蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院:溜池山王

いつも鼻づまりがあると、つらいですよね。
蓄膿症(副鼻腔炎)に伴う、鼻づまり、鼻水、頭痛、首の痛みを、耳鼻科以外で改善する方法がありますよ。
「抗生物質を飲むことがなくなった。」
「手術をしないですんだ。」
そういったお声を沢山いただいています。


テーマ:

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

昨日は、4月から始まった月1回の基礎整体講座の5回目でした。


{E77DC13C-7F7E-4115-BD00-2AB0E0FCB10D}


巷のマッサージの実技講座が「施術の基礎」であるならば、こちらは「治療の基礎」

治すための、身体の見方、考え方、施術技術と、これまで施術に長く関わってきた人ほど面白い(学ぶことの多い)内容です。


{BE163F6A-FF91-497A-B1D8-6FED2EFB3E27}


同じところに手を置いていても、皮膚を施術対象にしているのか、筋膜、筋肉、骨なのか、狙っているところ(動かしているところ)が違ってきます。

わたしも、もっと感度を上げていくことが、イチ施術者としての成長課題です。

現在は、治療院運営、環境を広げていくことが私の一番の課題だけれど、施術者としての学びも終わりがないことが面白いです。


{B510AF55-3B9C-4D99-A154-530E6D48DF7C}


頭、首への施術の効果は絶大ですが、足、骨盤、肩腕といった土台の影響を受けての結果が首に出ているだけなので、やはり土台をどれだけ動けるようにしておくかが重要になります。

身体の上部にある鼻の症状は、他からの影響でしかなく、長期間かけて改善していく土台の調整、その場で効果を出していく首、顔、頭部の調整、その両輪が不可欠です。

その治療方針は、ずっと変わらないです。








赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻水、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

蓄膿症(副鼻腔炎)のお悩みの方の為の鍼灸院:橋本由紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります