首都圏でプロ野球観戦(ライオンズを中心に)

どうしても書きたいときにしか書きません。
西武ドーム、神宮、東京ドームに出かけます。テレビやラジオより絶対に生観戦がオススメ!


テーマ:

さて、いろいろ課題の多いチームですが問題点をあげてみましょう。

 

まず申し上げたいのはチーム以前にフロント、そして親会社に問題があります。

これを変えない限り復活はないでしょう。

 

2004年の不正会計事件発覚で当時の堤義明オーナーが逮捕されるに及び西武王国は崩壊しました。

それと同時に右肩上がりの経済の元で機能した節税システムも崩壊して膨大な有利子負債が残りました。

そんな環境で資金繰りに困った挙げ句に「みずほ銀行」からオーナーをお迎えすることになったのです。

 

当然、銀行屋ですから課したお金を確実に返済してもらわないと追加融資なんてできません。

少しずつ借金を減らして返済にめどを付けるための経営。当たり前すぎる結論として「経営合理化」という事態になりました。

 

引退セレモニーという体面だけ保った方法で貴重なサブ的な役割だった佐藤友亮、平尾、大島裕行ら中途半端に年俸の高い選手を一気に切って、打力では見るべきものが残っていた石井義人を自由契約など中堅を切る合理化を進めます。

 

さらにドラフトも逃げのドラフトが増えてきて著名リーグは避けてマイナーな地方リーグからの指名が増えてきます。または高校生。

 

さらに設備投資を行わずに、ついにはオンボロ二軍施設や老朽化した寮がマスコミネタになる始末。ホテル業も主力事業なのに寮さえ整備できない???

 

ただでさえ立地の不利は否めないんだから資金投下しないとファンは逃げていくでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いや、先に選手が逃げていきますね。FAをフル活用して。毎年の主力流出はストーブリーグの恒例行事に。

 

前田本部長、鈴木本部長と権限もお金もない中で合理化の圧力で球団経営を行いファンや選手の恨みを買ってしまいました。

しかし、チームを作るのは本部長の役割が大きいわけではないです。

フロントの総力戦です。総力戦を支えるのはお金です。銀行屋のオーナーさんが性急に勧める改革の名の下のリストラ劇の果てに今のチームがあります。

 

考えてみましょう。

今の西武グループで赤字覚悟で球団経営ができるか?

球団経営する前に有利子負債を減らして自己資本比率を高めろという話になりますね。

 

本当にチームを変えたいなら西武以外の資本を入れるしかないのが現状です。

 

ところが、それを阻害するのが年間100万人以上を運ぶ狭山線と自前の球場。仮に球団を売却して移転でもされた時には狭山線とメットライフドームは価値が激減するでしょう。

 

売却したくてもできない以上、多少、優良企業にお金を出してもらって資本参加してもらいたいものです。もっとも本当の優良企業ならスワローズかマリーンズを買収するのでしょう。

AD
 |  リブログ(0)

a-conservative-opinionさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。