さあ、「コードギアス」

17、18話に突入!

 

{3F543FE5-947E-4F7E-8CB4-E08E77673C04}

ついにランスロットのデヴァイサーの正体が

スザクだと分かる

僕たちにとって衝撃的なエピソード。

 

さて今回は以前特集した



「ルルーシュの弱さ」を軸に考えながら

あのランスロットのコックピットから

スザクが現れた瞬間のルルーシュについて

考察していきたいと思います。

 

{20AD77AA-67EF-4729-9636-779BF31D0C8F}

まず、前提条件としてあったのは

「スザクに対する

ルルーシュの絶対的な信頼」

前回(16話)のナナリー救出回で、

ルルーシュ自身が指摘していたとおり、

「完全にスザクの事を信用していないと

実行できない計画」

実行に移し、見事成功を収めたのは

2人の間にある強い信頼がなせる業です。

 

{47C6D7AB-1DBC-4DF3-B59E-4DA2C9BAAAC1}

2つ目は「抜群の2人のコンビネーション」

例えば「バカ回」だった6話の中に

あったように、ルルーシュから

「体力バカ」と呼ばれるほど、

運動神経が抜群なスザク

(というより、運動神経が悪かったら、

ランスロットを乗りこなすなんて

無理でしょうwww)


{9ECA30C8-368E-4128-A5B5-3C9C55648E49}

16話では、壁歩きの上に、

天井に取り付けられた

マシンガンを破壊するという、

とても人間業とは思えない

芸当を披露しています。


{C7E894A0-DD45-4FFE-BD3D-DBDD4578D466}

対するルルーシュは、同じく6話の中で、

屋根の上から落ちかける

植え込みに躓くなど

運動神経ははっきり言ってよくありません。

ですが、これまでのエピソードの中で

僕たちが見てきたように、

誰も考え付かないような作戦を立案し、

自らの持てる戦力を総動員して、

実行に移すことができるほどの

圧倒的な知力がルルーシュにはあります。

 

そんな2人のお互いの強みが発揮されたのが

ナナリー救出劇。

ルルーシュどの線を切れば爆弾が

爆発せずにすむのかを割り出し、

スザクにその人間離れした体技で

振り子の動きにそって

線をナイフで切ることを指示した上で、


{CC6B370E-B4D3-478C-AF3F-462CA373705D}

マオに深層意識を悟られまいと

「自らにギアス」をかけるという戦術は、

この2人にしかできません


{24B3A1CE-C654-44DF-ACDE-FEFC867A7994}

そして、キーとなるのは

ナナリーにスザクがかけたこの言葉。

 

「ルルーシュと僕が組んで、

できなかった事なんて無いだろう?」

 

まさしく、この一言に

2人の間に流れる自信と信頼感のすべて

詰め込まれています。

 

そして3つ目は「ルルーシュは大切な人を

切り捨てられない」という点。

そもそものルルーシュの行動理念

「大切な人を守るため」

究極的に考えると、

その対象はナナリーなのですが、


{025CE100-9D09-47BF-BAF3-4A68723C82DB}

ナナリーと親しいシャーリーやミレイさん、

リヴァルといった生徒会メンバー

そして自らの第一の親友である

スザクもその対象。


{AC5DA8C4-EAB2-4DB7-98D2-F264A7DBADCF}

特にスザク1話ルルーシュ

ギアスを授かる直前

目の前で撃たれて

殺されかけているのを見たことで

改めて「ブリタニアへの怒り」を感じ、

そこでC.Cに「生きる理由がある」と

見初められた訳ですから、

その思いも格別なものだったでしょう。

 

シャーリーの記憶消去

ナナリーの誘拐未遂

これらを経てルルーシュの中にある思いは、

「大切な人を

自分の行動に巻き込ませたくない」


{EEB8DE20-CF94-47C9-950E-E4A2568E4781}

だからこそ、ルルーシュ

「ナナリーをお前に守ってほしい」

スザクに告げたかったのです。

 

そんな中でルルーシュ

旧日本軍の藤堂さんを救出して

自らの手駒とするために、

刑務所があるチョウフに向かいます。

しかし、奪還直後、

ランスロットが再び、

ゼロ(=ルルーシュ)の前に立ちはだかります。


{F751C367-A4F8-419D-82CF-42E703337B2B}

これまでシンジュクゲットー、

河口湖、ナリタ連山何度も

ゼロを翻弄してきたランスロット

ルルーシュが研究しない訳がありません。

これまでの傾向と戦術データを基に、

いにコックピットにまで手をかけること

成功します。

 

おそらく、

このデヴァイサーがスザクではなかったら、

構わず殺していたでしょう。

しかし、コックピットの中から現れたのは

まごうことなきあのスザク。

(ブログの1枚目の画像のシーンです)


{E8F4F2DF-BB2A-43F2-924E-6D8FFA6E682A}

同じくスザクと親しいカレン

衝撃を受けますが、なんといっても


{49E67355-BE59-4BF4-A079-0DF55632BEBB}

「これまで散々

自分を苦しめてきた最大の敵」


{89802E79-28D5-47F0-96D5-0A9D27F165C6}

「自分の一番信頼する大親友」

だったのですから、

ルルーシュの受けた衝撃は、

それは筆舌に尽くしがたいものがあります。


{3F2F4D50-7BAE-4265-8617-05540D64AC29}

だからこそ、指示を求めるカレンの声に

応じることができず

作戦終了後もKMFのコックピットの中から

出られずにいた訳です。

 

{1D641C81-541F-4E7F-9A81-E00EFCEEA842}

最後にルルーシュ

コックピットの中で発したあの狂気じみた

笑い声は何だったのでしょうか?

もしかしたら「親友」

殺さなければならないかもしれない

という現実に絶望しつつも、

自分自身の「正義」を実現するためには

「排除」しなければならない、と

決心するためのものだったのでしょうか?

真相は分かりませんが、

とにもかくにもルルーシュの

大きな悲しみの下に、17話は終わります。

 

さて17、18話が放送されましたよ!、と

言いながら、

全然18話の内容に触れないまま

終わってしまいましたね(笑)

実は18話の内容もかなり重要なのですが、

それについてはまた、

次回のブログに持ち越したいと思います!

 

次週は19、20話が放送される

「コードギアス」

そろそろ1期のクライマックスに向けて、

物語が加速度的に進みますので、

ぜひお見逃し無く!

 

それでは、また、

次回のブログまでお楽しみに!

 

PS.ちなみにこの記事の総字数はなんと

2041字でした!

こんな長文を最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!









 



※人気ブログランキング参加中です!
よろしければポチッとして頂けたら
幸いですо(ж>▽<)y ☆
AD

コメント(2)