この時を境に、

久々の断捨離に、

ハマりまくっています。

 

 

 

 

 

 

 

捨てて捨てて捨てまくり、

手放して手放して手放しまくって、

 

 

 

 

 

今も家のモノが徐々に

減り続けています。

 

 

 

 

飽き性で、落ち着きがなく、持続性なし・・・

とっ散らかってる性質のわたしは、

 

 

 

 

 

一気にやることや、計画を立てて、

ということが出来ません。

 

 

 

 

だから、気が乗って、やりたい時に、

少しずつ断捨離してます。

 

 

 

 

 

このくらい軽い気持ちで

断捨離に取り組んでいると、

とっても気が楽です。

 

 

 

 

 

 

 

断捨離にハマってから

片付けや整理や暮らしにまつわる

本やブログやインスタも

読んだり見たりするようになりました。

 

 

 

 

 

素敵な暮らしをしている人が

こんなにもいるのかと

本当にびっくりの連続です。

 

 

 

 

 

整えられた空間、オシャレなインテリア、

仕組み化された美しい収納、

こだわった食器で豪華な食卓、

 

 

 

 

 

すごいな、すごいな、よくこんなに出来るな、と

感心するばかりです。

 

 

 

 

 

前にもこういったジャンルにハマって

本やブログを読みまくって

自分の家も素敵にしたい、

キレイに収納してキレイに片づけたい、

そういう時期もありました。

 

 

 

 

 

そのときは「欠乏感」しかなく、

 

 

 

 

 

片付けられない自分を責めまくり、

だらしない自分を否定しまくり、

 

 

 

 

 

「人の暮らし」と「今の自分の暮らし」を

比較しては落ち込み、

 

 

 

 

 

 

素敵なお家、素敵な収納、素敵な食卓、

素敵な育児、素敵な生活、素敵な日常、

羨ましくて羨ましくて仕方ありませんでした。

 

 

 

 

 

真似しようと思っても、

全然出来ない、続かない、自分。

むなしさと劣等感でいっぱいでした。

 

 

 

 

 

真似をしては買って

どんどん増えていく「収納グッズ」

 

 

 

 

 

でも全然片付けられなくて、

すぐに飽きて、

収納グッズばかりが増えていきました。

 

 

 

 

 

そして熱はどんどん冷めていき、

「素敵な人の暮らしは見ないでおこう」と、

そういう本やブログやインスタを

避けるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

そんなわたしでしたが、

今は「欠乏感」がなく、

素敵な暮らしをしている人の発信を

ただただ、へー、スゴイ-、と、

見れるようになりました。

 

 

 

 

 

断捨離して

いらないモノを捨てて

モノはそんなにいらないと気づき、

 

 

 

 

わたしのくらし、

わたしの日常、

わたしらしく過ごしていれてると気づき、

 

 

 

 

色々なことを

シンプルな視点で、

見れるようになりました。

 

 

 

 

 

人は人でわたしはわたし。

「人>わたし」だった基準が、

「私中心の視点」基準になったのです。

 

 

 

 

 

素敵だな~より羨ましい、なんで自分は・・・と

思って暗くなっていたのが、

 

 

 

 

 

 

素敵だな~と思う自分から出る

「軽い明るいエネルギー」

それを感じてワクワクするようになりました。

 

 

 

 

 

素敵な暮らしを見て

「わぁ~素敵だな~」と、

「いいエネルギーを出すわたし」に変化したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ見て知る情報の中で、

わたしの心を奪った「ワード」が・・・

 

 

 

 

 

「ミニマリスト」

 

 

 

 

 

という言葉でした。

 

 

 

 

 

ミニマリストとは、

持ち物をできるだけ減らし、

必要最低限の物だけで暮らす人。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことで

かえって豊かに生きられるという考え方。

 

 

 

 

参照:

https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-139265

 

 

 

 

 

 

 

こんな生き方したかったんだ、

少ないモノで豊かに暮らしたいな、

なんか心がときめくな、

そうワクワクしたのです。

 

 

 

 

 

 

それから、すぐにこう決めました。

「わたし基準のミニマリストになろう」と。

 

 

 

 

 

 

どのくらいのモノの量だと少なくて

どれくらいのモノの量だと多いのか、

 

 

 

 

 

人と比べて、多い、少ない、と

人を基準にしてしまうのではなく、

 

 

 

 

 

「わたしにとって」の基準で

出来るだけコンパクトに暮らそう。

そう決めました。

 

 

 

 

 

そして、この人生が終わったとき、

残った身内が、

 

 

 

 

「本当に、この人は身軽だったね。」

そう言ってもらえるくらい・・・

 

 

 

 

 

持ち物も気持ちも生き方も

身軽で一生を終えたいです。

 

 

 

 

 

 

1つだけ多く残したいのは・・・

子どもへ「お金」くらいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノをどんどん減らしていくと、

何故か「ある」に気づきます。

 

 

 

 

ないないないと思っていたのに、

「こんなにあったんだ」と。

 

 

 

 

 

それは物質的な意味でのモノだけではなく、

見えない色々なモノが、

 

 

 

 

 

「すでにあったんだ」と

おもしろいくらい見つかりました。

 

 

 

 

 

スッキリして爽快になり、

「ある」に気づきまくるので、

やみつきになります。

 

 

 

 

 

今は、ミニマリスト修行中です。

これは本当に楽しい修行です。

 

 

 

 

 

ミニマリストを目指すMAYの気づきも

これから記録していきます。

 

 

 

 

 

May

 

 

●Mayのインスタはこちらです

「私の好きだけを集めて」表現する場として使っています♪

 

↓↓↓

 

Instagram @may.furaliurae

 

 

 

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 人気ブログランキングへ