2015.12.20 過去記事をちょっと改変しました。

プレセりブルストーンとは、ストーンヘンジの内部に使われている石です。
ドレライトの一種で、英国ペンブロークシャーのプレセリ丘陵のある場所で採掘されます。
世界で唯一この地域で取れたドレライトのことを、プレセリブルーストーンと呼びます。

ストーンヘンジで治療に使わえれていた石・プレセリブルーストーン

$プレセリブルーストーン・レイキ・レインドロップ…八王子の自宅サロン~Deep Sea Healing~

ストーンヘンジは、イングランドの先史時代遺跡です。
巨石のサークルになっており、これまでは「太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族の
ドルイド教徒の礼拝堂」などのために作られたのではないかと言われていましたが、数年前に
興味深い調査結果が出てきたようです。

英国BBCの報道によると、ストーンヘンジは「治療のため」に作られた可能性が高いとのこと。
なぜならストーンヘンジを構成する岩や石の中に、このプレセリブルーストーンがあったから
なのだそうです!

このプレセリブルーストーンを古代の人は、わざわざプレセリ丘陵のあるウェールズから
ストーンヘンジまで、250キロメートルもの距離を移動させていたそうです。
車も鉄道もない時代に、どうやって250kmもの距離を移動させたのか?
一節では、アーサー王の伝説で有名な魔術師マーリンが、魔法を使って移動させたのでは?
とも言われています。

英国BBCのニュースのページ(英語です)

ドラゴンと冥王星の石

プレセリブルーストーンは、ドラゴンの石とも言われています。
プレセリ丘陵のあるウェールズは、英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の一国で、
国旗には赤いドラゴンが描かれています。
アーサー王伝説にもドラゴンが登場しますが、その他「赤い竜と白い竜の伝説」などもあり、
ウェールズはドラゴンと とても関連の深い土地です。
プレセリブルーストーンは、ストーンヘンジとドラゴンのエネルギーが沢山詰まった石と言えそうです。

また、プレセリブルーストーントーンは、冥王星という惑星に対応します。
冥王星は、死と再生を現す星。
私自身も、このストーンのセッションで 意識が一度死んで生まれ変わるような経験をしました。
変化変容の中にいる人達を助けてくれる事でしょう。

$プレセリブルーストーン・レイキ・レインドロップ…八王子の自宅サロン~Deep Sea Healing~

$プレセリブルーストーン・レイキ・レインドロップ…八王子の自宅サロン~Deep Sea Healing~

セッション概要

プレセリブルーストーンのセッションでは、以下のセッションの中から お客様の状態と施術の内容に合わせ、いくつかを組み合わせて行います。


・筋肉と骨格の修復

・背骨の調整

・ドルイド・フット(個人のパワーと自己表現の強化)

・ドラゴン・テイル(強力なグラウンディング)

・プレセリ・アンカー(アンカリング)

・アメジスト・ネット(安全で効果的な過去生のクリアリング)

・タイムシフト(時間を超えて意識を動かす)

・プレセリ・クリアー(自分の陥りやすいパターンや習慣を手放す・1年のエネルギーと
調和し心地良く過ごせるように)

・プレセリ・イクリプス(全ての関係性を調和させる。自分本来の在り方になれるように)

・誤りを変容し、失われたエネルギーを取り戻す
(TVや雑誌、インターネット等の外部媒体や、子供の頃の刷り込み等から受けている
 不要なエネルギーの解放)

・肉体に刺さっている、外から入ってくる不要なエネルギーの変容
(不要なエーテルコードのカット、念など重いコントロールからの解放)

・過去世において破ってしまった約束や誓いをクリアにする

AD