小和田雅子離婚要求・・内外からの声

テーマ:

地に堕ちた宮家

イギリスの「タイムズ」が、過激な記事を掲載した


雅子に日本の識者が離婚を要求しているなどと報じた
雅子に同情的な同紙は論評を交えず書いているが、その真意は
今ひとつ分かりにくい。
雅子に批判的な記事が内外で増えていることだけは確かだ。

皇室を擁護するべき右派まで遠回しに
                     離婚の要求

   日本のメディアでもお目にかからないような過激な言葉が、英タイムズ紙の
記事から目に飛び込んでくる皇太子妃雅子に対する「離婚」という言葉だ。

   同紙の2008年10月25日付記事によると、適応障害を患っている雅子には
公務を休むことに同情の声が強かった。
しかし、雅子が高級レストランで食事をされたり、長女の愛子の学校行事に
参加されたりすることが度々報じられ、懐疑的な目が向けられるよう
になったと紹介。
そのうえで、こう断言したのだ。
有力なコメンテーターたちが初めて、かつて考えられなかったことを公然と
 議論している。それは、皇室の離婚がありうるかどうかだ

   その一つとして、タイムズ紙は、皇室を擁護する右派の識者が08年5月に
月刊誌に掲載した論文を挙げる。記事では、「識者は、雅子の家族は皇室に
ダメージを与えている彼女を連れ戻すべきだと主張している
つまり遠回しな離婚の要求だ」などと紹介している。
宮内庁幹部でさえ、こうした不満の声は皇室の正当性を揺るがす危機だ
と恐れているというのだ。

「このまま行くと、皇室への敬愛が崩れかねない
                   とすら思います」

   確かに、このところ日本のメディアからも雅子批判とみられる声が強い。

  雅子は08年10月12日、皇太子がご出席された大分県での全国障害者
スポーツ大会を欠席し、愛子が通われている学習院初等科の運動会
を観戦した。このことに対し、宮内庁の説明が不十分だったとして
天皇、皇后両陛下や皇族方が積み上げてきた公務を重視するというあり方
を、根本から覆すともとらえられかねない雅子の行動に対して、どう考え
ているのか
」と疑問を投げかける。

   雅子のこの運動会観戦に、特亜(朝日)新聞の記者がかみついた。
それによると、この記者は宮内庁定例会見で、「ある意味とんでもないこと
危機感すら感じます。
このまま行くと、皇室への敬愛が崩れかねないとすら思います」と苦言を
呈した。記者は、同誌の取材に質問の有無を答えていないがある記者から
公務よりプライベート優先では」との質問が会見で出たと明かしている

   英タイムズ紙の記事は、こうしたメディアの論調を意識したのかもしれない。

   雅子に同情的な同紙は、今回の記事でも「医師たちが公務に出ないよう
助言しているため、雅子は依然ほとんど公務をしていない」などと擁護調
らしき表現もみられる。

   同紙の記事サイトに寄せられたいくつかのコメント。そこでは、日本人と
見られる読者から雅子批判が出ているが、英・米国人とみられる読者は
雅子に同情的だ

   米ラスベガス在住というエリザベスさんは、雅子が必ずしも皇室生活を
望んでいなかったとして

たぶん離婚は、悲しいことながら、彼女にとって最
も健康によいことだろうと書き込んんだ。

皇太子の離婚は可能か
天皇・皇后両陛下以外なら離婚OKなのです。
皇室典範
第14条 
  皇族以外の女子で親王妃又は王妃となつた者が、その夫を失つた
  ときは、その意思により、皇族の身分を離れることができる。
2 前項の者が、その夫を失つたときは、同項による場合の外、やむを得ない
  特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。

3 第1項の者は、離婚したときは、皇族の身分を離れる
4 第1項及び前項の規定は、前条の他の皇族と婚姻した女子に
  これを準用する。


 『やむを得ない特別の事由があるときは
 皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。』


雅子が皇族又は皇太子妃らしかぬ行為等をしているならば
そういう事由にあてはまると思います。

しかも
"皇室会議の議により"と書いてあるので、皇室から追い出すといった
事も出来ると思われます。

週刊新潮   「雅子は適応障害 ではない
                 ディスチミア症候群だ
新型うつとも呼ばれるディスチミア症候群 ・・「火病ですよ

ディスチミア症候群は、「ディスチミア親和型うつ病」、「気分変調症」とも呼ばれ
メランコリー親和型うつ病では、自責の念が強く現れるのに対して
希望通りに物事が進まない時に、自分以外の何かのせいにしようとする
いわゆる「他罰感情」の傾向が強くなるのが特徴です。

この病気は青年層に多く、起こった出来事に対し、自分には責任がなく
全ては周囲の環境や他人のせいだと考えてしまうわけですから、周囲から
見れば、「わがまま」で「自己中心的」な性格だと見られることになります。


不可解な行動も多くなり、会社では明確なうつ症状なのにプライベートで
出かける時には、まるで別人のように活発な状態になったりします。
そのため非常に不可解な病気だとされ、病名も気分変調症という意味の
ディスチミア症候群となっています

医学的に「うつ病ではない」という考え方もあります。中高年齢層に多いのが
メランコリー親和型うつ病なのですが、ディスチミア親和型うつ病は若い
年齢層から多くなるのが原因のヒントになっているようで、それは子供の
頃の育てられ方という部分です。

幼少時から過保護気味に育てられることで本当の自分らしさを抑圧して
いい子」になろうとする「自己コミュニケーション障害」が大きな
要因となっています。
こうした我慢の反動として自分の生き方の方向性を変えた欲求が行動で
噴き出してしまうのです。


朝鮮人型の精神疾患解決法

環境は人間の精神疾患にどれほど大きな影響を与えるのか。
 
‘火病’(憤怒症候群)は、不幸な現実を我慢して
受け止めなければならない抑圧された文化からくる。
 

 固有の文化が精神疾患を招くということだが、全く同じ文化圏に置かれても
生まれつきの環境的・生物学的要因が脆弱な人が発病しやすい。
 朝鮮特有の精神疾患

火病(ファビョン)我慢をするな雅子医師団
 (遺伝子的な精神病

「胸の中から熱が込み上げてきて、動悸が激しくなる」「胸がふさがり
言葉も発しにくい」

 96年に米国精神科協会が朝鮮人特有の疾病として
 認めた‘火病’の症状だ。


 発病の初期には怒りのため寒い天気も感じられないほど胸の中が熱くなるが
時間が経つにつれて胸の中に生じたわだかまりが憂鬱症の姿を見せる。

主に夫の度重なる浮気・殴打・酒癖・賭博、婚家の虐待を10年以上‘宿命’と
して受け入れなければならなかった中年女性に頻発するが長期間突破口
のない経済的窮乏に追い込まれた男性も患者になる。
 

 怒りを胸の中で抑えることで生じる。

解決策
我慢をするな (自由に逝きなさい・・アーメン
 
現在においても朝鮮人には精神病の遺伝子
                     複数存在
している
  

 研究機関が公表しており、朝鮮人特有の精神病火病は有名である。
近親婚を長期にわたって繰り返してきた結果であろう。

このことは遺伝学の研究者が朝鮮人のDNAを調べた結果からも
近親相姦、近親結婚の痕跡が歴史的に見られるということの報告がある。
 
肉体的・精神的劣勢遺伝の特徴が顕著に現れている。
でなければ、あれだけ特有な精神病遺伝子が発見される訳がない。

小和田家家系図
 

当時のお妃候補の中で家系図の無い家は小和田家のみ

 宮内庁は皇太子の結婚にあたって小和田家の家系を公表し興信所に身元
調査を依頼した。
そのとき部落開放同盟差別であるという申し入れを行っていた。
そのため、身元調査は打ち切りになった。(なぜここで同和が

 小和田家
一代目 小和田金吉(生年月日、生地、両親不詳)→ 二代目 小和田毅夫
 → 三代目 小和田恒 【雅子父親】

金吉の前は不明・・  (これでいいの )

金吉の父は道蔵匡利のはずだが、雅の曽祖父金吉が道蔵匡利とは
つながらない。

宮内庁が公表した家系図は、金吉で終わっていて匡利の名前はない。
この事実だけで、
金吉は匡利の子供とは断定できない。
あるいは金吉の両親(もしくは父)は不明か、表に出せないということがわかる。
地方では割合先祖のことを調べることは容易である。
新潟で3代前までしかわからないということは非常に不自然。
雅子の皇室入りが決まったとき3代前の小和田金吉の父親がわからなく
て宮内庁が困り、小和田家が無理矢理でっちあげた家系図の元になったの
同じ地域出身の小和田本家の家系図。

 小和田 本家 では雅子の曽祖父金吉のことを「知らない」と言っている

 匡利の次男に、確かに金吉(A)なる人物はいる。
その本物の金吉(A)と、雅子の曽祖父の金吉(B)が同一人物なのかは不明。
お妃内定のときも結婚の時も本家筋の方は誰一人出てこなかった。
本籍地の村上市から新潟へお墓を移すときも金吉しか動かしていない。
村上市ですら、よくわからないと言っている。

小和田金吉
・人物像は不明、名前の読みも不明
・どの読みでも「下級武士」の出とは考えられない。(小和田家主張=武士)
・墓がない(それほど昔の人ではない。恒氏の祖父である) 
    
つぎはぎの墓    
墓石つぎはぎの理由→昭和55年(1980)に小和田毅夫氏(=小和田恒の父)
がこの泉性寺にある墓の台座だけを新調
墓石には「小和田匡利墓」とある(個人名)→小和田家ではない
墓石側面には「明治七甲戌年 七月二十八日 永代経金一圓」
小和田匡利→新潟県村上市の小和田本家「分からない」回答

問題は小和田金吉が1867~1868年頃朝鮮で生れ、新潟に密航して住み
着いたのは明治以後。


だから宮内庁は小和田家が1868年以前は何をやっていた人なのかわか
らないといったのは事実隠蔽のためで
本当に士族なら村上を調べたらわかるのである。

佐藤朝泰の「閨閥」という本に小和田金吉の代からしか載っていない。
(川嶋家は高祖父の代までのっている)

朝鮮(併合中)から密航してきた=金吉 

明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に金吉氏
名前が初出となる。
もちろんこの金吉は小和田道蔵の息子で雅子の曽祖父の金吉とは別人

 金吉は新潟の吏員になるために(戸籍のないのは密航者だから

 村上士族小和田匡利の息子金吉から家系図を購入 士族に成りすまして

朝鮮密入国者の男が小和田金吉に成りすました(朝鮮人の得意技

その証拠に小和田家の世代の年齢があわない

婚約時代の墓前報告の写真によると、にわか作りの墓石の土台の上に
苔むした古くて小さな墓石がちょこんと乗っかっている。
先祖の供養もしていないことがありありとわかる写真だった。

母方江頭
江頭という苗字だけでピンとくる人はいるかもしれない。
エガシラ→エタガシラ *全ての江頭さんがそうだというわけではない。
江頭家は村上水軍につながる(と成婚時に発表)ので
さらに部落民に遡る可能性は高い

 

海外誌 (部落民(朝鮮人)子孫が・・・

 日本では今日、江戸の最下層民皇室が縁組をするという異常事態
しかもその最下層令嬢が、実家の親とつるんで皇室を我が物にしようと
する異常事態

 許しがたいのは、その下賤な血のなせる業か、マスコミを使って皇室を
攻撃する。国民を騙す

1993年街道の集会で沖浦和光が「小和田雅子の先祖は部落民」だと発言





 

 次期天皇陛下御一家

 ポチッとクリックお願い

AD