こんにちは。

今日はあいにくの雨で気温も10℃前後しかなく

久しぶりに暖房入れちゃいました。

 

(。-´ェ`-)明日も同じようなお天気らしい。

 

GWは後半の4日間だけで、お天気も目まぐるしく変わる

変な日ばかりでした。

 

3日は雨なので4、5、6日に実家かな?と思っていたら

最終日に自宅でゆっくりしたいのか?3、4、5に

実家へ行くという相方。仕方なく急いで準備して雨の中実家へ。

 

BJF】-_ゝ-)ン? 行く時はもう止んでたっけ。

 

ニコはいつものようにこたつの中に隠れて

キャリーケースに入るのを拒否してましたが

車中ではほとんど鳴くこともなく大人しくしてくれました。

 

途中ラーメンを食べて冷凍餃子、それからいつもは帰りに寄って

唐揚げを買うお肉屋さんが開いていたのでコロッケとかハムカツとか

唐揚げなんかを買い込んで行きましたが、なんだか実家にも

食べるものが色々あって(なんとあの父が天ぷらを揚げられるように

なっていた!)餃子は次の日に回す事になりました。

 

次の日は晴れだろうと思っていたけど夜中?早朝?に

雨が降っていたらしく出かける時に外に出たら地面が

めっちゃ濡れてました。

 

午前中にお墓参りをしてから母の実家へ行って

おじとおばに会おうという計画で出発。

 

お昼は車中で食べようと持ち帰りの寿司店で

お好みで握ってもらいました。

 

おじが去年梯子から落ちて頭を打って長く入院していたので

病院では会いましたが母の実家で会うのは久しぶりでした。

 

((´๑•ω•๑))それに母が認知症になり家を出られなくなってからは

毎年恒例だった「GW母と私と相方で実家までドライブ」が出来なくなり

私たちだけではなんとなく気が引けて行けなかった。

 

本当は午前中についてお昼前に帰る予定でしたが電話をしても誰も

でなかったのでとりあえず近くまで行って車の中でお寿司を食べました。

 

 

その途中目に飛び込んできた「山◯◯神社」の看板。

懐かしい、神社の名前。

 

 

多分小さい頃にも行ってるし、15年前くらいに来た時も

別のおじさんに連れて行ってもらった神社。

 

あの頃はまだ神社にそこまで興味がなく、行ったという記憶しか

ありませんでしたが、さらに9年前?義母がその神社のお札を

何年も大切にしている事を知り

 

((´๑•ω•๑))次に行く事があったら新しいお札を買ってきてあげよう!

 

と心に決めていて。

 

8年前のGWに「母と私と相方で実家までドライブ」した時に

その神社へ行ってお札をいただいたのです。

(お札を持って行ったら義母はとても喜んでくれました。)

 

そしてその頃私たちは山登りに目覚め、後でこの神社の裏山が

鎖場のある面白そうな山である事を知ったのです。

 

 

(*´ェ`*)次に行ったら絶対にその山に登ろうねって言ってたのに。

 

ご存知の通り翌年東日本大震災発災。

 

福島の原発が爆発した事により、この神社は立ち入る事ができない区域に

入ってしまったのです。

 

(*´ェ`*)あんなに綺麗な村が、目に見えない放射性物質で汚染され

見た目は全く変わっていないのに、立ち入る事ができない。

人々は避難したけれど、牧場にいた馬は無事に避難できたのかしら。

 

ずっと心がざわざわしていました。

 

幸か不幸か母の実家はギリギリ避難区域の外側でしたが除染のため

庭の木は全部切られ、裏山の木もだいぶ切られてしまいました。

 

 

その後、2013年の4月に神社で火災が発生。

宮司さんは神社を心の拠り所とする方のため

拝殿を開けて日参していたそうです。

 

当時は全村避難指示が出ていたため、すぐに消し止める事ができず

大変残念な事に奥様がお亡くなりになりました。

 

(。-´ェ`-)原発事故がなかったらすぐに消防車が駆けつけただろうに。

 

それからニュースで避難指示が解除されたとか時々目にする事は

ありましたが、ずっと心に引っかかっていました。

行きたいけど、なんとなく行けない。そういう気持ち。

 

それがこの日は違いました。

あの看板が目に飛び込んできた瞬間、行きたい!と思いました。

 

そしておばさんから電話があり「今S宿に来てるのよ〜あと2時間くらい

したら帰るから・・・待ってられる?」と言われた瞬間、行こう!と思いました。

(S宿は逆に私たちの地元がある県です笑)

 

お昼も食べたし、おばさん達が帰ってくるまで時間あるから

山◯◯神社に行こう!?と相方に提案すると乗ってくれました。

 

 

毎年GWに母の実家までドライブするときは、途中の山々が

新芽を吹いたばかりでとても鮮やかな若葉色をしているのですが

今年は何だか全てが早くて、若葉色はすでに終わり

ほぼ夏の色に近くなっていてガッカリしていました。

 

なのに山◯◯神社のある村は標高が少し高いのか?

