今日のお昼は、ジャンクにマクドナルドだった。

小雨の中、マックに辿り着くとびっくり!
店内に溢れ返るほどのお客さんが!


みんなレジ待ちで、一列に並んでいると入りきらないので、
複雑な渦状の列が自然に出来上がっていた。


ほとんどの人がテイクアウトだったので席は空いていたのだけど、
レジ前は小雨&人口密度の濃さでサウナ状態。

立っているだけで体力が奪われていく……( ゚ε゚;)



そこで、私の前に並んでいた40代くらいの男性が、
とても感じのいい人だった。


長い列が階段の前や出入り口にまで及び、
店員さんやレジ待ち以外のお客さんの導線をふさいでしまっていたので、
その男性は階段前や出入り口の前になると、前に詰めず、
導線を確保しながら前に進んでいった。


すぐ後ろに並んでいた私も彼にならってそうした。
でも、私の後ろの人たちは「我先に」という感じで私の後ろにピタッとくっつき、導線を確保するという意識がなかった。
残念だった。


後ろの人たちが早く早くと詰めてくるので、私が一歩前に詰めた時に、彼の腕に私の腕が軽く触れてしまった。


こういう時、人口密度の高い都市部では、
お互いに何事もなかったかのように無視し合ったり、
もしくは相手を睨み付けたりなんかして、嫌な気分になることが多いのだけど、
その男性は、わざわざちゃんと振り替えって謝ってくれた。

私の方が動いたからぶつかってしまったのに、
こちらが女性であることに気遣いをしてくれたようだった。


そして、彼が店員さんに注文する姿も気持ちのいいものだった。

店員さんの問いかけ、例えば千円からでよろしいでしょうか?などの言葉に、
無言で頷くだけの人も多い中、
彼は小さくも大きくもない聞き取りやすい声で、
「はい、お願いします」ときちんと答えていた。



良いものを見た、と思った。
本当だったらあたりまえのことなのだけど、
そのあたりまえをしない人が今は多数なのだ。


彼は、サンダル履きにTシャツのラフな格好だったけど、
とても品が良く見えた。


行動、立ち居振舞いに品格があるからだ。


見習わないとな、と思った。