っていきます。


模造紙で型を作り、それに合わせアルミ板をカットして溶接していきます。




ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間










これも、色んなこと考えて作らなければならないので大変です。


タンク容量、スペース、フューエルポンプの位置などなど。


何かを手本に作るのは簡単ですが、何も無いところから、1から作ると言うのは本当に難しいです。




ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間




ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間


フレームにステーを溶接しています。


シートのベースを取り付けるステーでしょうか。










ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間


タンクがほぼ完成し、フレームに載せます。


フレームと当たる場所を確認していきます。


その後、タンクの固定方法や取付位置が決定されていきます。





ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間


こんな感じになります。


FRPで作ったエアクリーナーボックスも付いていますね。


まだまだこれからです。


3/8の岡山走行会に間に合うか・・・・




続く・・・・








プロジェクトの続きはこちら




ドゥカティ鈴鹿 ディライトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス