【ワシントン】
次期駐日米大使に指名されたキャロライン・ケネディ氏(55)の人事承認に
関する上院外交委員会の公聴会が19日、開かれた。



ケネディ氏は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、「日本の施政下にあり
(米国による日本防衛義務を定めた)日米安全保障条約第5条の適用対象
と明言した




一方で尖閣をめぐる日中対立に「重大な懸念」を抱いていると述べた。

 オバマ大統領による7月下旬の駐日大使指名後、ケネディ氏が対日政策
などについて所信を表明したのは初めて。

 ケネディ氏は第5条に言及した際
「(領有権に関し特定の立場をとらないという)米国の立場は明らかだ
対話を通じた平和的な解決を望む」と従来通りの見解を表明。



米国には平和的な対話と外交を後押しする責務がある」とも強調した。

 対日観については
日本は不可欠のパートナーであり日米同盟は地域の平和と安定
繁栄の礎石だ」と強調。

日本は政治的安定と経済再生の時代を謳歌(おうか)している」との見解を示し
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉についても、推進に向け
米経済界と協力していくと述べた。

 日本政府が検討中の集団的自衛権行使の容認については
日本自身の問題だが、議論の行方を注意深く見守りたい」と述べた。

 また、1978年に叔父の故エドワード・ケネディ上院議員と広島を訪れた
ことを明らかにし「深く心を揺さぶられた日本ほどわたしが奉仕できる国はない
とも語った。
上院の承認が得られれば10月にも女性初の駐日大使として着任する。




 ポチッとクリックお願

AD

ガソリン作る大腸菌を開発=韓国の研究チーム

テーマ:
 

※韓国:ウンコ・南トンスルランド

韓国の研究チームが世界で初めてガソリンを作る微生物を開発した。
酵母が糖分を分解してビールを作るように、この微生物は雑草や木くずを
分解してガソリンを作り出す。
今回の研究をさらに発展させれば、非食用の植物資源から自動車燃料や
プラスチックといった石油化学製品を作ることができ、エネルギー不足の解消
環境保護に大きく貢献するものと期待される。

 韓国科学技術院(KAIST)生命化学工学科のイ・サンヨプ教授
(ディスティングイッシュト・プロフェッサー)とチェ・ヨンジュン博士らの
研究チームは「代謝工学を利用し木・雑草などの非食用植物からガソリン
生産できる大腸菌を開発した」と29日、明らかにした。



代謝工学とは微生物の遺伝子を変形させたり、存在しない遺伝子を加えたり
して作りたい化合物を生産する技術だ。

 ガソリンは本来、石油から作られるものだ。
普通、原油をセ氏30-140度に加熱すると気体に変わるので分離可能になる。
自動車燃料のディーゼル油は原油を250度以上に加熱して初めて気体になる。
双方とも炭素と水素からなる鎖構造を持つ炭化水素化合物だ。

 では、両者は何が違うかというと、鎖構造の長さだ。
ガソリンは炭素数が4-12個だが、ディーゼル油は13-17個と長くなっている。
大腸菌は糖を分解して16-18個の炭素からなる脂肪酸を合成する。
研究チームは大腸菌の遺伝子を変形させ炭素10-12個の脂肪酸を作った。
そしてもう一つの変形遺伝子はここから炭素をもう一つ取り、体外に排出させた。
その結果、大腸菌から炭素10-11個のガソリンができることになるというもの。

2010年に米国の研究者が科学誌「サイエンス」に植物からディーゼル油を作る
微生物を開発したと発表したが、炭素鎖がディーゼル油よりも短いガソリン
微生物で作ったのはこれが初めてだ
 

 特に、イ教授が作った大腸菌は木くずや雑草といった非食用植物でガソリン
作ることができるという点で意義が大きい。
原油価格の上昇に伴ってトウモロコシやサトウキビを微生物で発酵させて作る
バイオエタノールが注目されたが、トウモロコシ価格の高騰や農地開発に
よる森林破壊という後遺症が発生した。
さらに、バイオエタノールは自動車燃料添加剤としては使えるが
完全にガソリンに取って代わることはできない

 イ教授の研究チームは今回
大腸菌培養液1リットルガソリン580ミリグラムを得た。
同教授は「米国研究チームのディーゼル油よりは効率が良いが、まだごくわずか。
微生物でガソリンが作れると証明したことに意味がある」と話す。
チェ博士は「効率を少なくとも数十倍以上に上げなければ実用化は不可能だろう
と言った。

 今回の研究結果は、「サイエンス」と共に世界2大科学誌といわれる
ネイチャー」電子版(30日付)に掲載された。
イ教授は論文の責任を負う責任著者(コレスポンディングオーサー)で
チェ博士は第1著者だ。

代謝工学=細胞の遺伝子を操作して特定物質を生産する技術。
代謝工学によりプラスチック、繊維、ディーゼル油、ガソリンなどの生産も可能だ。

 

ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/30/2
013093001190.html


2010/12/15
生産能力10倍 「石油」つくる藻類
日本で有望株発見


・藻類に「石油」を作らせる研究で、筑波大のチームが従来より10倍以上も油
の生産能力が高いタイプを沖縄の海で発見した。

チームは工業利用に向けて特許を申請している。

将来は燃料油としての利用が期待され、資源小国の日本にとって朗報と
なりそうだ。

茨城県で開かれた国際会議で14日に発表した

 筑波大の渡邉信教授、彼谷邦光特任教授らの研究チーム。

海水や泥の中などにすむ「オーランチオキトリウム」という単細胞の藻類に
注目し、東京湾やベトナムの海などで計150株を採った。

これらの性質を調べたところ、沖縄の海で採れた株が極めて高い油の生産能力
を持つことが分かった。


 球形で直径は5~15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。

水中の有機物をもとに化石燃料の重油に相当する炭化水素を作り
細胞内にため込む性質がある。

同じ温度条件で培養すると、これまで有望だとされていた藻類の
ボトリオコッカスに比べて、10~12倍の量の炭化水素を作ることが分かった。

 研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば
面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。

国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば
日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。

 炭化水素をつくる藻類は複数の種類が知られているが生産効率の
低さが課題だった。


 渡邉教授は「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル
 50円以下で供給できるようになるだろう
」と話している。

また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、生活排水などを
浄化しながら油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある。 

 http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140212.html
 

スイッチグラス(雑草)注を食べて
輸送燃料を作る大腸菌
(米国)
JBEI (Joint Bio Energy Institute) が
バイオ燃料開発において画期的な研究結果を得る
2011年11月29日 ニュースリリース)
http://www.nedo.go.jp/content/100455044.pdf
今回開発された先進的バイオ燃料
ガロン等量ガソリンを代替することができて
現行のエンジンやインフラでも利用が可能である。


パクリばれ早過ぎw

さすが大便宗主国!

妄想をnatureに載せて
いいんだろうか?


この概念は日本人が発明しましたけど

原油をまともに精製出来て
から言えよ

ガソリンつくれなくて日本から買って
る国が何いってんだろ


他国から技術が発表された
2~3年後ぐらいに
世界初を
銘打って発表
するパターンばかりだなw


皆もう忘れただろうとか思って
やってるんだろう?


 ポチッとクリックお願

AD

 
※韓国:ウンコ・南トンスルランド

 北トンスルランドの祖国平和統一委員会報道官は29日

北トンスルの体制崩壊の可能性が 学者や南トンスルのメディアの間で
取りざたされていることに対し、「最高尊厳(金正恩〈キムジョンウン〉第1書記)と
体制を 少しでも中傷するものは、無慈悲に懲罰する」と警告した。

朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、南トンスルで最近開かれたセミナーで専門家らが北トンスルの
政権崩壊の可能性」を議論し、 保守系メディアも崩壊論を論じていると指摘。

社会主義朝鮮のイメージを傷つけようとする愚かな狂乱だ」と批判し 
加担する者は記者であれ、学者であれ、専門家であれ、アナウンサーであれ
高い代価
払わせることを知るべきだ」とした。
http://www.asahi.com/international/update/0930/TKY201309290226.html

無慈悲シリーズseason2
ああ・・・すっかり忘れてたよ無慈悲
久しぶりの無慈悲きたー
そろそろ寒くなるからな
保存食料と燃料だな。
早くソウルに撃っちゃいなyo~( ̄へ  ̄ 凸






 

 ポチッとクリックお願

AD