「カッターへッド:真夜中の切断魔」。。。 | 怒りくまのブログ(仮)

怒りくまのブログ(仮)

気が向いた時、だらだら書いてます

さっそくですが今日観た作品はコレです
叫び【カッターヘッド:真夜中の切断魔】叫び


 
幼いケイラマディの姉妹はママと共に
夏の終わりを過ごすため湖畔の別荘へ
もう"湖畔の別荘"だとか聞いた時点で
猛烈に嫌な予感しかしないワケですが(爆
そこで管理人さんから前の所有者は
幼い息子ジョンが行方不明となったため
悲観して出ていったと聞かされて。。。
って、そんな話をわざわざすんなよ(^▽^;)
で、遅れて来るパパの到着を待ってると
マディが苦しみだしたかとおもうと嘔吐
吐き出したモノの中から出てきたのは


(吐いたモノに紛れメッセージが。。。)
実は明るいうちに森へ入った姉妹はそこで
誰が準備したのかお茶とケーキを発見!
マディだけが口にしてしまったらしく。。。
ま、これは子供だからしかたない?(;^_^A
体調を崩したマディと震え怯えるケイラ
"ここはヤバい"と感じるママだったが
既に別荘には何者かが接近してるよう?
三人はその気配に右往左往するしかなく


(家族の写真も無残な状態に。。。)
一方、何も知らずに遅れて到着したパパ
斧を手にゆっくり近づく謎のマスクマン
「後ろ!後ろ!」の私の声も届くはずなく
家族の顔を見る間もなく背後から襲われ
もちろんそんな事とは知らないママ
玄関の物音に恐る恐る見に行くとそこには
腕を切断され目をえぐられたパパ死体


(え?クロスボーンズ?違うかw)


(パパは特に活躍なくここで退場。。。)

で、そこへ様子を見に来た管理人さんも
こそこそと背後からマスクマンが急接近
「後ろ!後ろだって言ってんだろ!」
なんて私とママの叫び声も届かぬまま。。。
斧で頭をパッカーン!とカチ割られ死亡
ってかさ、お前ら少しは後ろを気にしろ(笑
とか言ってる間にママが捕まってしまって
マスクマンが振るう斧が脇腹に食い込み


(どたまカチ割られてゴクロウサンw)


(ママも脇腹に斧が食い込んで。。。)

ママが倒れ幼い姉妹は必死に逃げると
ベッドの下へと身を隠し息をひそめ。。。
それを知りつつマスクマンはベッドに座り
「やぁ、ボクの名前はジョンだよ」
なんて今更聞いても驚かない正体をバラし
毎年ずっと見ていたと語る。。。のですが
え?毎年別荘に来てるって話でしたっけ?
そんなセリフあったっけかな?(←バカ)
で、ベッドの下の姉妹にを嗅がせ。。。
意識を失った姉妹を引きずり外へと出て


(かわいそうに怯えて震える姉妹。。。)


(スケキヨ。。。じゃなくてジョンだよ)
すると外は既に日が昇り明るくなっていて
マスクマンがいつ準備したのか湖畔には
家族に見立てた等身大の人形が。。。
パパの人形はえぐりとられたパパの目と
切断された腕がそれぞれ付けられていて
ってか、何が目的でそんなことをするのか
そんな細かいことはいちいち気にすんな?
次は姉妹の人形にも同じように目と腕を
姉妹から取ろうと準備し始めるマスクマン


(理解不明な行動だから怖いんだけどね)
と、その時!娘たちのピンチにママ覚醒!
脇腹から血を流しながらもマスクマン
斧を手にして背後から襲い掛かって。。。
と、マスクマンは少しダメージを受けると
何故か急に戦意喪失というか防戦一方?
単純に子を守る母親が強いだけなのか?
奇襲は得意だけど奇襲されるのは苦手?
最後は背中に斧を突き立てられてダウン


(五分五分の戦いを見せるママw)


(最後は自分自身が背後から。。。)

ラストシーン
気がついた姉妹を連れたママは車に乗り
動かないマスクマンを確認し。。。発車!
と、後部座席から後ろを見ていたケイラ
「ママ、あの男がいないよ。。。」
ケイラの言葉通りにマスクマンは消えて
そのまま車は別荘を後にし走り去ってゆき
エンドロールへ

ネットでの評価は微妙な?感じでしたが
個人的には嫌いではなく楽しめる作品で
ツッコミながら鑑賞させていただきました!
ま、お話しや展開はどこかで見たような?
"既視感"満点のシンプルなホラー映画で
王道ともいえる作りになっていまして
残酷描写もほどよく普通なレベル。。。
子供たちとママが逃げまどうシーンなども
緊張感があり演技も素晴らしいのですが
ただ、怖いかというと怖いほどではなく(爆
ホラー映画に慣れ親しんでる私としては
かなり物足りなくはありましたけどね(^_^;)
とはいえホラー映画初心者の方だったら
楽しめるかもしれない作品になってました
逆にそういうところをツッコミどころとして
私のように楽しめればそれもありかな?と
なんにしても旧作になってからでも十分な
ベタだけど丁寧な作りのホラー映画でした!
気になった方はチェックしてみては?(*^^)v

ペタしてね