「リアル・スティール」 | 『CINEMADDICT』洋画・海外ドラマを好きなだけ♥

『CINEMADDICT』洋画・海外ドラマを好きなだけ♥

主にスターチャンネル、Dlife、huluで観た洋画、ドラマの感想を書いてます。めちゃめちゃ偏ってます。


テーマ:
12月9日公開
「リアル・スティール」(2011年)《公式HP》

■出演■
ヒュー・ジャックマン
エヴァンジェリン・リリー
ダコタ・ゴヨ
ケヴィン・デュランド
アンソニー・マッキー
ホープ・デイヴィス
$アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!

$アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!

スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の
ヒュー・ジャックマン主演で手掛けた、
ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く
感動のストーリー。
ボクシングの主役が生身の人間からロボットに移行した時代、
リングにすべてを懸けた父と息子の起死回生のドラマを描く。
監督は『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィ。
心が通い合わない父と息子が遭遇する奇跡の物語と、
圧巻の格闘技ロボットたちの熱い戦いぶりに引き込まれる。



かつて優秀なボクサーだった
チャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、
ただ自分の夢だけに没頭してきた。
だが、西暦2020年の今では人間に代わり、
格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。
ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして
生活していた彼の前に、母を亡くした
息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。







【注目記事】

ヒュー・ジャックマン 単独インタビュー「信じていれば、きっと願いはかなうはずだから」


主演ヒュー・ジャックマンとエヴァンジェリン・リリーが最大の感動ポイントを明かす!!


今年を代表する名作!?「リアル・スティール」の
  3つの燃え(萌え)ポイントを紹介!!


冬の2大映画を徹底比較!!
「リアル・スティール」
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



映画館でこの臨場感を味わって!!!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



この作品を知ったその日から、
だいぶ期待して待ってたんだけど、
今年は「スピルバーグに踊らされてきた年」だから、
ちょっと警戒もしてたのよ(笑)


だけどヒュー・ジャックマンも好印象だし、
子役のダコタ・ゴヨ君もなにかと評判も良く、
私の好きなロボ系だし・・・と期待しちゃう要素は沢山!!!


で、やっとこさ観て来たんだけど、
素直に面白かったわぁ!!!!


わりと「親子愛」「感動」「涙」とかってワードが、
出てきやすい作品だっただけに、
苦手分野突入か!?とヒヤヒヤしてたけど、
このワードは納得だけど泣きたくなっちゃう所はなかったわん。
どちらかと言うと「ミッション8ミニッツ」の方が、
グググーッと来たかな。


だけどそれは不満点ではないし、
逆に観やすかったから満足(゚∀゚ )

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



それに、キャラの描写がドンヨリなりがちかなぁ~とも
思ってたんだけど、ドロドロと掻き回される感じもないし、
色々な層の人に受けるような作品だなと思ったよ。

親子のやり取りやらばかりを見せられて、

ココで泣けぇ~!!!


みたいなメッセージがビシビシ来る作品って、
余計しらけちゃって、私ダメで・・・(笑)







他にも予想以上のものがあったわ!!

それはロボットの試合シーンの多さ!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




リングのパターンも様々だったんだけど、
ロボットボクシングを熱狂的に見守る人達の
一員になって、まるでその場にいるような臨場感を味わえたのよ。

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!
アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!






それには、
やっぱり演出の力もあるんだけど、
ヒュー・ジャックマンやダコタ・ゴヨ君の
力強い演技の力でもあるからねぇ。

熱狂している観客や、
登場人物達のその熱気を感じ、
それが何よりも、爽快であって、
感動出来る部分かなぁ~。


アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!







だから映画館の大画面で、
あまり「後ろの席」に行かずに、
食いついて観てもらいたいわっ!!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



実際どれくらいの時間数を、
リングに費やしているかは定かではないけど、

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!







結構良いテンポで試合風景に突入してたから、
ロボットもタップリ見られて退屈はしなかったわよっ!!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!








息子のマックスの養育権を売ったお金で購入したロボット「ノイジーボーイ」での試合



ロボットの存在に違和感ない!!














ヒュー・ジャックマンの良さを再認識!!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



ヒュー・ジャックマンの事、元々嫌いじゃないし、
好き寄りだったんだけど、
どうしても「X-MEN」のイメージが勝っちゃって・・・。


だけど今回「親子愛」をテーマにした作品で、
彼の人間的な部分も沢山観られて、
更に好感度UPしたわぁ。


優秀なボクサーだったチャーリーという役だったんだけど、
最初は散々なのよねぇ。

お金に困り果て、
鳴る電話は返済催促の電話・・・。
ボロボロなロボットでボクシングするもお金にはならず、
ロボットに興味があって、
「写真撮らせて♥」
という子どもに対してもお金を要求!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!





息子の事を息子とは思っていないかのような態度。

養育権を売って、そのお金で新しいロボットをお買い上げ!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




自分の事ばっかりで、
まるで周りの人間に関心がないチャーリー。


そんな彼を昔から支え、見守る女性もいるんだけど、
昔のように輝いていた彼には戻らず、
支えるのもほとほと疲れてしまっていた・・・。

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




だけど11歳とは思えないほどシッカリした息子と、
ロボットボクシングを通して交流していくうちに、
父親としての自覚や、人間的な変化を見せる。

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!
アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



そして次第に昔のボクサー時代に持っていた、
情熱が又再び蘇って来るのっ!!!









ダコタ君との相性も良かったのか、
2人が一緒のシーンも違和感なくって、

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!






ヒューが演じたキャラとダコタ君演じたキャラの
バランスもとっても良かった!!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




そしてクスッと出来るような場面もあったしね!!







話しは変わるんだけど、
ヒュー・ジャックマンって、歌って踊れるのねぇ~。
しかも観てて楽しいっ!!!





アカデミー賞にて








秋から1月までブロードウェイ出演中なのねぇ。
だから来日しなかったのかな!?

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!













これから期待される子役の一人、ダコタ・ゴヨ!!

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!


スピルバーグは子役発掘の天才!?『リアル・スティール』ダコタ・ゴヨの輝き!


スピルバーグから「奇跡の子」と称賛!!12歳イケメン俳優ダコタ・ゴヨ!!


映画『リアル・スティール』の天才子役、
ダコタ・ゴヨは将来有望間違いなし!
8才で習得した泣き演技で、おもちゃをゲットした過去を語る!





スピルバーグがイチオシしてるダコタ君。

現在は12歳で、すでに沢山の仕事をこなしてるみたいだけど、
本当にいるだけで可愛い子役の時代は終わってるって感じたわぁ(笑)

この作品には外せない重要キャラだったわよ!!!


生意気な感じのキャラを、
もしかしたら?地でいってるかもしれないけど(笑)、
ヒュー・ジャックマンに負けてないのよねぇ。


こんな事言えますか(笑)
アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




表情もコロコロと変わって面白いし、
子どもとは思えないセリフや動き(笑)

なにげに大人相手に交渉上手なシーンもサラリ。



だけど子どもらしい部分もあって、
またそのギャップが可愛いねぇ。



ここのダコタ君の日本後はなんか笑えた(笑)














廃品ロボットだったATOM(アトム)との出会い!!

ロボットのATOM、名前の由来は「鉄腕アトム」ではなかった!!


アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!


使える部品を探しに(盗みに(笑))、雨の中親子で廃品置き場へ・・。
マックスが足場の悪い所から滑り落ちた際に、
命の恩人となったロボットがいた!!


土の中に埋もれていたロボットに運命を感じたマックスは、
チャーリーの反対を押し切って、
自分一人でその汚れた古いロボットを連れて帰ろうとワゴンに載せた。


アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!




見るからに型遅れなそのロボットには、
「ATOM(アトム)」という名前がついていて、
マックスも運命的なものを感じて手を加えるようになった。

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!



お金で良いロボットを買っても初戦で破壊されたノイジーボーイ。

こんな古いロボットは、
試合に出る事も勝つ事も出来ない!!


マックスがアトムにかける熱意とは反対に、
チャーリーはどこか冷めた感じ・・・。


だけどマックスは
「アトムは特別!!!」と信じて手を加え、
準備をして地道に試合に出ては勝利を得て
段々と注目を浴びるようになった。


試合の前には、
マックスとアトムでダンスも披露する等、
楽しいシーンもあったのよ。








このアトムだけど、
戦う相手のロボットよりは本当見るからに劣ってる。


だけどなーんかあるのよねぇ。
「自我」ってほどじゃないんだけど、
何か人間の言葉や心が分かるというか・・。

隣にいたら話しかけたくなるような、
そんな感じで愛着わいてくるの。



リングでもボコボコになりながらも、
マックスのように諦めずに根気強いアトム

「立て!!!」って指示してるんだけど、
ここって時はマックスの声に反応するのよね。

アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!

操作してるのは、父のチャーリーで、
彼がアトムを通して昔の優秀なボクサー姿を
また見せてくれるの。

彼の情熱と共にアトムも本当力強くって、
相手の急所やクセを見つけて、
そこを狙って戦うのよね。


それを見つける目は、
チャーリーの経験がいきていて・・・。


アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!


ラストはもうアトムがリングにいるけれど、
戦っているのはチャーリー自身と言ってもいい!!!
ちょっとしたトラブルが発生してしまった結果
・・ではあるけれど、これがあったおかげで、
全てがプラスに働いたっ!!!







マックスの言う通り、
チャーリーとマックスにとっても、
アトムは「特別」な存在
になったわけ♥








押し付けがましくない感じが、
後味も良くって、会場の臨場感も感じられて爽快な気分!!!



ラストは、
養育権がどうとかってあるかなぁ~と思ったけど、
結構その部分も違う意味で爽快に終わってるのよ(笑)









ペタしてね読者登録してねアメンバー募集中

アチャ・C・テラーリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。