緑内障新薬発売 | 浜田みやかわ眼科のブログ

浜田みやかわ眼科のブログ

眼科領域の素朴な疑問やトピックをお伝えします


テーマ:

今回は、近日中に上市される緑内障の新しい点眼薬のお話です。

緑内障はこのブログでも取り上げていますが、眼圧下降が唯一、効果が証明されている治療法です。

 

これまでプロスタグランジン関連薬という種類の点眼薬が、最も強力に眼圧を下降させる効果が高かったのですが、その反面睫毛増多・眼瞼色素沈着・上眼瞼溝深化といった副作用がありました。

 

睫毛増多とは、マツゲが太く長くなってしまうことです。マツゲ貧毛の治療薬として使用されるあの薬と同じ成分です。

女性の方にとっては悪くない話??ですが、男性の患者さんにとってはあまり好まれません。マツゲが長くなるとメガネに当たって邪魔だとおっしゃいます。

 

眼瞼色素沈着は、目の周りにクマができたような黒ずみができてしまう副作用です。

程度の強い場合はそれこそ🐼みたいになってしまいます。

 

上眼瞼溝深化とは眼球が目の奥に引っ込んだようになってしまう状態を指します。

 

このように、プロスタグランジン関連薬の点眼は、眼圧下降という面では良いのですが、整容面では問題になり、しばしば点眼薬の中止を余儀なくされます。

 

今回の新薬は、大きなくくりでは従来のプロスタグランジン関連薬ですが、作用する受容体が異なるため上述の副作用は出現しないと言われています。

 

眼圧下降作用に関しても、プロスタグランジン関連薬の代表格であるラタノプロストと非劣性が証明されています。(非劣性とは、効果が劣っていないということです)

 

ですので、今まで上述の副作用により点眼できなかった患者さんにはとても有効である可能性があります。

 

ただし、別の副作用の発現率は高くなっているようで、充血と嚢胞様黄斑浮腫があります。

 

充血については、ラタノプロストより充血の発現率が高いことが国内臨床試験で判明しています。

 

嚢胞様黄斑浮腫とは、網膜の中心部分に泡のようなむくみができるものです。

視力に大事な部分がむくんでしまうと視力低下に直結します。このむくみは、過去に白内障手術をしている患者さんに高頻度に発現するため、白内障手術既往がある患者さんには使用禁忌とされました。

 

何の薬剤でも、新薬だからと言って飛びついてはいけません。

むしろ実際に患者さんに処方するようになって、臨床試験では少数と言われていた副作用の頻度が実際は高かったということがしばしばみられます。

 

薬剤のリスクとベネフィットを慎重に見ながら選択してまいります。

もし、新薬の情報を入手されご自身が対象になるかどうか気になる方は遠慮なくご相談ください。

 

画像と本文は無関係です。

秋晴れの青空に東京タワーが映えたので1枚。

 

 

浜田みやかわ眼科のHPはこちら

http://www.miyakawa-eye.com/

 

 

 

H M eyeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス