原爆、原発、ガンもみーんな 嘘!その2 | 神様と生きるアリス

神様と生きるアリス

どんな艱難苦難があっても大丈夫です。

         

        「矢沢永吉の無料イラスト」の画像検索結果

         (永ちゃんでーす!チョー元気です)

 

         「吉川晃司の無料イラスト」の画像検索結果

         (吉川晃司です。いつまでも若いぜ!)

 

        

   「アリスさん!元気ですか?台風が去って又暑さが戻りました。」

  

   アリスは元気です。Uチューブで観たのだけれど、矢沢永吉さんや吉川晃司さんは年の割に(失礼!)凄く元気ですね。ステージでは飛び跳ねています。

   

  「アリスさん!あなたは永ちゃんや吉川晃司が好きですか?」

   

   「うさぎのラビットさん!」 ファンというほどではありませんが、永ちゃんも吉川さんもかっこいいですよね。

 
   「アリスさん!彼らは普通の中高年の人達と比べると、物凄く元気です。あれだけステージで動ける人は若い人でも、よっぽど鍛えていないと無理ですね。
   ところでアリスさん!彼らが二人とも被爆2世であることを知っていましたか?」
 
    エーッ!そうなんですか!そういえば二人とも広島出身ですね。
 
       「被爆の無料イラスト」の画像検索結果
 
   「アリスさん!広島も長崎も福島も放射能汚染されましたね。被爆するとガンになる可能性が非常に高く、福島原発事故の時はヨウ素剤を飲まないと甲状腺ガンになると政府は言っていました。」
 
   確かにそうです。アリスの知り合いに凄く放射能に気を配っている人がいて、福島産の野菜や肉、魚は絶対食べないと言っていました。
   京都では大文字焼の薪に福島や宮城産が入ったという事で、京都人が(使うな!)と大反対をしました。京都人の情けがないのに嫌気がして、観光客が減ったと人力車のお兄さんがぼやいていましたね
 
       「京都大文字焼の無料イラスト」の画像検索結果
 
 
   「アリスさん!今日は原爆、原発などないことをお話しします。アリスさんは物理が苦手なようですから、非常に簡単にお話しします。以前 話しかけましたが、原爆、原発は核分裂によって起こります。つまり1が2、2が4、4が8、8が16・・・。という倍々に増えていく理屈です。そのように爆発的に増えることをアインシュタインが(相対性理論)という式で表しました。
 
      「アインシュタインの無料イラスト」の画像検索結果
       (お前たちにわかるかな~ムフフ)
 
    E=MC^2     Eはエネルギー、Mは質量(重さのこと)
   Cは光速でその2乗という意味です。
    光速は一秒間に地球を7まわり半します。その距離は
    300000000(m/s)=3億メートルとなり
  その2乗ですから900000000000000(m/s)=九京メートル
  になります。わかります?」
 
   アリスは良く分かりません。ただこの式によると一円玉のような小さなものがもの凄いエネルギーを持っているのだという事は判りました。
   「アリスさん!具体的に説明すると一円玉一個で、8万世帯の一か月の電気量が賄えるという事になります。」
   
   アリスは信じられません。そんな魔法のようなことができるのなら電気料金はタダでもいいですよね!
 
   「アリスさん!そこがうまくいかないところで、核分裂をするにはウランを使うしかないと科学者たちは言うのです。
   原爆も原発もこのアインシュタインの相対性理論をもとに作られているのです。」
 
   「うさぎのラビットさん!」もしこの理論が間違っているのなら、この世に沢山ある原発や原爆はどうなってしまうの?
 
 
   「アリスさん!原爆も原発も存在しません。ガンが存在しないと昨日話しました。それと同様原爆も原発も存在しません!」
 
   アリスは物凄く戸惑っています。そうしたら今日本のあちこちにある原発は一体何ですか?
   
   「アリスさん!この事実が拡散したら政府は間違いなくつぶれます。なぜならガンも原発も巨大利益を生んでいるからです。それらは皆税金が使われています。今後、このブログで詳しく説明していきます。結論を先に言っておきます。原発は海水発電です。原爆はマグネシウム爆弾です。これからそれを証明していきます。」