「自然療法の基本と家庭でできるお手当」「女性ホルモンとメディカルハーブ講座」のあとは・・・

いよいよ3限目
その症状はビタミン・ミネラル不足?  です。

前回広島セミナーの時に最後時間が余ったのでこのセミナーで使う写真を見せて頂き、
「ビタミン・ミネラル不足になると、身体にこんな表れ方をするんだ!」と驚いたのを思い出します。

今回このテーマでお話していただけると分かり、しっかりお話を聞きたいと思いました。

私達と切り離せない 食についてですから! 皆さんも同じですよね。


 
  


えんぴつ 予防医学について
体は常にいろんなサインをだしている・・・食事で改善できる

・コンビニ弁当などに含まれる リン酸塩や添加物が与える影響
その結果、何が不足する?

・体(爪・髪)は全て栄養素で作られている

・食べ物は体の内で消化吸収されどのように使われるか
まずは一番重要な器官から!
栄養が不足すると、どこに・どういう症状が出やすいか?


えんぴつ ナチュロパシー的栄養学
・普通の栄養学と違う点
・食材・ビタミンは人によって吸収の仕方が違ってくる(環境・習慣など)


ポイント  日本人の主食の変化・伝統食から飽食への変化→ その結果起こることは・・・



えんぴつ ホリスティック栄養学の食事療法とは
・サプリメンテーションについて


ポイント 1限目の自然療法の基本と家庭で出来るお手当 にでてきた伝統的医療
「おばあちゃん的知識」を科学的に証明することをしていく、というお話もありました。

そして・・・伝統的医療に偏り過ぎないことが大切 (これは1限目にもお話されてました)


ポイント なみさんはナチュロパスになるために5年間栄養学を学ばれ、色々な献立(+ハーブ)を考案されたそうです。

その国によって食文化が違うのでその人の文化背景に合わせてアドバイスされるとのこと。


えんぴつ デトックスについてのお話
・現代人には必要! どれくらいの期間行うか?

・16時間ファスティングについて
→ファスティングすることにより、消化器官を休ませることにできる。


えんぴつ 薬(ピル・ステロイド)を飲むことによって不足する栄養素について
栄養素が減るだけでなく、私達の健康に大切な役割をもつ〇〇〇〇も弱ってしまう

・お腹ポッコリの原因・・・あれがガスを発生させていたとは!です

 

ポイント 5年間一生懸命勉強をされていたなみさんが
世界一ヘルシーな食事と言われたのは・・・・「日本の伝統食」

・日本の伝統食の素晴らしい点・・・私たちにとっては当たり前だけど、優れた点がたくさん!
→現代日本人はその日本の伝統食から遠ざかっているということ

・家で調理するのが一番よい(材料や添加物の面から)
外食してもよい体にするために、1日1回は食べた方がいいものは・・・


えんぴつ 現代日本食品の問題点について
・様々な問題で安全な食品(クリーンなもの)を食べることが難しくなってきている
・安いものを買う(消費する)ことによっておこる問題について


「私たちの体は食べ物でできている」

・自分の体は自分が食べた物でできているという意識がないと、食事を簡単にしてしまう


えんぴつ 5大栄養素について
・体の中でどのような働きをするか
・摂り過ぎると栄養過剰となり、足りないと栄養失調になる


えんぴつ 9大栄養素について
・5大栄養素に加えて・・・
・ローフードについて
・同じもの(野菜)を食べすぎない。旬・季節に合ったものを食べること
・マクロビ(玄米)・大豆についての注意点

・オーストラリアのお寿司・・・シャリが白米じゃない!
タンパク質として摂る肉はどのような基準で選んだらよいか(飼育の仕方・食べているもの)


えんぴつ 最近注目の油についてのお話
動物性・植物性・魚介類 由来の物・・・それぞれの特徴


えんぴつ ビタミンについて
これはレジュメにびっしり情報が書かれていますのでご参照ください!
私達の体を作り上げる・機能させるためにこんなにたくさんのビタミンが必要だったのか!
とびっくりします。
そしてそれが不足するとどのような症状がでるのか・・・
思い当たるところを見つけてドキッとしたりしませんでしたか?

├人体で作れないビタミン
├人体で作られるビタミン 
→ 摂りいれる・作っても吸収を妨げる阻害因子がある

・1つ欠けても吸収できないもの、腸内細菌とのバランスがとれていないと吸収できないもの・・・

ポイント バランスよくビタミンを摂るには食事が一番

・腸・胃を切除された方に必要なのは・・・
・日本人が摂りすぎている栄養素について

・自分の日々の症状(爪・髪・足先の冷え)などを見ていくと、日々摂っているもので足りないものが分かる。


えんぴつ ビタミン・ミネラル不足が実際に体・心にでてくる事例

それぞれ写真をみながら説明していただきました。

①爪・・・自分の爪と見比べながら・・・色や表面の異常もですが、爪を噛むというのにも不足している栄養素がある、というサインなのです! お子様が爪を噛む等気になっている方は何が足りないのかチェックしてみてください。

②舌・・・写真をみて、すぐにその場でチェックはできませんでしたが。。。
色・表面にさまざまなサインが表れます。歯を磨く時などにセルフチェックするといいかも

③目・・・写真見るのがコワイ!って思ったけど・・目にもはっきりとサインが表れます。
こちらも鏡を見る時などにチェックできるといいですね

④手足・・・寝ている時になったら超痛い! こむら返りなどもビタミン・ミネラル不足から!
寝つきが悪い・眠りが浅いときにも不足しているものは・・・

⑤皮膚・・・私たちが日常「お肌の調子が悪いな」と思うものから、原因が分からないと心配になるものまで・・・栄養素が足りないから起こるのですね

⑥口・唇・・・サインが出ている(トラブルが起こっている)時に食べない方がいいものは?
・マウスウォッシュ使用について
・なみさんが毎朝されている口腔ケアについて

⑦精神的・・・昔から「カルシウムが足りないからイライラする」って言われてますが、不安感やうつもビタミン・ミネラル不足から起こっているんです!


⑧免疫系・・・不足しているビタミン・ミネラルを補うと改善されることも



えんぴつ 日本の厚生省の食事のバランスガイドとナチュロパシー的健康のピラミッドの比較
→図で見ると違う所が明らか!




えんぴつ 栄養バランスの取れた理想の食事について
・どんな食材を使うようにするか
・食材だけでなく、質の良い〇〇〇を選ぶことも大切!


ポイント なみさんはご家庭で食事を作られるとき、野菜は最低5種類は出すようにされているそうです。
グリル野菜・温野菜・サラダなど、レインポーカラーを目指すと栄養のバランスも摂れるのですね!



最後に・・・

1つの情報に一喜一憂しないこと

・鉄は摂りすぎてはいけないけど・・・人間には鉄が必要。どんな形で摂るのがいいのか?

・コンビニ等で売られているマルチビタミンなどの安価なサプリメントについて
表示の見方・・・必要なものがどれくらい含まれているか?
・必要なものより不要なもの(添加物)などが多い場合は肝臓に負担がかかるのでそれなら摂らない方がよい
・日本では質のいいものを見つけるのは難しい


・普段なみさんが朝ごはんとして飲んでいるドリンクの作り方・カンジダ菌が増えてきたなと思った時の対処法

・日本のフルーツは甘い、というお話

・デトックスに良い野菜の特徴は?

・オメガ3悪者説について






朝から夕方まで6時間! 

どの内容も自分の・家族の健康の為に活かしていけることがたくさんでした!

今後は別の活動をされるということで、このタイミングで受講できて本当に良かったと思います。


ポイント 2限目の「女性ホルモンとメディカルハーブ」でもお話されたように、
私達が得た知識を実践し、広めていく事が大切とのこと。

まずは身近な家族の様子を観察し、体のサインを見逃さないこと。
サインを見つけたら改善に向けて食事などでビタミン・ミネラルを補うこと。

できることからやっていきたいですね。

そして・・・
広島発信担当はゆうこさんに決定?ahaha*



なみさん
受講してくださった皆さんどうもありがとうございました!


 




レポ担当chimio(´v`)o