夫に居場所を知られないために~住民票 | 我が家のあすぺさん(夫)はこんな感じです(申立人が離婚拒否)

我が家のあすぺさん(夫)はこんな感じです(申立人が離婚拒否)

アスペルガー的な夫に振り回され、疲れた妻の独り言です。
5才の息子と3人家族です。
夫に離婚調停を申し立てられてしまいました。
しかも離婚調停1回目で夫が離婚拒否ってどういうこと?
現在別居中です。


テーマ:


今まで夫に居場所を知られたくないので
別居しても住所はそのままにしていました。
調停調書もその住所になっていました。


しかし、婚姻費用の強制執行をするにあたり
調書の住所と実際の住所が異なると
裁判官によっては受理されないこともあるときき
住民票を異動させてみることにしました。


近くの支所に行ってみましたが、
さすがに本庁でなければ
支援措置はできないと言われました。

さっそく市役所に行き
措置についての説明を聞きました。
比較的簡単に手続きはすみました。
ただ、警察等に相談したという
証明書がいるとのことで
仮の措置をしてもらいました。

2週間以内に書類を提出しなければ
措置が解除されるとのことでした。

時間がないのでそのまま警察署に行き、
支援措置申出書にサインをもらいました。
ついでに住所変更もしてもらいました。

これを市役所に提出して終了。
手続き自体は簡単でした。
しかし、移動距離がけっこうかかりました。
家から支所まで3kmくらい。
支所から市役所まで15kmくらい。
市役所から警察署まで20kmくらい。

一日かかってしまいました。
手続きより車での移動時間が長い気がしました。


婚姻費用の強制執行ですが
裁判所からまだ連絡がありません。
これで提出書類は準備万端なので、
連絡が来るのが待ち遠しいです。
それに、はやくしないと
8月の給料からの天引きに間に合いません。
できれば来週中に強制執行したいところです。

まあ、夫にダメージを与えたいのなら
8月からではなく9月の給料半分を
天引きにしてもらうほうが
いいのかもしれませんが…

こっとんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