通訳案内士法の改悪反対の署名運動が始まりました!



是非、署名お願いします! by kkduck


以下、exblogの遠藤昌子先生ブログ(1/14)から転載・・・http://endoms.exblog.jp/


通訳案内士法の改悪反対の署名運動が始まりました!

JGAのネットで送られてきた情報です。
ガイドの協会・業界では
この法律をめぐってさまざまな反対運動が起きています。

アジア圏からの観光客増にこのままではどうやっても対応できないと言う
苦しい状況からの法律改悪案なのでしょうが

一度変えてしまったら 10年後には観光ガイドの質・信用性が地に落ちる危険性がある。

それより、ガイドを育成研修する方向にエネルギーを注いで欲しい。

これは許せない!
私は、内容をよく読んで早速署名した。

今、北海道地域限定ガイド試験に向けて猛勉強中の人がいたら
これはあなたには大問題。

そんな資格とっても
ただの紙切れになる!

将来ガイドもいいな~と思って英語を勉強している人がいたら
これはあなたの大問題。

目標が失われてしまう。

一般的に言って、今まであったものがなくなることは自然の流れたいていはよりよいものが生まれるチャンス。
でも今回は旅行業界からの突き上げで
当座しのぎに遠望を持たずにしているだけ。

絶対だめ。

前に、JNTOのアイヌの情報が間違ってて、JNTOにメールしてもなしのつぶて
どうせだめかなって思って北海道庁にメールで指摘したら、
担当者が協議してくれてJNTOに申し入れてくれて正確な情報に直ったことがあった。

その時に思った。
『一人の声だから』ってどうせってあきらめちゃいけない。

ちゃんと声を出し続けたら、耳を貸してくれるところがあるって。

だから今回のことは何度でも、どんなチャンネルでも声を上げていようと思ってる。

この呼びかけにあなたが賛同したら
どうそ
署名して。
匿名でもいいんだから。

ほんと、将来の観光のためなんだから!


署名サイトの文言

企画者: 通訳案内士の経済的・社会的地位向上を実現する会
提出先: 内閣総理大臣、国土交通大臣、観光庁長官、各政党本部、全衆議院議員、主要新聞社、主要テレビ局、主要雑誌社
開始日: 2010年01月12日
●通訳案内士法改悪反対の署名にご協力ください!
観光庁では、2009年6月より「通訳案内士のあり方に関する検討会」が開催されておりますが、その目的は、通訳案内士法(制度)の根幹をなす「業務独占」を廃止して、旅行会社がボランティアガイド、添乗員などの無資格ガイドを合法的に安く雇用できるようにすることです。
もしこのような法案が成立したら、今まで以上に無資格ガイドが業界にあふれ「観光立国を目指す日本」の足もとをすくい、日本の国益は大いに損なわれるようになります。



●通訳案内士法改悪反対の署名にご協力ください!
現在、これが法治国家なのかと思えるくらいに無資格ガイドが氾濫しているインバウンド(外国人の日本国内旅行)業界で、通訳案内士法(制度)が改悪され通訳案内士制度の根幹をなす「業務独占」が廃止されたら次のようなことが予想されます。

(1)旅行会社は、ボランティアガイド、添乗員などの無資格ガイドを合法的に安く雇うことができるようになる。

(2)低料金ガイドの増加の中で、優秀な有資格通訳案内士たちは、今まで以上に仕事を奪われ、その結果、通訳ガイドの仕事をやめる者が続出するようになる。

(3)日本が世界に誇れる通訳案内士制度そのものが崩壊する。

(4)アジアからの無資格ガイトは、訪日客の増加に伴い激増し、その低い賃金を補うために、これまで以上に土産物屋などと結託するようないかがわしいガイドが業界にあふれ、「日本への旅行」が「悲しい、悔しい思い出の旅行」になり、「観光立国を目指す日本」の足もとをすくうことになる。

(5)リピーターは期待できず、長期的に訪日旅行者の増加にブレーキをかけることになり、日本の国益は大いに損なわれるようになる。

↑以上、exblog遠藤昌子先生ブログから転載