お久しぶりです。


最近は全然書いていなかったこのブログ。


それでも見てくれている皆様、ありがとうございます。


書きたいなと思うまでちょっとストップしてました。


その分、舞台や仕事に集中してたってことでお許しください(笑)


さてさて…


いろんなことがあった2014年。


年明けそうそうのBUMP。


この時は膝が痛くてジジイと呼ばれてましたね(笑)


いやぁ、治ってよかったよかった。


銀之丞さんや、矢崎のぴろしやポイズン翔央くんもいて毎日がお祭りでした。


その翌日から紀伊國屋の熱海殺人事件Battle Royalの稽古が始まり、稽古場では稽古というよりも毎日翔央くんと個別ネタ作りの毎日でしたね。


紀伊國屋ホールでの熱海はやっぱり思い入れがあって。


劇団員になって初めて手伝いでついたつかさん演出の公演も紀伊國屋の熱海でした。


つかさんからお前たちもやってみろと言われて同じ作品をやらせてもらったのが劇団員となっての初舞台でしたね。


その時のタイトルは『熱海殺人事件ー平壌から来た女刑事ー』


懐かしいなぁ。





そんなことを考えながらここ数年毎回ナレーションをやらせてもらっていた紀伊國屋熱海で、今年は何と熊田役をやらせてもらえて。


…追い込まれました(笑)


ただ、みんなに助けられました。


お客さんも満員御礼で。


ホントに嬉しかった。


チャンスをくれた岡村さん、ありがとうございました。


またいつか紀伊國屋で熱海ができたらいいな。






そこからはまた怒涛の日々がありました。


劇団初の全国公演、飛龍伝2014。


やっぱり劇団員だけで回るツアーというのはまた違いますね。


また劇団で全国を回りたいという新しい夢ができました。






その間には、演劇界の殿堂、青山劇場での怪談・にせ皿屋敷。


劇場のスタッフさんがみんな待っててくれて嬉しかったなぁ。


一番今までに立たせてもらった青山劇場。


そこであんなことをやれたのは凄いことだなと改めて。


毎公演、みんなで一生懸命に遊ばせてもらった公演でした。






また立ちたいな、青山劇場。






そして、シアタートラムでのつかこうへいダブルス。


幕末と広島。


初めての幕末と何度目かの広島。


幕末では近藤勇という大役。


勉強になりました。


幕末も広島も先輩たちとやれたこと、教えてもらったことを実にしていかないとな。






そうそう夏にはドラマ若者たちにも出演。

あの稽古場は衝撃だった。

うん。

もっていかれました。

またドラマにも出たい。



頑張ろう。






そして、今年の最後を駆け抜けたAJT。


早乙女太一を先頭に劇団朱雀、騒ぎ屋メンバー、山崎銀之丞先輩、馬場徹、小川智之、せいやくん…そして、dream teamのスタッフさんたち。


たくさん見に来てくれたみなさん。






ありがとう。





大衆演劇という『見にきた人を楽しませる』という舞台の原点に触れられたことを本当に感謝しています。


そして、座長の作ったこの劇団朱雀に参加できたことを何よりの誇りに思います。


何と言っても足りませんが…


ありがとうございました!!
















最後になりましたが、プライベートでも今年は珍しく旅行も行けて。


充実した一年でした。


来年はどんな年になるかわからないけど、今年よりは頑張りたいと思います。


1日をより大切に。








2014年最後なので何か写真を載せたいと考えていたんだけど…


これにしました。


“2014年のありのままの姿”ということで、AJTの大千秋楽直後、楽屋に戻った瞬間の1枚(笑)


まさに2014年の限界の1枚。



{20FDC47F-E430-44EE-B71E-4EDAB05D7DB4:01}



来年はこの限界をまた越えていこう。


良いお年を!!




2014年大晦日
久保田創