首都圏でプロ野球観戦(ライオンズを中心に)

どうしても書きたいときにしか書きません。
西武ドーム、神宮、東京ドームに出かけます。テレビやラジオより絶対に生観戦がオススメ!


テーマ:

昨年のドラフトで獲得のルーキーを見てみましょう。

1位 今井達也(投手、作新学院高)

2位 中塚駿太(投手、白鴎大)

3位 源田壮亮(内野手、トヨタ)

4位 鈴木翔平(外野手、静岡高)

5位 平井克典(投手、HONDA鈴鹿)

6位 田村伊知郎(投手、立教大)

 

このうち、指名前から知っていたのは田村投手です。何度も見たのでよく知っています。

東京六大学ですから。

 

次に今井投手、鈴木選手も高校時代から評価の高い選手でしたのである程度知っていたところです。

 

指名の狙いと個人的感想を述べます。

まず、全体として「逃げのドラフト」との印象を否めません。

 

今回のドラフトの圧倒的評価は田中正義投手と柳投手という大学の二枚看板にありました。

岸が抜けるというのは夏頃から報道されており、楽天側のタンパリングも噂さえていた中でのドラフトでした。

 

計算できるピッチャーの岸が抜けるのが可能性として少なからずあったのであれば、二枚看板にアタックすべきでしたね。

 

ふたを開ければ田中はホークスに、柳はドラゴンズに指名となりましたが、珍事として外れ1位に明大の佐々木5球団という事態が生じました。

別に珍事でもないと思いました。田中、柳のストレートの球威は佐々木より一打上を行っており、この部分の差が外れ1位かどうかの境目になったと思います。

仮に佐々木と上位2人のストレートの差がもう少し小さければ3人とも当初1位指名になっていたでしょう。

 

もちろん、変化球や制球、何より常に冷静な投球ができる精神力などの要素はありますが、ことストレートに限るならば田中、柳に匹敵する投手は昨年のドラフトにはいません。

 

今井投手は手脚が長く、バネの利いたフォームです。しかも高校生離れした、いわゆる「剛速球」を投じる投手です。高校BIG4の一角であり、藤平、寺島、高橋ら他のビッグネームがベスト8に進出できない中で優勝を勝ち取ったのは実力があるからに他なりません。

しかし、高校生でもヒットが打てる、バットに当たる投手ですから即戦力とは言いがたい。

その点、高橋光成投手は同じ全国制覇でも内容は決勝戦まで自責点ゼロと頭2つくらい抜ける脳緒力を持っていました。

 

本筋で行けば、大学二枚のどちらかを狙ってほしかったと思います。

今井投手がダメだと言っているのではありません。

いずれは二桁勝利、防御率2点台でシーズンを乗り切れる将来性は評価しますが、今シーズンからこれを期待している人がいたらおかしいとしか言えません。仮に達成しても「予想に反して期待に応える」というのが正確なところでしょう。

 

1位は即戦力先発投手で岸の穴を埋めてほしかったというのが本音です。

 

次に2位なのですが、最近、どうも2位を無駄使いしている気がしています。

昨年の川越投手も二軍で満足に投げられない状態です。

中塚投手の将来性を買うということですが、新人合同自主トレも初日でダウンする有様です。大丈夫かと思わずにはいられません。

大卒なので23歳からプロ生活が始まるわけで結果を出す時期も早い時期が求められます。

体重管理もできないのでは心構えからプロ向きなのか疑問に思います。

ここは富士大の小野を指名すべき順位だったと思います。コントロールに難はありますがスピード、ピンチで超スローボールを投げる精神力などプロでも通用すると思いました。

 

仮にもう少し下の順位で中塚投手ならば不満はありません。順番を間違えています。

 

次に3位の源田選手ですが、こちらは致し方ないかなと思います。社会人レベルでS評価される広くて正確な守備力、さらに脚力。まだ比較できませんが、永江選手より早くも上を行っているかもしれません。

とにかく守備力が高いので他球団も狙っていたのは間違いないですから。

課題は打力ですが、アマチュアで9番打者。しかも打率も出塁率も目を見張る数字ではありません。まずは守備固めから入って打撃の覚醒を待つしかないでしょう。

サードが通年で守れる選手がいないので永江選手をサードに回して守備固めをすることもできそうです。

 

逆に4位以下は大成功となりました。

4位の鈴木選手は高校トップクラスの外野で、野球云々以前に運動神経の塊というセンス。

1年目の途中からイースタンで活躍できそうです。

つまり、来年からレギュラーを狙えるのではないかと期待しています。

 

5位の平井投手は制球力があるようでリリーフ向き、しかも変化球を自在に扱える投手なので案外早く一軍に定着するかもしれません。

 

さあ、そして6位の田村投手ですが、神宮で何度も見ました。

左打者のインハイに投げ込むストレートで空振りを奪えていたので、伸びのあるストレートが持ち味のパワーピッチャーです。いわゆる逆三角形の肉体もアスリート向きのトレーニングをした証拠でしょう。

マウンドでもキャッチャーが寄ってきたときに自分からいろいろコミュニケーションを取っているのでリーダーシップや状況判断に優れていそうです。

連投でも球威が落ちないのでぜひリリーフエースとして君臨してほしいと願っています。

 

あとはできればキャッチャーもほしかったところですが九鬼をホークスに指名されてしまったので仕方ありません。こう見るとホークスはドラフトナンバーワンピッチャーと高校ナンバーワンキャッチャーを獲得しており、層が厚くなりますね。

 

しかし、平井投手、田村投手がリリーフで活躍すれば、牧田投手をローテに組み込めるので投手陣は安定します。

 

暗い話題ばかりですが、昨年の多和田投手の絶頂期の評価は田中正義の上を行っていました。今年はさらなる飛躍の年になってほしいです。

 

来年の今頃、鈴木選手がライト獲得という状況になっていればドラフトの成功といえるようになります。

 

また、今井投手より優れた内容で全国制覇した高橋光成投手にも大きな期待を寄せています。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 にほんブログ村テーマ 埼玉西武ライオンズ応援広場へ
埼玉西武ライオンズ応援広場
AD
 |  リブログ(0)

a-conservative-opinionさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。