『あんた誰族』

テーマ:

久々のブログ更新になってしまいました(^^;)

何をしていたかといいますと

次なる電子書籍にかかっておりました。

 

 

 

前回のゆかたの本とはずいぶん違うのですが、

 

アウェイ感満載の幼いころの自分が

 

感じ考えていたことが、60才を目前にして

 

繋がって環になってきたので書いております。

 

何の苦も無くマインドフルネス状態になれたころに

 

実は自分の本質はある気がします。

 

また、ご案内させていただきますので

 

ご興味がわきましたら、ぜひお読みください。

 

 

 

そして今日は久々に

 

自分のご機嫌をとりに下北沢の小劇場へ出かけてきました。

 

以前、ここでご紹介した関口ふでさんのひとり芝居です↓

 

https://ameblo.jp/892048z/entry-12396111342.html

 

ホントに大笑いして、なんか、「表現することってイイなぁ~」

 

としみじみ思える時間をすごせました。

 

 

いくつかのお話のオムニバス形式ですが、どれも秀逸。

 

ネタばれになるといけないので、ちょっとだけいうと

 

オープニングでは女子高校生に扮したふでさんが

 

食パンをくわえて登校するところから始まりました。

 

これですでに予想がついて笑えてくる人もいるかもですね。

 

明日までなので、

書いておきまーす(#^.^#)

 

 

 

 

さいはねセッションご予約はこちらへ