へぇ、知らなかった。

テーマ:

 

温泉旅館の部屋に「お菓子」が置いてある理由!

宿泊客の安全のためだった!

温泉好きの多い日本では、温泉に入浴しているときだけでなく

入浴前や入浴後にも細やかな習慣があり、それが独自の

温泉文化になっています。

実は温泉旅館の部屋で見かけるあのお菓子にも秘密が

隠されていたのです!

 先日、NHKのクイズバラエティ番組がこの習慣について

詳しく調査をしたところ、旅館は単にサービスとして

お菓子を提供しているのではなく

宿泊客の安全を考えた旅館側の計らいであることが

分かりました!

 今後日本の温泉旅館でお菓子を見かけた時には

温泉に入浴する前に必ず食べてくださいね~~。

温泉旅館のお部屋にお菓子が置いてあるのはなぜ?

番組が旅館宿泊者に

「旅館のお部屋にお菓子が置いてある理由」を尋ねたところ

「良質なサービスを提供している旅館だという高評価を

貰うため」「現地の製菓会社と組んで商品の宣伝をして

いるから」など様々な意見が寄せられました。

確かにこのような理由もあるようですが、的を射た回答は

得られませんでした…

それにしても、この和菓子、美味しそうですね…

温泉旅館のお部屋にお菓子が置いてある理由は…

「血糖値を上げるため」!!!

42度の温泉に10分間入浴すると

ウォーキングを10分したのと同じくらいカロリーを消費します。

通常人は体を動かすと、糖が消費されて血糖値が下がり

疲れを感じますが、温泉に入るとリラックスした気分に

なるため、ついつい長風呂をしてしまい、カロリーの消費

つまり糖の大量消費に繋がるのです!

時には温泉に入った後の血糖値が、空腹時より低く

なる場合もあります!

血糖値が下がりすぎる(70mg/dl未満)と

顔色が悪くなったり、手足に痺れが出たり

脈が早くなったりなど様々な症状が現れます。

解説を行った医師によると…

「旅館まで長旅をすると、血糖値が下がってくるのですが」

「特に空腹なまま熱い温泉に入ると

                                    、更に血糖値を下げてしまいます」

「そのため、温泉に入る前に少し甘いものをとる事が大切です」

「お菓子を食べるタイミングは

お風呂に入る30分~1時間前が適切とされています」

ということなので、「お部屋に置いてあるお菓子が綺麗で

食べるのがもったいない」など思わず

温泉でのアクシデントを未然に防ぐためにも

ぜひ入浴前に食べてくださいね!

お菓子を食べるのは、安全に温泉に入るためだったのですね!

クリックすると新しいウィンドウで開きます