和歌山県の中部に位置する有田市(ありだし)にやってきました。ニコニコ

 

「有田みかん」が有名な有田市には、

紀伊水道や湯浅湾が眼下に広がる絶景ドライブ&ウォーキングコース

 

「有田みかん海道」

 

があります。

 

過去の有田みかん海道のブログはこちら

 

今回は箕島漁港の方向から有田みかん海道を走りました。

 

「天乙(てんおと)商店」さんの前を通ったので、天ぷらを買って帰りたかったけれど

持ち歩きができないので今回は諦め。チーン

 

分岐点のところでこちらの山道を登って行きます。

カーブの坂道を上って行くと、時折海が見えてきれいでした。ピンクハート

ウォーキングされている方々の姿も見られましたよ。

 

有田みかん海道の途中にある休憩&展望スペースに着くと、車が数台停まり先客がいました。

ふだんより車がたくさん停まっているな~と思ったら、

屋根下のベンチでは、地元のおじ様方が語り合う憩いの場となっていました。ニコニコ

 

もちろん眺めが素晴らしいので、県外ナンバーの車も駐車しており観光にも素敵な所です。

ただ、ここにはトイレや自販機は無いのでご注意を。

 

展望スペースから見た湯浅湾です。

苅藻島が見えます。

この日は、お天気が良すぎて海が霞んでいました。

 

向かいの山の道沿いに「展望台入口」があるので展望台へ行ってみました。

坂を上り切ったあたりに展望台はあるのでそれほど距離はありません。

 

展望台です。

 

展望台に設置されている説明板です。

 

湯浅湾には明恵上人が修行をしたと言われる苅藻島や、鯨のような形をした鷹島が展望台からも見えます。

 

岬の先端あたりが白崎のようです。

 

紀伊水道が広がり、天気の良い日には四国(徳島県)まで見えるそうですが、

逆にお天気が良すぎて霞んで見られませんでした。

淡路島ならともかく、四国まで見られるのは条件的になかなか難しいとは思うけれど。

 

右に見える岬が「宮崎ノ鼻」と呼ばれる場所とあったけれど、木々の間の向こう辺かな?

 

山を下って来て、みかん畑が広がる道にやってきました。

 

今回、みかんの花の見ごろは済んでいて、どこもほんとど花は無かったけれど、

木によっては白く小さいみかんの花が咲いていました。

 

車の窓を開けて走っていると、甘い香りが漂ってきて幸せな気分にさせてくれました。照れ