今が新緑最高潮でめっちゃ綺麗!!

 

菜の花満開!あーーっ綺麗!!来てよかった!

 

この時点で晴れてますけど、お寿司食べてる時〜ここに着くまでの間は

雨が降ってたんですよ。

゚+。(*・ω・)。+゚晴れてきた〜!

 

゚+。(*・ω・)。+゚新緑がぽやぽや〜!

線量は0.51(って私の地元の7倍だけど多分問題は

ないんでしょうね、わからないけど。)

 

ちなみに震災後少しした頃に私の実家に行った時の線量は1を超えてました。

ギリギリ区域外だったおばさんの家の当時の線量は知りませんが

今では私の地元と同程度まで下がっています。

 

゚+。(*・ω・)。+゚見えてきた!あのとんがりの先端が私の行きたかった場所。

 

8年ぶりの山◯◯神社。

 

8年前の写真がこちら。

相方と、元気だった頃の母。この時は桜が咲いていました。

 

 

この神社は狼さんが守っています。

 

 

 

鳥居の陰に隠れちゃいましたがこの中にも狼さんが2体。

 

8年前の写真には写ってる。

 

お参りを済ませて、またお義母さんの為にお札をいただきます。

 

そして相方に裏山登りたいねって言ったら「ナニソレ!?」って・・・。

 

il||li (:D)rz il||li8年前の約束忘れてたんかい・・・。

 

お金を払う時に山のことを聞いてみると、簡単な地図をくださって

スニーカーでも行けなくはない、との事。鎖場があるので本当は

リュックがいいけれどショルダーバッグなら大丈夫じゃないかな?と。

 

それを聞いた相方はもう登山モードに突入してました。

 

自分だけ車に積んであった登山靴に履き替え・・・il||li (:D)rz il||li

(あ、私この日カメラの充電池忘れてましたんでカメラを車に置いて

貴重品だけ持って行くことに。)

 

私はスニーカーだし、登山半年以上ぶりだし、ゆっくり行こうねって事で

12:22 御本殿登拝入口の標柱から出発です。(山頂が御本殿だそうで)

 

蜂がいるかも、とおっしゃってたので耳をすませながらなるべく道以外の

ところを踏まないように、雨上がりで滑りやすい山道をのんびり歩きました。

(気づけば熊鈴もないし、水筒もありません。でも往復1時間ちょいらしい

ので思い切って行きました。山は電話も繋がるって言うし。)

 

歩き始めてすぐ感じたのがとっても気持ちのいい山だと言う事。

聞きなれない鳥の鳴き声や木々のざわめき、冷んやりした空気。

 

おばさんたちがいなかった事や、雨が上がった事、思い切り気持ちが

向いた事など、呼ばれているという感じがすごく強かったです。

 

 

12:33 清々しく、新緑が眩しく、巨石がゴロゴロ。

 

((´๑•ω•๑))方位磁針があったらくるくる回ったりして〜。ないからわからんけど。

 

12:37 トトロにしか見えない岩。

 

12:39 手水舎到着。

 

湧き水で手を清めます。

 

往きはロープに沿って右方向へ。少し上に鳥居が見えます。

説明では、右のコースと左のコースがあり、左に行っても遠回りなだけなので

右がお勧めと言われました。簡易地図を見た感じでは右は鎖場直登で

短距離という感じだったので、帰りは鎖場を下りるのが怖いので

長い距離(勝手に迂回路と解釈)の方を帰ろうと言う事になりました。

 

(;^ω^)全然迂回路じゃなかったんだけどね。

 

 

12:45 鳥居到着。

 

素敵な木。

 

12:46 フクロウみたいな耳のないニコみたいな石。

 

12:47 巨岩が出てきました。

 

中に何かが祀られている感じでした。

 

12:49 鎖場出たー♪

 

12:52 鉄梯子も出た〜♪

 

12:55 相方のおちり〜♪

 

上から見ると(伝わらないと思うけど)結構崖。

 

12:57 ここにも何かあったな・・・。

 

12:58 あ、見えてきた。

 

13:00 本殿到着。

御祭神は山の神、大山津見神。

(イザナギノミコトとイザナミノミコトの間に生まれた神様だそうです。)

 

さっきまでの雨が嘘みたいに晴れて、とても気持ちが良かったです。

 

ここでもお参りを済ませ・・・ふと左のほうを見ると。

 

12:07 なんかまだ道あるし。

 

    ↑梯子があるの見えます?

 

(上の2枚を無理矢理パノラマで繋げたので左上と右下は何も写っていません)

 

 

・・・つづく。

 

 

 

 

 

記事を気に入っていただけたらぽちっと♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


風景・自然ランキング