ゴールデンボンバー
全国ツアー2016-2017
「オールゲイズ 二丁目のユウジ」

祝☆無事終了!

ということで、ツアー内容とセトリのネタバレいきます!
翌日のネタバレnightまで知りたくない!DVDで見たい!曖昧な記憶では怖くなる!
ありがとう!それが正しいよ!!


たまアリ参加する前に書き終えまして、色々と間違ってたんですけど、加筆・修正せずにそのままあげます
明日のネタバレnightか、DVDで本物見てください(^-^)ゴメチー


―――――――――――――――――――――

出演
翔:鬼龍院翔、豊:喜矢武豊、淳:歌広場淳、殺人兵器:樽美酒研二、ユウジ:不明、田所くん:(ライス)田所仁、関町くん:(ライス)関町知弘、ユウジを狙ってる強敵:????




――2022年 新宿二丁目のBAR「ユウジ」にて


田所くんがいつものように店に訪れ、ママこと翔に彼氏ができたと嬉しそうに話している


田所(以下、田)「おい!」


田所くんの呼びかけによりお店に入る関町くん


翔「あら、可愛い子じゃない!」

関町(以下、関)「僕まだこの辺(新宿二丁目)のこととかわからないんです」


と少し緊張する関町くんをリラックスさせるように他愛もない会話で盛り上がっていると、


関「ママのことどっかで見たことあるな…


ああ!!!ゴールデンボンバーのボーカルの人だ!!!」

田「指さすなって!!!すみません、失礼な事を言ってしまって…」

翔「いいのよ、別に…隠してることじゃないし」

関「何かあったんですか…?」

田「やめろって!」

翔「いいのよ、今日は他にお客さんもいないし、教えてあげる」


田「ママは確かに5年前まではゴールデンボンバーのボーカルだったんだ…

でもある日突然メンバー全員で記者会見を開いて


(イメージ図)

メンバー全員ゲイであることをカミングアウトしたんだ」

関「あ、それなんとなく覚えてる!」

田「その後、運悪くメンバー全員同じ男性を好きになってしまって、奪い合いをしたんだ、そしてその結果勝ったのが翔さんだったんだ

でもそれがきっかけでメンバーの関係は修復不可能、ゴールデンボンバーは解散してしまい、そして翔さんとユウジさんの2人で開いたお店がこのBARなんだ」

関「そうだったんだ…すみません…そんな事を聞いてしまって…」

翔「いいのよ、それに私いまとっても幸せなんだもの



見て、この前私の誕生日にユウジがくれたのよ♡

(イメージ図)

そろそろお店に来る頃なんだけど遅いわね、昨日も遅くまで飲んでたから」


(着信音)


翔「ウワサをすれば♡

もーおそ」ユウジ「翔ちゃん…助けて…」

翔「ちょ、ちょっとユウジ!?どうしたの!?」

謎のオカマ「ふふふふ、お久しぶりですね、翔さん」

翔「その声は…淳!!!」

淳「覚えててくださり光栄です」

翔「ちょっとアンタ!なんのつもり!ユウジはどこなの!」

淳「あれから5年、私はずっとユウジを忘れられることができなかったどころか、想いは大きくなるばかり

そして同時に膨らんでいったのがお前への憎しみだ!!」

翔「あんた!また私にぶっつぶされたいの!?」

淳「あの時の私とは違うんですよ、彼もユウジを愛していた、そして私の計画に賛同し殺人兵器として生まれ変わった!」

翔「何言ってるのよ!」

淳「5年前に戦ったあの場所でお前を待つ、その前に応援も呼んでおいたから」

ユウジ「翔ちゃん…助けて…」

翔「ユウジ!!!」


混乱する頭を必死に宥め、ユウジを救うべくお店を飛び出す翔


田「ちょっと!!ママ!!!お店は!?」


―――――――――

ユウジへの愛、淳への怒り、全ての感情を必死に抑えながら慌ててバイクに跨ろうとしていた翔に1人のゲイが話しかける


豊「アンタ、そんな格好で戦うつもり?」

翔「そんなことど…



豊!?」


そこにいたのはお前こそそんな格好で戦うのかと返したくなる格好をしていた豊であった


豊「これを着なさい」


そう言い渡されたのは一着のライダースジャケット


翔「ありがとう、恩にきるわ」


二人共個々の意味でヘルメットを頭に乗せ、5年前に戦った、ゴールデンボンバーの因縁の場所へ向かう…
(※実際の運転シーンではヘルメットはしっかり被ってますので頭の大きな子はサイズにあったヘルメットを、また頭に大きな装飾をした子はヘルメットが被れないのでバイクに乗らないでね♡)



♪~あったかいんだからユウジ
(オールゲイズ 二丁目のユウジテーマソング)


