『分かち合い写真展』1億2千万ウォン寄付 | ~ひだまりのたね~

~ひだまりのたね~

何気ない毎日の中で見つけた物、新しい発見や喜び&悲しみ、大好きな人&大切な人達…そんな諸々をここに綴ります。


テーマ:


[韓国エンタメニュース]
 
 
16日から17日の2日間、チャン・グンソクの母校であるソウル・漢陽大学オリンピック体育館にてチャン・グンソク韓国公式ファンクラブ「Cri-J」が主催した「2018チャン・グンソク誕生日記念分かち合い写真展」が開催された。今年で6年目を迎えた今回の分かち合い写真展では約1億2千万ウォンが集まり寄付された。
 
分かち合い写真展はこの1年間、チャン・グンソクの活躍ぶりを撮影し展示する公式ファンクラブの行事で、彼に意味のある誕生日プレゼントを贈ろうとファンたちが募金を行い、写真展の入場料と合わせて寄付金として使われてきた。
 
今回、イベント初日にはチャン・グンソクが出席し、2千人あまりのファンたちが集まった。チャン・グンソクも1千万ウォンを寄付、愛蔵品4つをファンに抽選でプレゼントし、感謝の気持ちを伝えた。それだけでなく、ファンはチャン・グンソクのためにサプライズの誕生日パーティーを準備し、お祝いの心と寄付の熱気を高めた。
 
また、今回集まった募金は全てチャン・グンソクの名義で寄付され、分かち合い写真展の収益金は児童保育施設 南山園、愛のカタツムリ(聴覚障害児童の手術支援)、ダムウ会(胆道閉鎖患者の手術支援)、エシンパーク(捨てられた犬の飼料支援)に渡される。
 
これに先立って、2012年チャン・グンソクの誕生日を記念した「926イベント」にてファンとチャン・グンソクがそれぞれ926万ウォンずつを児童養護施設 南山園へ寄付したことがきっかけとなり、2013年にも彼とファンが1000万ウォンずつ計2000万ウォンを、2014年、やはり写真展の収益金全額1620万ウォンが寄付された。さらに2015年には3400万ウォン、2016年5000万ウォン、2017年にはおよそ7500万ウォンを寄付。チャン・グンソクは分かち合い文化の先頭に立ち、活動を続けている。
 
 グンちゃん
うなぎちゃん達
🌟お疲れ様でした🌟
ちなみに私の誕生日は
❣️9月27日❣️
グンちゃんと1日違いなんて
夢みたいだぁ💞




ちぇるしーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス