1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年12月23日 18時21分28秒

2008年予想株価

テーマ:経済動向と日経予想


2007-12-23


 アナリスト 30人の予測です。 米系は 控えめですね。

 注目は 大和総研の予想と第一生命の予測

 特に この第一生命は 運用側の視点で見ているのかな


 証券会社は 身贔屓と言うか 株価が上がらないことに

 商売上がったりだからね・・・。


 先週は 干支とかで 強いとか言う 暴論もCNBCで

 有難く 拝聴しましたが・・・。


 クオーツ理論から 当て物 占いまで 


 ただ 言えるのは 一様に 今の株価は 絶対入っているね


 年後半に高くなると言っとけば 取り敢えず

 YKですかね


キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
http://8941.web.fc2.com/2007-12-23-1.html


画像サイズ小さいので こちらで ↑

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年12月23日 15時27分19秒

2008

テーマ:経済動向と日経予想
2008年 日経平均予想 [東京 21日 ロイター]ヒアリングは12月17日―20日


市場関係者30人に対しヒアリングした2008年の日経平均レンジ予想では、

高値の平均値が1万8300円(端数切り捨て)
安値の平均値が1万4400円          

関係者の多くは、来年もサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)
問題が尾を引くとみているが、年央から年末にかけては景気回復、
堅調な企業業績を背景に株価上昇を予想している。予想の最高値は2万1000円、

最安値は1万2500円だった。

第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏
モルガン・スタンレー証券ストラテジストの神山直樹氏
草野グローバルフロンティア・代表取締役の草野豊己氏
東証の斉藤惇社長は18日の定例会見
ちばぎんアセットマネジメント専務の安藤富士男氏
リーマンブラザーズ証券・チーフストラテジストの宮島秀直氏
日興コーディアル証券・国際市場分析部長の馬渕治好氏
興銀第一ライフAM・シニアポートフォリオマネジャーの宮田康弘氏
コスモ証券・エクイティ部副部長の清水三津雄氏
<政策対応に遅れ>

市場関係者の間では、サブプライム問題が簡単には解決しないとの見方が広がっている。
信用収縮に対する不安と景気減速が足かせとなり、年前半の株価はさえない展開になるとの見方が多い。
「日本のバブル崩壊や米S&L危機など過去の似たような事例と比較すれば、
今回の問題でも積極的な利下げや金融機関救済策は必須と思われるが、
現状ではそうした危機感は低く、政策対応はやや遅れるリスクが大きい」

(第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏)

「米連邦準備理事会(FRB)はFFレートを最終的に3.5%まで下げるとみているが、
利下げペースは後手に回りそうだ。米国の経済成長率が下がり、円高が日本株の上値を圧迫する」

(モルガン・スタンレー証券ストラテジストの神山直樹氏)

「インフレ懸念が高まったことで米金融政策の手足が縛られる可能性がある。
小出しの政策対応のなかで問題は長引くことになるだろう。
米国経済の低迷は中国など新興国にも影響を及ぼす見込み。
輸出依存度の高い日本にとっては米国向け輸出、新興国向け輸出がともに圧迫されるため、
日本株への悪影響は免れない」とコメントしている。
 
草野グローバルフロンティア・代表取締役の草野豊己氏
対岸の火事とみられたサブプライム問題が長期化すれば、日本経済にも影響を及ぼすとみられている。
 <過剰流動性の効果> 

サブプライム問題が厳しい状況にあるとの認識を示したうえで、
「世界の中央銀行は流動性供給を続けざるを得えない。そのツケはインフレ圧力だ。
来年は流動性が行き場を求めた動きになる」とし、金融相場的な色彩が強くなるとの見方を示した。
「流動性を受け止める第1の候補は米国市場、次は日本とみている。金融のプロから見れば日本は安定した市場だ」と自信をみせた。
 
東証の斉藤惇社長は18日の定例会見

「米利下げや各国中央銀行の流動性供給策などが効果を発揮し、
日経平均は6―7月に2万円近辺の高値を付けるとみている。
日米とも1―3月ごろまでの経済指標は悪いとみているが、過剰流動性の効果で不況期の株高の様相を呈するだろう」との見方を示す。

ちばぎんアセットマネジメント専務の安藤富士男氏

「サブプライム問題はイベントリセッションであり、循環的な景気後退という本当の意味でのリセッションではない。
このため金利引き下げなどマクロの対策で対応が可能だろう」宮島氏は来年の日本株の需給が大幅に改善するとみている
「外国人投資家が2四半期連続で売り越したのは過去10年、例がなかった。
かつ株価収益率(PER)も歴史的な低水準に到達し、2つのボトムシグナルが点滅している。

来年はこれまでの日本株のアンダーウエートをニュートラルに戻す形で、

年金など国内機関投資家が3─4兆円、
ソブリン・ウエルス・ファンドが1.3─1.4兆円、
ゆうちょ銀行が1.5─2兆円

買ってくる公算が大きい」と分析している


(リーマンブラザーズ証券・チーフストラテジストの宮島秀直氏)

国の不良債権処理で保有している株券の市場売却の話はどうなったんでしょうね
 

「米利下げや政府の対策など個別をみると影響力が弱いように考えられるが、全体で効果を発揮してくるだろう。
日米とも年央以降景気が持ち直す。
企業業績はもともと堅調だが、日本の内需にもようやく回復の兆しが出て株価を下支えする」という。

日興コーディアル証券・国際市場分析部長の馬渕治好氏


「4─6月期の景気底打ちを前提に1─3月期に日経平均は1万4000円程度の安値を付け、
夏場にかけて景気改善を織り込む形で1万8500円程度まで上昇する」と予想している。

みずほ投信投資顧問・執行役員の岡本佳久氏
 <イベントリスク>

2008年は8月の北京五輪、11月の米大統領選など大型イベントが予定されている。
日本でも08年中に衆院解散、総選挙が濃厚とみられている。
岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏は「北京オリンピック後の中国経済に対して不安感が台頭する可能性もあり、
順調に推移している企業収益にも水を差しかねない」と警戒する。半面、「五輪による中国のGDP押し上げ効果は1%程度に過ぎない。
これがはく落しても高成長の中国経済に与える影響は軽微だ」
 
(日興コーディアルの馬渕氏

米大統領選については、「民主党のクリントン上院議員が選出されれば、ドルがさらに売られる可能性がある」

(興銀第一ライフAM・シニアポートフォリオマネジャーの宮田康弘氏)

「新しい米国トップが示す新しい世界観が次のシナリオをつくりあげていくことになろう。
新興国を中心とした世界経済拡大が再びクローズアップされ、それに大きくかかわっている日本企業に注目が集まる」

コスモ証券・エクイティ部副部長の清水三津雄氏
(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム;編集 石田仁志)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月27日 00時28分02秒

微妙・・。

テーマ:経済動向と日経予想

米は 微妙な位置で推移しています。


CME225も 動きが少ないです。


為替が 円高に


金と原油が上昇していることから

地政学リスクが意識されているのでしょうか・・。


さて 今日の値動き・先物の手口からも

 状況は 先行きは フラット


米は調整していきそうな雰囲気なんですけどね・・。


個人が 堪らずに買いだした雰囲気と

証券自己が 地合いの強さを背景に 上下に揺さぶっているようにも感じます。



お化粧買いを 意識するところですが

普通に 小動きなら 尚更 意識する必要も無いでしょうね・・。


銀行に物色が 逝くか

それとも 一旦 手じまい売りが 始まるか

この辺が 今後 高値を取るか重要な指標となると思うけど


後は やはり 新日鉄でしょうね

今日 場中に 売りかまして 踏まれて泣きましたが


どう考えても 異常です。

ただ こここは 相性悪いんすょね


相性にしてしまうのは そもそも 間違何ですけど

売って 引っ張ると 必ず 狼狽して逃げてしまいます。


駄目ですね


さて 明日から 6月限の 先物の動向も 少し意識する必要出てきています。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月24日 15時17分52秒

2/26-3/3

テーマ:経済動向と日経予想

2/26(月)
1月 日銀金融政策決定会合 議事要旨(14:00)
=海外=
中国(上海・深セン)株式市場が旧正月明けで取引再開

2/27(火)
=海外=
米1月 耐久財受注(22:30)
米2月 コンファレンスボード消費者信頼感指数(24:00)
米1月 中古住宅販売(24:00)

2/28(水)
1月 鉱工業生産(8:50)
1月 住宅着工件数(14:00)
日銀 水野審議委員が宮城県金融経済懇談会で挨拶
=海外=
米10-12月期 GDP改定値(22:30)
米2月 シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
米1月 新築住宅販売(24:00)
米 FRBバーナンキ議長が下院予算委員会で証言

3/1(木)
鉄鋼大手各社07年3月期の業績見通し発表(13:30~)
=海外=
米1月 個人所得・消費支出(22:30)
米2月 ISM製造業景気指数(24:00)

3/2(金)
1月 全国消費者物価指数(8:30)
2月 東京都区部消費者物価指数(8:30)
1月 労働力調査(8:30)
1月 有効求人倍率(8:30)
1月 全世帯家計調査(8:30)
=海外=
米2月 ミシガン大学消費者信頼感指数改定値(24:00)

3/3(土)
=海外=
米 FRBバーナンキ議長 講演(13:00~


資料 http://investorszone.net/


ポイント


  日本では 3/1


    鉄の業績見通し

 

 米は 2/27・28

   

    住宅関連の指標

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月14日 00時27分28秒

高いですね・・米

テーマ:経済動向と日経予想

予想できたことだから 良いんですが・・

 ナスダックの データが届いていません。


欧州も高い

アジアが下落傾向だったに

どうなるか ちょいと期待したんですけどね(*゜▽゜ノノ゛☆


明日寄りが高いと 様子見になりそうです。


12月の米貿易収支は611.8億ドルの赤字と、前月から赤字幅を拡大した。
この結果にドルが全般に売られている。
ユーロドルは1.3040台と高値を更新、ドル円も121.10レベルへと下落、安値を更新した。
英CPIで一時1.94近辺まで売り込まれていたポンドドルも1.9450-60レベルを回復。


先物のスタンス見ると

どうも 17500-18000レンジに移行したようです


どうすんじゃい 今の売り建てとなりますが

このまま 順調に 上昇できるか

細かく 抜きながら

天井売りで 勝負に 出られるタイミングを待ちます。


余裕が無いのが 一番の問題でしょうね。。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月01日 01時10分36秒

追加 

テーマ:経済動向と日経予想

先の 書き込みして 米の指標など見たら


 ドルの急落 ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


先ほどからドル売りが強まっている。ユーロドルは1.3000近辺、
ドル円は121.35近辺となっている。きょう発表されたGDPは消費拡大から
強い内容となったが、その後に発表されたシカゴ購買部協会景気指数が
48.8と予想を下回り、景気判断の分岐点である50を下回ったことや、
建設支出が民間居住用の支出の落ち込みから予想外のマイナスとなった
ことで、ポジティブなGDPの結果が打ち消されてしまった形。


*建設支出(12月)
結果 -0.4%
予想 0.0% 前回 0.1(-0.2%から修正)(前月比)


これが 原因の様です。


不安定な相場ですね

強いときは  あまり 悪材料にされないけど


指標で 一喜一憂するということは

一端の 出口を 探していると 見て対応していきたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年01月31日 17時33分54秒

や・・

テーマ:経済動向と日経予想

先物手口 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


 いやはや 実に 分かり易い クレテイー 売り 6638枚

 ついでに TOPIXも 4690枚 売り


 買いをしていないと言うのが ちょいと 意外


 朝の 寄りだけでは この枚数捌けないだろうから

 何回からに 分けて売ったんだろうね


 それで


 また珍しく


 米 悪徳(言い過ぎかも)4悪証券 揃って買っている

証券会社名 225 SELL 225 BUY 225 NET
メリルリンチ 0 3714 3714
ゴールドマン 4362 6970 2608
JPモルガン 0 2118 2118
リーマンB 2144 3638 1494

 4社の合計 9934枚

 本日 トータルで -2651売り越し 


さて 今日の建て残が 気になるところヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


リーマンB 3826
モルガンS 7784
クレディスイス 3584
メリルリンチ 2973
売り合計 18167
JPモルガン 2117
買い合計 2117


上4証券が 売りポジション

JPだけが 買いポジションと言うのが 先週金曜日の状況です。


これで 明日以降の状況が手に取るように解れば良いが


無理゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o


2007-1-31-1


えぐすぎる 板




いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年07月28日 00時14分28秒

勝負所

テーマ:経済動向と日経予想

相場解説を読めば

新興主要銘柄が底打感で反転と言っていたが

まだ予断は許さないだろう。

怪しい 決算をする会社も多いのも事実。


持ち株 サイバーAは まだ苦しい状況です。

先月の速報が出てましたが

まあ、堅実に順調と言うことでしょうか

アメブロがどこまで順調に伸びるか( ´0`)y-~~

藤田さんに 頑張って貰いましょう。


しかし 昨日と今日の先物の動き

まんまと嵌められたてことか?

東証1部の今日の決算状況が事前に有る程度

予測していた向きが

昨日非常に上手いタイミングでの売り仕掛け

今度は 好決算を背景に 買い仕掛けの相場操作か

妄想してみたりするが

鮮やか 脱帽ですが


手口見ると

逆に 昨日売り仕掛けしたドイツが

今日 踏まされたとも見えなくもない。 

7/21迄はドイツ買い越し


それに 対して対応は 解るわけ無いから

やはり 今のまま こまめに利食いして行く事が重要だろう。

日中は+-50円の 値幅を考えるべきだろう。


米はまあ順調

CMEは 1500-15500の中値 15250

明日は この辺のポジション取りの攻防だろう


15250円を中心に 50円刻みで 株価を見ていきたいと思います。


6月全国消費者物価(8:30)
7月東京都区部消費者物価(8:30)
6月失業率(8:30/4.0%)
6月有効求人倍率(8:30)
6月家計調査(8:30)
6月商業販売(8:50/小売業販売額0.5%)
《決算発表》
ヤクルト、大王製紙、レンゴー、ゼオン、日電硝、日立建機、三菱電機、ファナック、マツダ、東京精密、伊藤忠、丸紅、住友商、三菱商、伊勢丹、武富士、アコム、岡三、松井、NTTドコモ、東ガス、富士写、村田


◆2006/7/31(月)
(日本)6月鉱工業生産(8:50)
(日本)6月建築着工(14:00)
(日本)2006年4-6月期決算
王子製紙、日本製紙、新日鐵、三井物産、味の素、武田、
三井造、日興CG、JR東日本、日テレ、ANA、三井不
(米国)7月シカゴ購買部協会景気指数(23:00)
前回結果56.5、市場予測56.0予想

注意点 

為替の動き 米の金利 打ち止め感から 若干の円高?

8/8のFOMC


今日の米の上昇要因 失業保険請求件数 若干の低下

私見では 横ばい誤差範囲?

耐久消費財受注件数 +3.1%


楽天ニュースで

バンクオブアメリカ グローバル外為ストラテジー部長 ロバート・シンチェ氏

後 2回の利上げを実施と 見ている ???>

そうなのかなあ・・・。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年06月22日 08時05分42秒

15000円が焦点

テーマ:経済動向と日経予想

米から 高く帰ってきている

当然 寄り天の 可能性も 非常に大きい訳で


現物の出来高が気になるところ

先物で振られなければ良いけど


15000円抜けてくれれば 何とか来週も

持ち直すかなあ。


でも 不安定。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年03月19日 01時58分25秒

来週はどうなる

テーマ:経済動向と日経予想

http://pk2004.kt.fc2.com/ys-2006-3-20.html

こちらで 来週の 大胆予測と今週の流れを纏めてみました(^_^;


で 来期からの 物色テーマを考えていたが


今日 読んだ 今週の日経ビジネスで

不動産のファンド「痛い目」にという タイトルの記事が

概要は日銀規制緩和で資金調達の利率が上がり 3兆4000億にに膨らんだ

必要資金を支えられるかという問題。森ビル社長談を交えての内容。


個人的に 地価上昇すれば不動産バブルを日銀が牽制。

政府の資産売却の本格化 供給過多への懸念など

物色テーマにはなりにくい。


証券・銀行は 横ばいで 不良債権の引き当て減少の

大幅利益 ひょつとして この土地関連の融資が減少・焦げ付きすると

利益の減少もあるかも知れない。


まあ 針で突いて 一気に破裂とかは させると全体の経済にも

暗い影を落とし兼ねないので大幅に悪化は無いまでも

上昇は考えにくい。


やはり テーマとしては 自動車関連かなあとも思うが

大幅な増益は 為替を考えないといけないので 相場読みは難しい。


ディーゼルの欧州勢に対する 国内のハイブリッド。

トヨタは レクサスの国内販売が 人気の鍵に(海外は関係ない)

日本には クラウンが有り どうしても レクサスに乗る優位性が

日本人の感覚として理解できない。

解り易いデザインの差別化と高級感

セルシオの後継というが まあ 販売チャンネルの移行でしかなく

あの セルシオデビューの衝撃も無く 差別化にはならないだろう。

( ´-)y-~~


ワンセグ関連は 端末の供給関連が最初に物色されるかな

放送関連は ビジネスモデルが 見えない

何処かが 発表すれば 人気かするけど・・

( ´-)y-~~


船関連は 昨年物色され 来期の見通しは収益悪化


携帯関連で 競争激化と成れば

通信より 関連企業は ねらい目かも

下期は ナンバーポータビリティー関連の物色はが有るかも

銘柄変えて 携帯関連は 注目かも

( ´-)y-~~


世界相手に 商売出来るところが成長性有りと思う。

日本の消費は飽和状態だろう。

( ´-)y-~~


下落要因は やはり 資金の過剰流動性の減少だろう。


ITの成長神話の 崩壊・・。


団塊の世代の余暇と労働人口

ポータルサイトの巨大化が始まっていることから

ネット関連の再編が進むかも

以上を絡めた場合 ゴルフダイジェストオンラインと

最近上場したパシフィックゴルフ当りが面白いか?


企業の抱え込みが始まれば 人材派遣の優位性は崩れるが

企業が人を育てなくなったときには

基礎のない家となる予感

( ゜Д゜)y \_ ポロッ


ただ 1+1+1が3に成らず 2.5の可能性も有るんだよね

ネットに係わる時間は どんなに増えても 

24時間以上には成らない。


人口の減少が 再び話題に登るかも


等と考えていた 週末でした。





いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。