{49EEA939-867D-49A4-B565-ED51E23C8FA4}

本日は鈴木達央さんの
34歳の誕生日です(≧▽≦)

そんなたっつんが演じたキャラクターを
見てみますと…、

{B45EF13E-DA3E-4F42-A5C4-8E8008EC02B5}

ドルイット子爵
(黒執事)

{8664C270-444A-4E4A-8833-CCE49F4C0EF9}

手塚光
(図書館戦争)

{AB07714A-4CD1-4DDC-8911-D673DCCFED8A}

長谷部豊
(サーバント×サービス)

{0E79A7E3-C93E-44C8-A67E-8E66060A8C81}

遠藤豆
(だがしかし)

{8D2D50B7-407B-4A3D-9095-3068157A5925}

バン
(七つの大罪)

{1820B361-A290-4FB1-8281-110AC95BCB96}

柊深夜
(終わりのセラフ)

{6EC97B09-29FA-4E3C-BC34-AE37D34E2598}

高尾和成
(黒子のバスケ)

{633F6ED2-B307-4D37-B0C4-C958123AD1B0}

橘真琴
(Free!)

個人的に思うたっつんの魅力
何にも染まるあのお声。
例えばバンのようなチンピラ的(笑)な役や、
高尾ちゃん深夜さん長谷部さんのような
THE軽薄キャラ(笑)
かといって手塚くんのような
頑固一徹真面目な青年のような役柄に、
ドルイット子爵のようなネタキャラwww
そしてみんな大好き
優しくって頼れるお兄さんだけど
極度の怖がりなまこちゃん(≧▽≦)
キャラの性格や特徴は全然違うのに、
それが全て同じお声、そしてその事に
まるで違和感を感じさせない所。
それがたっつんが
極めて自然に様々な役を演じている事を
何よりも証明している事なのかなぁ、
個人的に思いますねо(ж>▽<)y ☆

そして、たっつんと言えば、







OLDCOLEXとして
「黒子のバスケ」「Free!」
主題歌も担当し、
さらには武道館単独公演を行うなど
アーティスト活動も盛んに行っているお方!

素晴らしい演技者としての側面
そして、
パワー溢れるアーティストとしての側面。

そのどちらも合わさってこそ、
たっつんの真の魅力となるのかなぁ、と
個人的には思いますо(ж>▽<)y ☆

34さいになったたっつん!
これからも応援し続けますよ(≧▽≦)

こちらからо(ж>▽<)y ☆


※人気ブログランキング参加中っす!
よろしければポチッとして頂ければ
幸いっすо(ж>▽<)y ☆
AD

コメント(4)