目の疲れには・・ | 浜田みやかわ眼科のブログ

浜田みやかわ眼科のブログ

眼科領域の素朴な疑問やトピックをお伝えします


テーマ:

現代社会においてスマートフォン、パソコンは、日常生活や仕事においてなくてはならないものです。若者だけでなく中高年にも幅広く普及し、それに伴い疲れ目を訴える患者さんもどんどん増加しています。

疲れ目=眼精疲労は、目を使う作業を続けることにより、眼痛・かすみ・まぶしさ・充血といった目の症状だけでなく、頭痛・肩こり・吐き気といった全身症状が起こり、十分な休息や睡眠をとっても回復しない状態をいいます。

 

原因は?

その多くは、近視や乱視の眼鏡矯正が適切でなかったり、初期の老眼で無理な近業作業を行うと眼内の毛様体筋に負荷がかかり眼精疲労が起こります。

特に近年ではパソコンのモニター、スマートフォンなどでVDT症候群(Visual Display Terminals症候群)の一環として眼精疲労を起こす機会が増えています。

 

治療は?

原因がはっきりすれば、それを排除することが重要です。不適切な眼鏡が原因なら正しい度数のものに変更する。老眼が原因なら遠近両用眼鏡にするなどの対策を行ってください。

VDT作業環境の見直しも必要です。

室内の照明、パソコンモニターの位置、モニターのインチアップなどを見直すと良いでしょう。

そして、適度な休息をとり、目を酷使しないようにすることが重要です。

薬物治療として、ビタミン剤配合の点眼液、内服薬などがありますが、特効薬と言えるものはありません。

医学書には書いていませんが、休憩時間に眼精疲労に効くツボを指圧すると気持ち良いです。

主なツボは眉頭の内側、眼窩骨縁の少しくぼんだ所にある①「攅竹(さんちく)」、目頭のくぼみ、鼻根部横にある②「晴明(せいめい)」、こめかみの下のすこしくぼんだ所にある③「太陽(たいよう)」を指圧すると有効かもしれません。

*指圧の時は、眼球を押さないように十分注意して下さい!(指圧は骨の上からです)

 

浜田みやかわ眼科のHPはこちら

http://www.miyakawa-eye.com/

 

H M eyeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