女性税理士と開けるミャンマー進出の扉スタート! | エフエム戸塚のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

エフエム戸塚のブログ

ブログの説明を入力します。

ミンガラバー!!
(こんにちは!)

ミャンマーには、日本のように四季はありません。
6月から9月が雨季、
10月から5月が乾季です。
乾季の終わりの4~5月は、とくに乾燥して暑くなるので、暑気と言われています。

毎日40度の暑さ^ ^
日本との温度差は、なんと30度。
あはは←笑ってごまかすしかありません。

でも、ミャンマーが熱いのは、気温だけではありません。
昨年、アメリカによる経済制裁が解除されてから、外国企業が一気にビジネスを展開を始めています。

なかでもここ1年で、ほとんどの大手日本企業が、何らかの拠点を構えた感があります。

なーんて固い話はやめて、ミャンマーは、4月14日から、Water festivalです。
日本のお正月のように、国中がお休み。
レストランもスーパーも、みんな休みなので、日本企業も開店休業です。
なのでこの時期には、ほとんどの駐在員が日本に帰国します。

Water festival というだけあって、水かけ台からホースで水を掛け合うお祭り。
水かけ台にあがるのは、有料で、4万チャット(約4000円)もします。
現地の貨幣価値からみても、かなり高い⁉︎

水をかけられたい人は、傘を持って集合。
40度の暑さ対策としては、理にかなっていますが、街を歩いていて水浸しになるのは・・汗

年に一度のお祭り。
水をかける方もかけられる方も、水かけ祭りの準備で、ヤンゴンの街は浮かれて楽しそうです(^○^)



水かけ祭りの準備で、華やいでいます




お正月の花「パダウパン」



ミャンマーのシンボル
シュエダゴンパゴダ