大安  第64回正倉院展



お久しぶりです!
はらのま
何ヶ月ぶりでしょうかね??


えっとずっとですね、どこにも出かけてないですしね、

自分の毎日の状態を表すならば上の写真の鹿さんのような感じでですね、

この怠惰な暮らしぶりをブログで積極的に晒す必要がどこにあるのか??

いやない!!今更恥じらおう!!とかなんとか考えていたらあっというまに、

今年もあと2ヶ月でですね!いや~~早い!早いね、時の流れ、、こわい!!


ということで(?)

今年もあるくん奈良スタンプラリー (10/27~11/12)の協賛店さんの

消しゴム判子を彫らせていただきました^^いや~ありがたい!!
はらのま-P2012_1021_173336.JPG
若草カレー本舗 さんとカフェFluke さんの2店です。

お近くの方、正倉院展などで奈良に行かれる方、、

どうぞ押されに、どうぞ押されに!!

よろしくお願いします~^^


あと、フルコト さんで絶賛販売中の消しゴム判子の柄が

スタンプラリーの景品のガチャガチャの缶バッジになって

ますので、そちらもよろしくお願いしたいです。

色々素敵デザインがあるにもかかわらずそれがガチャから

飛び出てきたら、何かの縁です、ホント是非よろしくお願いしたい

(本気ですよ!)


あるくん奈良スタンプラリーには昨年遊びに行ったのですが、

商店街で買い物したり(買い物しなくても押せるスポットもありました)

飲食してたら、どんどんスタンプが集まっていくんで、いっぱいクジが

引けて(スタンプ3つで1回引けます)とても楽しかったですよ~。



ということで、突然ブログ更新しにきたかと思ったら、

判子の宣伝だったとか~~これがあのステマってやつ??ん?

自作自演はステマじゃない??とか思いながら終わります、、

また奈良旅など、人として恥ずかしくない日記が書けそうな時に

ひっそり更新していこうと思いますので、よろしくお願いします



では今回も長々のお付き合いありがとうございましたニコニコ



唐突に奈良の思い出
はらのま
興福寺の南円堂をみながらプリンいただいた過去

相乗効果で異様に美味しかったです。





久方ぶりの動物園

テーマ:

赤口  花供会式(金峯山寺)


何の鳥だか・・・
はらのま

先日ものすごく久しぶり(3年ぶりぐらい?)に市の動物園に行ってきました!

友だちとその子どもと一緒だったのですが、園内は家族連れの楽園で、

なんかこう、田舎の動物園はソロ活動の難所だと実感しました、とても。

哀しいかなひとりじゃ怪しい。


はらのま

なんというか↑↓こんな幸せをみせつけるような状態で来ねばなりません
はらのま
何となく園内に来ている子どもをちらりと観察するに、

だいたいが興奮MAXで次から次へと回るペースがすごく早い印象です。

はらのま
孔雀の興奮MAX
はらのま
見るからに腰が痛くなりそうなのですが、羽は軽いのかしら?
はらのま
この柄合わせがお洒落上級者すぎて
はらのま
シマウマもかなりのハイセンスですよね。。


ソロ活動者でなくてもきっとじっくり観察はできぬ状態、

すごく好きな動物がいたとして、頻繁に(たまにならいいか)会いに
行きたい症候群な人は、職員に何らかのあだ名を授与されても

いたしかたない覚悟をしなければならぬ(ちょっと気にしすぎかもしれませんが)

気配に田舎の動物園は満ちていると思います。


はらのま
はらのま
そういえば何年も前に訪れた時、永遠この状態で↑遊ぶ

シロクマを見つめ続ける女性がいたのを、今ふと思い出しました。


はらのま
大鷲の後ろ姿が、くたびれた人みたいで気が付いたら、

猫背おじさんと呼んでました。


そんなこんなで、一周ぐるりとまわると、3年前以上に

老朽化がすすみ、動物自体もお歳をめした方が多かった

ようで、お亡くなりになられた方もちらほらいて、園内には

たそがれ感が充満ているような気が、、
はらのま
黄昏空間にたそがれとは無縁のうさぎたち
はらのま

ソロ活動で訪れると、上記の大鷲に身もココロも自己投影せざるを

得なくなるので、家族連れよ、動物園にどんどん通って園内に潤いを

与えて下さい!!と願うばかりの一日でした。



では、今回も長々のお付き合いありがとうございました好




以下の写真は、手持ちのデジカメのズーム機能が意外と効いたので

顔ばかり撮影していたようで、せっかくなので動物の顔写真を並べて

みました。興味ある方はどうぞニコニコ


はらのま

はらのま

はらのま

はらのま

はらのま-P2012_0416_144942.JPG

はらのま

はらのま

はらのま

はらのま

はらのま

昼間だから、だいたいみんな眠そうだったですわ。







映画いろいろ

テーマ:

大安  修二会(東大寺)



お久しぶりです!実に1ヵ月ぶりです。

どこへも出かけてないし、ひきこもりがちだし

消しゴム判子もゆっくりすぎるペースだしで、

ますますここに何を書いていいのか分からない。。


ただ、先月からちょこちょこ映画を観ています。


劇場へは、「宇宙人ポール」 「ロボジー」 ヒミズ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い


あとは、WOWOWでもちょいちょいと。

ただつけるという行為を習慣としていたTV番組を

すっかり観なくなりました。(好きな番組以外は)


受動的に入ってくる情報は

ツイッターでお腹いっぱいからかもかもしれませんが

(私の中のTVをつけるという行為がツイッターに替わっただけ)


その他に「ヒミズ」のあの国語の授業の空気、

ああいうのを感じたくなくてかもしれないなと

映画を観ていてちょっと思いました。


自分はいわゆる娯楽作品が好きなので、前回観た

「冷たい熱帯魚」も、あるいは園子温監督の作品自体は

(冷たい熱帯魚とヒミズ以外は観賞してませんが)本来的には

楽しい物だけ笑って享受していたい私の性には合わないのかもしれません。

世界の否定、破壊、暴力、絶望が、まざまざとしていているので、

映画の中の現実は、残酷でいて生ぬるくない。


だからこそでしょうか、放たれているエネルギーがとてつもないです。

ただただ最後まで、性に合わない者までもこの世界に巻き込んで

一気に見せちゃう疾走感、今の邦画にこんなエネルギーを放つ作品を

撮られる方が他にいるのでしょうか?

(詳しくないので、お勧めがあれば教えていただきたく。。)


薄皮一枚の薄氷のような普通(?)を保とうとしていた少年と

少女の物語は、絶望の果ての希望に向って走りだしていて

ラストは涙で二人の未来を応援するしかなかったです。

*あ、茶沢さんの方からお話を描いたら、大島弓子先生の漫画に出てくる少女たちのうちのひとりになるんじゃないのかなぁとちょっとだけ思いましたよ。



とはいえ、もう歳のせいか、年々ものすっごく明るく健全な世界にひかれます。

明るくて、道徳的、女の子自ら戦っちゃう、玩具菓子が好調なので、

どんなもんかと見てみた「スマイルプリキュア」  、、

このはじめて見てみたプリキュアとやらに、はまりそうでこわいです。

やばいキラキラしてて可愛い。。私が子どもの頃にはなかった世界。

しかし、今の子はこれを見て育つのですね~。

プリキュアを見たついでに、気が付いたら久しぶりにMMDを徘徊して、

これ が体が重そうで好きでした。。


あぁ、私はどこへ向っているのでしょうか。



ではでは今回も長々のお付き合いありがとうございます好