――――――――――――

5年前の因縁の場所、の手前で待っていたのは総勢50名(推定)にも及ぶ仮面をつけた男共だった


豊「応援って…」

翔「こういうことかよ…」


―――ここから暫くの間HiGH&〇OWを彷彿とさせるアクションシーンが展開されます

豊のアクションはもう慣れたもの、何より本格的?なアクションに挑戦する翔ちゃんをご堪能ください


―――――――――――――――

淳「やっときましたね」

翔「あんたぶっつぶしてやるわよ!」

淳「言ったはず、5年前の私とは違うと」


淳が殺人兵器と呼ぶ怪しげなモノがゆっくりと歩いてくる…






見てくれが殺人兵器らしい


淳「始めましょう、ラストステージを」


徐に脱いだカツラがベースに代わる


淳「パーティタイム」


豊「一筋縄じゃいかないみたいだな」


アクションシーンからずっとそれは必要あるのかと突っ込みたくなっていたギターを取り出す


そして、歌広場淳、喜矢武豊、樽美酒研二、鬼龍院翔の順番にステージに登場



オールゲイズ
二丁目の
YUJI(ユウジ)

以下セットリスト―――――――――

01.あったかいんだからユウジ

02.酔わせてモヒート

――MC――

03.抱きしめてシュヴァルツ

――MC――

04.トラウマキャバ嬢

05.欲望の歌

06.まさし

――動画~ローションまみれになって様々なスポーツに挑戦してみた~――

――演劇(序章)――

07.デートプラン

――演劇(HAPPY END)――

08.もうバンドマンに恋なんてしない

――演劇(BAD END)――

09.煙草

――演劇(HAPPY END?)――

10.タイムマシンが欲しいよ

――MC――

(後半から2daysの会場は曲順が変わります、下が2daysめの曲順です、トロッコの場所は2daysとも同じです)
11.水商売をやめてくれないか
(君といつまでも)

12.君といつまでも
(GLORY LOVE)

13.世界平和、トロッコ
(ホテルラブ)

14.毒グモ女(萌え燃え編)、トロッコ
(世界平和)

15.GLORY LOVE(茶番付)
(毒グモ女(萌え燃え編))

16.✝ザ・V系っぽい曲✝

――アンコール――

EN1.今夜はトゥナイト

EN2.女々しくて


――――――エンディング――――――

そして内容なんてすっかり忘れた頃にエンディングは始まります

なんとか淳と殺人兵器を倒した翔と豊


翔「ユウジ!!!」

ユウジ「翔ちゃん…」

翔「ユウジ!!!!!!!」


無事なユウジの姿を見て思わず抱きしめる翔


淳「まだだ…まだ終わらない…」


ボロボロになった体でもなお、ユウジを取り戻すべく殺人兵器に手を延ばす淳
殺人兵器の本当の意味、それは手首から飛び出る銃弾であった…


豊「危ない!!!伏せろ!!!」


豊の咄嗟の言葉も虚しく、銃弾は真っ直ぐ翔へと向かっていった
撃たれてもなお、翔はユウジと出会えた安堵により幸せな笑顔で倒れていく…


豊「翔!!!」

ユウジ「翔ちゃん!!!」


倒れた翔を優しく抱き寄せるユウジ
だが翔から発せられた声は既に限界を知らせていた


翔「ユウジ…ありがとう…豊も私に協力してくれて…ありがとう…なんだか…疲れたわ…」


力を振り絞るように最後にそう言ったあと、翔はゆっくりと目を閉じ、空からキリジェル(キリ+エンジェル)が翔を迎えにやってきたのであった


淳「あははははは!!!!ザマーミロ!!!あはははは!!!!」


――END








という終わり方を許さない男がいた


豊「てめぇ!!!!よくも!!!いくら恨んでいたからといって、元メンバーを殺すなんて許さない!!!」


突然大声を出しかと思いきや、目が眩むほどの閃光に包まれた豊が爆誕


三蔵法師「ソナタは…悟空…?」


と全く関係ない人物までもが頭を過らざるをえない変身っぷりであった


淳「ひえええええ!!待って!!」


悟空(豊)「か、め、あ、り…」

淳「ひえぇぇえぇええええ!!!」




悟空(豊)「波ァァァー!

悟空(豊)から発せられた強烈なM字眉毛が淳の額を襲った







淳「うぱーーーー」



豊「はぁ…はぁ……翔!!!翔!おい!目を覚ませよ!!!」

ユウジ「翔ちゃん!」

豊「おい!翔!目を覚ませ!!!」

翔「…うぅん…








あれ?全然痛くない?」


飛び去るキリジェル

撃たれた箇所を見てみるとそこには…

ユウジがプレゼントしてくれたネックレスに銃弾が刺さっていたのだ!!!!(イメージ図)


翔「ユウジ!!!!」

ユウジ「翔ちゃん!!!」


抱き合う2人

優しい眼差しで見つめる豊


淳「まだだ…まだ…終わっていない…」

豊「てめぇ!まだやる気か!!」

淳「違う…アンタ達以外にも、ユウジを狙ってる奴らはたくさんいる…上には上がいるんだよ…」


そう言い残し気を失ってしまった淳、フルチンの殺人兵器


豊「結局コイツは何を言いたかったんだ?」


淳の意味深な言葉に疑問を持ちつつ、その場を去ろうとしたその時…!



