拉致問題は何のため?? | 神様と生きるアリス

神様と生きるアリス

どんな艱難苦難があっても大丈夫です。

   アリスさん!ここ暫くは神様のことについて話してきました。今日は今、現実に起きていることに目を向けてみませんか?アリスは応えます。「うさぎのラビットさん。この頃、又北朝鮮の話が出てきて、トランプと安倍が会談をして、結局日本が北朝鮮支援という話になったと聞いたけど?」そういえば今年の初めは、トランプがすごい勢いで航空母艦を北朝鮮の近くまで持っていって「いうこと聞け!」って脅してたんじゃなかったっけ。

                      「北朝鮮の無料イラスト」の画像検索結果      

 安倍晋三も「何があっても経済制裁するぞ!」って言ってましたよね。イラク戦争が始まった時も、その前の湾岸戦争の時も、イスラム国が暴れてるって言ってアメリカはすぐ戦争に入ったよね。

 今まで北朝鮮はアメリカの本土攻撃をするって言って、何回もミサイルを発射しましたよね。イラク戦争やイスラム国の時は日本政府もすぐ自衛隊を派遣してアメリカの援護をしたのに、北朝鮮はやれ貧乏国だ、日本とアメリカで経済制裁をすればすぐ根を上げる。などと盛んに言って日本国民に思わせていたのに又同じことの繰り返し?

   先日アリスは駅前で「横田めぐみさんを何としても帰国させましょう」と署名を求める人たちに遭いました。

もう随分長い間拉致問題は解決しないで、横田滋さんは病気になり早紀江さんは頑張っていますよね。「うさぎのラビットさん。一体この状態をどう理解すればいいの?」

     

  

  アリスさん。神様は物凄い知能の高い方で、わからないことがないと話しましたよね。実は拉致問題は横田めぐみさんを連れていき、北朝鮮の国母とすること。そして後継ぎを作り、北朝鮮の王朝を確固としたものにするためのものです。

    「えーーっっ!!一体何のことですか?」

  横田早紀江さんの母親は李方子(りまさこ)さんと言います。この人は日本の皇室の人で旧姓は梨本宮方子さんと言います。太平洋戦争前に日本は韓国を併合していました。そこで韓国の最後の王朝だった李氏朝鮮の王、李垠(りぎん)と政略結婚します。これは当時大きなニュースになりました。そして横田早紀江さんはその娘です。よく似ています。簡単に言うと、日本と北朝鮮はトップの人たちが皆つながっているということです。金正日とめぐみさんは結婚し、金正恩は二人の子供。つまり横田めぐみさんは金正恩の母親で、横田早紀江さんは金正恩のおばあちゃんですね。

     「えーーーっっ!!!でも一体なんでこんなことに??」

  アリスさん。北朝鮮を極悪国家と日本国民に思わせ、北朝鮮の人たちには徹底的に反日教育をする。そうしておけば、何かといえば北朝鮮問題を言い出し、拉致問題を出せば国民のトーンも政府に向かいませんよね。レイムダック状態の安倍政権がいかにも人道主義にあふれているように思いますね、時々ミサイルでも打たせるというパフォーマンスをさせれば日本国民も外に目が行くでしょう。それに北朝鮮を火種にすれば戦争を起こせると策略する人達もたくさんいますしね。でも二番煎じも今や日本国民は慌てませんね。

    ちなみにミサイルは人工衛星と同じ宇宙空間へ出ますが、発射の時、ミサイルはゆっくり回転しながら上がります。その時ミサイルにはMITSUBISHIと書いてありますよ。