Simon Dominic "Simon Dominic"歌詞和訳 | ほしのブログ

ほしのブログ

Epik High、Tablo、Supreme Teamなど韓国のHip-hop音楽を中心に歌詞やインタビュー記事の翻訳をしています。気の向くままに更新してます。

Simon Dominic‟Simon Dominic”



Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh
Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh
Simon says


1998' 당시 내 고향은 힙합 불모지
1998'当時 俺の故郷はヒップホップ不毛の地(*1)

Ra.D와 Keeproots, 두 사람은 나의 OG
Ra.DとKeeprootsの二人は俺のOG(*2)

난 Bad Boy 대신에 교복에 flip-flop
俺はBad Boyの代わりに制服にflip-flop(*3)

쉬는 시간엔 축구보다 힙합 CD와 beatbox
休み時間にはサッカーよりヒップホップCDとビートボックス

라이브 클럽이 콜라텍으로 바뀌던 시기쯤에
ライヴクラブがコーラテック(*4)に変わった時期くらいに

무대를 잃었던 내 라임들은 부지기수
ステージを失った俺のライムは数知れない

지금은 찾을 수도 없는 그 시절 내 demo tape
今は見つからないその頃の俺のデモテープ

그때보다 순수한 걸 이젠 못 내놓네
その頃より純粋なものは今では出せないね

부대 똥다리 또 부산역 광장에서
釜山大トンダリ(*5)そして釜山駅広場で

freestyle 하던 때가 나의 첫 번째 primetime
フリー・スタイルしてた時が俺の最初の絶頂期

가리온이 부산에 떴다 하면
Garionが釜山に現れたと聞けば

짝퉁 백포스 꺼내 신고선 어디든 달려갔고
イミテーションのBackforce出してきて履いてはどこへでも走って行って

Master Plan 보면서 부러웠던 서울
Master Plan(*6)を見て羨ましかったソウル

내 꿈은 기차로 딱 네 시간 거리에 있었어도
俺の夢は電車でちょうど四時間の距離にあっても

부모님 믿음 없인 힘이 없던 내 a.k.a.
両親の信用なしには力が無かった俺の a.k.a.(*7)

어쨌건 음악은 내 삶의 첫걸음을 떼게 했네
いつの間にか音楽は俺の人生の最初の歩みを踏みださせたね

모든 남자들은 S'up
男はみんなS'up

모든 여자들은 ass up
女はみんなass up

you can call me Simon D.o.m.i.n.i.c

더 크게 불러줘 say my name say my name
もっと大きく呼んで say my name say my name

Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh
Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh


힙합이 밥도 안 맥여 준다고
ヒップホップが飯も食わせてくれないと

남 탓하던 놈들은 옆에 안 뒀지
他人のせいにしてた奴らは側に置かなかったさ

내 성격 좀 tight했거든
俺の性格はちょっとタイトだったからな

away game에 더 강했던 hometown hero
アウェイのゲームでもっと強かったホームタウン・ヒーロー

대구에서 나 같은 놈 하나 만난 뒤로 (game changed)
大邱で俺みたいな奴一人に出逢った後に(ゲームチェンジ)

이센스와 난 갱상 finest two 촌놈 styles
E-Sensと俺は慶尚道最高の2人の田舎もんスタイル

서울의 mc들을 먹어 치우는 꿈
ソウルのMC達をたいらげる夢

2008, 앨범 한 장 없었어도 underground kingz
2008、アルバム一枚も無くてもアンダーグラウンド・キング

섭외 1순위에 우릴 매번 올려놨지
競争率1位に俺たちを毎回上らせただろ

믹스테잎은 다 sold out
ミックステープは全部売り切れ

아메바 계약 후엔
アメーバ契約後には

내가 번 돈만 본 다음, 몇몇은 배 아프대
俺が稼いだ金だけ見てから、何人かは悔しいってさ

오해 가득한 술자리에선 talk dirty 2 em'
誤解に満ちた酒の席では 感じ悪く話して


잃은 게 좀 많지만 다 추억거리뿐인
失ったものが少し多いが 全部ただの感傷的な想い出話

20대가 남긴 건 사라질 인기와 돈 따위
20代が遺したのは 消えていく人気とカネくらい

물론 지금의 내가 있기까지의 도움닫기
もちろん今の俺があるのに足りる分だけの助走

밤낮 없던 압박감들 다 잊지 못해도
昼夜を問わない圧迫感を全部忘れることは出来なくても

기억할 건 내 이름과 이센스, team forever
記憶するものは俺の名前とE-Sens チーム forever

모든 남자들은 S'up
男はみんなStand up

모든 여자들은 ass up
女はみんなass up

you can call me simon d.o.m.i.n.i.c

더 크게 불러줘 say my name say my name
もっと大きく呼んで say my name say my name


Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh
Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh


always on my grind
俺はいつも精一杯(AOMG)(*8)

