18投目 乃木坂との出会い

テーマ:
前回の続き

家庭が空中分解した私にとって

自分の幸せな家庭をつくることは至高の理想であり
一般的な4人家族など  それこそ背中を蹴りたいほどの

羨情と嫉妬しかなかった

私もそれを手に入れたのだが

良くも悪くも変わらないものはなく

私は行動、相手は言葉で示すタイプだったため

結婚することなく
3年で 私が相手の家を出る形で
 その生活は終わりをつげた

普通なら ドン底に落っこちるとこなのだが

そうでもなかった

もちろん最初半年くらいはドン底だったが


仕事で帰る時間が遅かった私は よく 

本店(AKB48〕の番組を目にする機会が多かった

まぁ私はアイドルなんかには全く興味がなく知識もなく
他のコアなことやってるミュージシャンと同じように

アイドルなんて音楽性の欠片もなく

歌下手だし 大した努力もしないで売れてる

くらいな偏見もってたかもしれない

しかし

寂しかった?、、、寂しかったのかな

楽しそうにやってるアイドル系の深夜バラエティーをみるようになり

よく 深川麻衣さん、橋本奈々未さんの卒業前後でファンになりましたという方をお見かけするが

卒業が間近な篠田麻里子さんのファンになった

多分それから2年くらいファンクラブにもいたと思う

だからAKBも部分的にわかる

同じ時期に とんでもない美貌の持ち主を

テレビでみて その番組をみるようになった

それが 橋本奈々未さんであり 工事中の前番組

乃木どこ だった

堀未央奈が 7thバレッタでセンターに抜擢されたころには

がっつりみていたと思う
 
くだらないと思うひともいるだろうが

私は 孤独の闇中に気づかないほど

のめりこめるものというか 人の生き方?を

表現する番組とグループに出会ったのだ

続く