こんばんは。みのりんです。

このブログは、佐藤康行先生への恩返しと真我の実践を目的としています。

このブログを通して佐藤先生へ少しでも恩返し出来たら幸いです。

 

 

 先月の1月19日、大阪で「真我開発講座 未来内観コース」を母さん、自分、娘の3世代で受講して来ました。

 

 1ヶ月近く経っての感想は「受講して良かった。」です。

 

参加した母さんも自分も娘もそれぞれ迷い、苦しみ、答えもを求めていたと思います。

 

・母さんは、今年100歳になるお義母さん(祖母)との関係

・自分は、母さんの発言に対して怒りの感情

・娘は妹の関係だと思います。

 

 娘は小学4年生でワークが出来るかどうか心配でしたが、結論から言いますと娘が一番素直に受講をしていました。

 

 そして、3次元の世界でも素直に実践してこの1ヶ月、妹との喧嘩が激減していきました。

 

 娘になにか「やってるの?」と聴くと講座時に出てきた「自分の思っていることを素直に話す」を実践していると教えてくれました。

 

 妹との喧嘩が減り、親の顔色を気にする癖が消えていっている感じします。

 

 

 自分は母さんとの関係でした。

母さんとの会話の中で、いつも引っ掛かるのが、母さんが祖母に対する話し方でした。

 

 いつもそこで感情、我が出て母さんを責める心、怒りの心が溢れてきていました。

この責める心が、いつも自分を責めたり、相手を責めて怒りで行動して、人間関係に溝深めていました。

 

 この時の講座では、次元は上がったのですが母さんに対してどこかで遠慮している心が残っているのを感じました。

 

 

 母さんは、受講して心が決まったようです。

周りの目を気にして良い嫁を演じても長続きしない。

今の自分を出して生きていこうと。

 

 母さんの心の変化は大きかったです。

祖母は昨年転んで骨折をして、入院しています。

 

 リハビリをしていますが、日常生活を一人で行うのは難しい状況です。

老健に入ってもらうかどうするか?

 

 講座の前日も祖母の娘達と老健の施設に見学に行っていたのですが、3人ともしょうがないオーラが出ていました。

 

 未来内観を受講した1週間後、祖母、祖母の娘2人、母さん、兄ちゃん、自分で家族会議を行いましたお。

 

 結果、今週末 祖母は家に帰ってきます。

 

 これからの真我の実践でどう変化していくのか楽しみです。

 

 佐藤先生のお陰で家族の仲が益々良くなっていきます。