여러 번의 테이크에 이제 인트로 하나를 잘 끝냈네
何度ものテイクに今イントロ一つを上手く終えたね

차가운 새벽은 몇 번이나 날 죽이고서
冷たい夜明けは何度も俺を殺しては

다음날 밤에 다시 뜨겁게 부활시켜줬어
次の日の晩また熱く復活させた

나의 제2막
俺の第2幕

책임감이 날 애타게 한 뒤에
責任感が俺を苛んだ後に

내 야망은 쉽게 눈 안 떠 top 100 따위엔
俺の野望は簡単に眼には浮かばない top 100なんかには

돈이 다가 아냐 i just wanna rhyme with my homies
カネが全てじゃないんだ i just wanna rhyme with my homies(*9)


누릴 수 있을 때 누리는 거야
味わえる時に味わうんだ

난 오직 음악에 살 거야 그게 내 성공의 좌표
俺はひたすら音楽に生きるんだ それが俺の成功の座標

one love 따윈 개나 주고 다들 눈에 힘 빡 줘
one loveなんざいらねえ 皆、眼に力をくれ

래퍼 vs 래퍼, 레이블 vs 레이블
ラッパー vs ラッパー レーベル vs レーベル

메이저 vs 마이너, 그 모든 것들 vs 내 이름
メジャー vs マイナー、そのすべてのもの vs 俺の名前

Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh
Simon, Simon Dominic
Simon D.o.m.i.n.i.c oh, oh


-------------------------------------------------------
1)ヒップホップを始めたきっかけからソウルに出て来るまでの背景については2008年のHIPHOPPLAYAのインタビューで詳しく語っています。釜山育ちのあまり裕福ではない家庭で育った彼にとって、ソウルのヒップホップシーンは外国のヒップホップのように遠い存在だったこと、「ヒップホップ不毛の地」だった地元をまず盛り立てたいと考えたことなど。
2)OG=Original Gangstaの略。ヒップホップ用語で、文字通り元祖ギャングスタ、つまり古くからシーンにいて規範となるようなギャングスタ・ラッパー(例えばTupacやBigieなど)のことだが、ここでは韓国ヒップホップ第一世代の二人のアーティストに対するリスペクトの表現として用いられている。
3)flip-flopは英語でビーチサンダルのこと。制服にサンダルというファッションだったんでしょうか?
4)コーラテックとは、韓国で一時期流行った大人向け(?)ダンスクラブのような場所らしいです。サムディが中学生の頃に初めて通うようになり、ステージにも立ったという地元のヒップホップ・クラブがコーラテックに変わってしまったそうで、その後ステージを失ったもののラップは書き続けたというのがこのラインの意味。
5)プサントンダリ(부산똥다리)は、釜山大の前のオンチョン川の川辺一帯の通称。
6)韓国のヒップホップ専門レーベルの草分け的存在。
7)a.k.aとはヒップホップで用いるステージ・ネームの別名のことで、たいてい二つ目の芸名愛称のようなものを指しますが(E-Sens a.k.a Blunky Munnなど)、ニックネームまたはステージ・ネームのことを表す場合もあり、ここではSimon Dominicもしくはそれ以前のステージ・ネームK-Outaのことでしょう。両親が認めてくれないうちはラッパーとしても無力だったという意味。
8)Allways On My Groundの頭文字を取るとAOMG。このようなワードプレイはAOMGのクルー内でよく使われていて、正式名称Above Ordinary Music Group(非凡なミュージシャン集団)の他、Artists Only Money Getter(稼げるアーティストだけの集まり)などがありますが、サムディはこのフレーズだけをずっと引用しているところを見ると、彼の信念に一番合うフレーズなのでしょう。
9)I Just Wanna Rymeは2008年に発表したミックステープの題名。