???「待ちなさい!!!」

翔・豊「誰だ!!」


忍び寄る人影、1人…いや、1人を筆頭に何人もの子分を従えている…


???「ユウジは渡さないわ!!」


ゆっくりと足元から映し出されていく謎の人物…その正体は…







???「ユウジは渡さないわ!!」





IKKO「スッカラケッチ〜」

翔「俺の…俺のユウジへの愛は…







宇宙だ!!!

例え誰が相手でも、自分の命に変えてでもユウジは誰にも渡さない

ユウジは翔の、翔の、唯一無二の愛だったのだ




エンディングテーマ
「あったかいんだから、ユウジ」
作詞・作曲  鬼龍院翔


yeah ユウジ 俺達のLove&Peace Forever
あっちでHold on me
こっちでHold on me
血で血を争う

誘惑のsexy face 魅力のpretty voice
その上無邪気なShining star smile

猛り 狂う My Son
to night Don't stop the music

あったかいんだ
たった3行
Do you wanna hold me tight


オールゲイズ 二丁目のユウジ




――完――


以下、感想――――――――――――――――――

キャンハゲはそのタイトル通りのストーリー、そして前回の「歌広、金爆やめるってよ」はまさかの歌広場淳が命と引き換えに地球を守る壮大なストーリー

では、今年の「オールゲイズ 二丁目のユウジ」…このツアータイトルが発表された時、昨年のものよりも意味がわからなくて1日考え込んだ思い出

大いなる不安と、少しの期待を抱えて向かった愛媛公演が初見となったんだけど、オールゲイズも二丁目のユウジもタイトルから想像できたまんまの内容なのに、こんなにも想像を覆されるなんて事あるんだ…

どっからどう見てもHiGH&〇oWのパロディでしかないのに、昭和ドラマにありがちなあるあるをこれでもかと詰め込んで見せつけてくる

ボッチには辛い突っ込みどころ満載でしかないこのストーリー

例年と違うところはゴールデンボンバーには非常に珍しく、一目で金がかかってるなとわかること

そして何よりも鬼龍院翔のアクションシーンは見どころ

キャンさんはね、舞台でも見てるし滑舌と引き換えに運動神経は抜群なので見てて爽快なんだけど、キリの頑張ってるんだけどへっぴり腰に見えちゃうところ(笑)

なぜ翔が頂点を取ったのか…力比べならフルチンの殺人兵器が一番だろ…いや、フルチン言いたかっただけだろ…

そもそも



ユウジって誰よ


最大の疑問にして、永久に解けることのない疑問である

ツアー前はユウジ=研二ではないかと、裸の王様が鬼龍院、キャンハゲがキャンさん、歌広やめたのが歌広場ときてたから今年は研二だと誰もが疑わなかったのに


翔「それに、今私達ラブラブなんだから♡」

って言いながら見せてくれたツーショットを見て、誰だよ!!!と会場にいた全員が思ったであろう

何度見てもそう思う私がいるんだから間違いない

一番のミソポイントが、ユウジのセリフが「翔ちゃん、助けて」しかないこと

これはメンバーがMCで言ってて、次行った時にちゃんと見たら確かにwwwってなった(笑)

しかもじゅんくんが電話をユウジに向けた瞬間にちゃんと喋るというかなりの切れ者

というか、なんであんなに屈強な体してあっけなく捕えられてんだよwww何があったんだよwww

っていうか

豊「アンタ!そんな格好で闘うつもり?」

ってお前に言われたくねぇwww

ブラジャー見えてるからwww素肌だからwww明らかに翔の方がマシだからwww

とかね

前回の馬ツもそうだったけど、今回も登場シーンはめちゃくちゃかっこよかった

ゴールデンボンバーのくせに凝ってるという

あの登場シーンからの、ユウジへのこじつけ方からの、あったかいんだからユウジの入り

毎回鳥肌モノでした


そして、今回も死んでいく淳(笑)

ここ数年でキリがフィクションで殺したくなるほど恨まれることをしたのかと(笑)

メンバーを殺すなんて許せないと言いつつもじゅんくんを容赦なく殺す豊(笑)

もはや何のためにいたんだ殺人兵器(笑)

っていうか豊、お前悟空なのかよ(笑)

ああ、ツアーが始まった時はこち亀連載終了は誰も予想してなかったんだな…

いろんな意味で予想を裏切って、それ以上に期待を超えてきたツアーでした

2015年に鬼龍院が見たもの、感じてきたものがこのツアーに集約されたんだなと思うと、毎週眠い目擦りながらたかだか5分もない出番に糞ドラマ糞ドラマと暴言を吐きつつも見ていたハイローもとても大切なものだったんだなと、そう思ったら無駄なんて何一つないんだなと

鬼龍院の構想力と、メンバーの団結力というかなんというか(笑)

あんまり書くと文字数制限に引っかかるかもしれないのでこの辺で!
(馬ツの沖縄レポが文字数制限にひっかかってビックリと同時にショックで今に至る)


私の、ゴールデンボンバーへの愛は…



宇宙だ!!!



読んでいただきありがとうございました!
大幅に間違ってるのという自信があるので、実際の内容はDVDを見て楽しんでください(^-^)