早いもので1クール分
放送が終わってしまった「コードギアス」
今回はテロリストの「正義」について
特集してみたいと思います。

今回放送されたエピソードは
ナリタ連山に本拠地を置いていた
対ブリタニア抵抗勢力の最大組織
「日本解放戦線」総攻撃を仕掛けた
コーネリア率いるブリタニア軍
並びに「日本解放戦線」
「正義」の名の下に
「黒の騎士団」が鉄槌を下し、
双方に対して大勝利を収めるというもの。

{E59FB7A4-9462-4369-B73A-F05C14A084D7}

{21475BB1-EC4D-4AD4-90DC-7EF8AAE553AA}


カレンが操縦する
新型ナイトメアフレーム「紅蓮」の性能を
十二分に発揮させ、勝利を収める
ルルーシュの智将ぶりには舌を巻くばかり。

{29E512F6-62C3-4577-BF91-0620DF61CA96}

{179C97A8-3B2A-4BDC-B653-16CC9141952A}

ですが、ここで悲劇が発生します。
実は「黒の騎士団」が仕掛けた攻撃により、

{2D107C28-9BEE-4B02-97D4-B557F9BCC965}

ナリタ連山で
サクラダイト採掘に従事していた
鉱山技師のシャーリーのお父さんが
亡くなってしまったのです。

{46FDE8FE-0865-4E94-9C3A-0E9ED5CDB810}

{98CDF411-9B77-49B3-877C-5A3D62E30AB3}

{AB5AC7F9-728F-4323-BA3F-388F696B7F80}

悲しみにくれるシャーリーを目の前にし、
すがりつく彼女を支える事だけしか
できないルルーシュ。

これまでなんだかんだ言って、
身近な人はテロに巻き込まれても
死ななかったため、
「人が死ぬ事」に関して、
そこまで特別な感情を
抱いてはいなかったルルーシュ。
(クロヴィスは別ですがwww)
ですが、身近な人の死を
目の当たりにする事で、
自分の行動の意味について
深く考えることになります。

{8BA2EC25-CAD0-4EFE-8839-503C12F347D2}

{16F0CFA9-A138-4517-8639-0576546073C2}

{3C616842-BE79-481B-8F05-321B2A257102}

{9F1ACC80-6ED7-4D21-8ED8-447A730E51B5}

{D7E8F704-C68B-4D28-B683-F11CA8D58D40}

テロリズム戦争には必ず
「大義名分」が存在します。

{6737441E-0981-4ECD-B0C1-DB6F16E68E63}

ルルーシュの「大義名分」
「ブリタニアをぶっ壊す」
(全ては目の前で母が殺され、
ナナリーが重症を負った事から
始まるのだから)
その実現に向けて「黒の騎士団」という
組織を作り上げ、持てる知力を
総動員してきたルルーシュ。
しかし、その「大義名分」
「何かの犠牲無くしては実現しえない」事を
改めて思い知ってしまったのです。

「正義」とは基本的に
分の主義、主張によるもの。
故にそのバリエーションは十人十色。
そのお互いの「正義」がぶつかり合った時、
「テロ」や「戦争」が
起こってしまうのです。

もっと「正義」について考えてみませんか?

そう思わずにはいはれない
エピソードでしたね。

さて、今週放送される13、14話は
「コードギアス」にとっては
ターニングポイントとなる
重要なエピソードですので、
こちらもぜひご覧頂ければ幸いですね!

では、また次回の更新まで
しばしのお待ちを(笑)

こちらから(≧▽≦)



※人気ブログランキング参加中っす!
よろしければポチッとして頂ければ
幸いですо(ж>▽<)y ☆
AD

コメント(4)