美味し楽しつれづれ日記 -5ページ目
2010-02-08 00:21:05

どうなのよ

テーマ:FootBall
美味し楽しつれづれ日記-100207_234245.jpg


昨夜の日本代表戦。


東アジア選手権、1戦目。
パスパスパス?
攻守の切替え?
ぐだぐだサッカー。

テレビからもすごいブーイングが聞こえた。


満男さんは、昨日のゲームには出なかったけどね。
キーマンになれるのかね、どうかね。
(使わないならさっさと返してー)

ワールドカップまで、あと半年ないのよね。


今週も香港戦、韓国戦と続く。

応援するよ!
次こそは、の期待こめて。


次期代表監督が誰になるのか、今から気になる今日この頃です。


2010-02-06 21:10:48

オーシャンズほか、近ごろの映画のこと

テーマ:映画

オーシャンズ、観てきました。



こどもは特別料金500円。


あれだけの映像を撮るのは、計り知れない苦労があったはず。

思わず、途中でCG?!って見間違えそうなシーンもありましたもん。

(実際に映像処理があるようです…)


映画の後半は、ほぼ問題提起。

「ディープブルー」「北極のナヌー」「アース」といった近年のネイチャードキュメンタリーよりも

映像やナレーションを通して、これでもかと鋭く迫られる感じです。


比喩的な表現も多かったので、5歳にはちょっと難しかったかな。

でも感想を聞いたら、ペンギンがかわいかった!と純粋な瞳でした。



美味し楽しつれづれ日記-oceans



このところ、映画をけっこう観ています。

日中にひとり気ままに。(笑)


「今度は愛妻家」「ゴールデンスランバー」など邦画ばかりですが。

「おとうと」も観に行くつもり。(中居くんがカメオで出てるとか)


「今度は愛妻家」

薬師丸ひろ子がかわいかった。

そのあとで、何だか、東野圭吾原作の「秘密」を思い出しレンタルで観ました。

広末涼子すごい。あれってまだ10代の頃だったような。

演技にひきこまれました。


「ゴールデンスランバー」

「アヒ鴨」の何とも言えぬ世界観が好きなので、今作も興味があり。

堺雅人も、いまかなり注目の役者さんだし。

観終わってのすっきりしない感、この映画はそれでいいんだと思う。

いろいろ考えなしでみて、ほかの部分をじっくりと考えるというか・・・なんというか。


偶然ですが、上記2作ともに出てる役者さん、濱田岳。

いい味だしてますね、とっても。

個人的には、「プロポーズ大作戦」のツルが大好きです。



それから・・・

昨日、久しぶりにアクセス解析みたら

「その街のこども」のキーワード検索数が突出していました。

ドラマを観て、いろいろと考えてみたり、他人の考えを知りたくなった人が

多かったのでしょうね。

前年の特集「未来は今」も合わせて、DVD化してほしいな。

2010-02-06 20:27:51

豚肉ハンバーグと白菜の煮込み

テーマ:美味し
美味し楽しつれづれ日記-100119_201255.jpg



この冬の我が家の定番メニューになりました。




豚ひき肉と玉ねぎで作ったハンバーグ、

フライパンで焼き色を付けてから、

ざくざく切った白菜と一緒にストウブで煮込みます。

白菜の水分が出てくるので、お水はほんの少しで。


味付けは、お酒、お醤油、塩、こしょうであっさりと。

仕上げに片栗粉でとろみをつけてもいい。


うちの母も肉だんご(=焼かない)でよく作ってくれました。

味はあのイメージです。


最初に焼くことで、肉汁を閉じ込めて、

煮こんでいる間の型崩れも防ぎます。


上沼恵美子の番組だったかと思いますが、

焼いたハンバーグで作る中華風煮込みをやっていて、

そのスキルを頂きました。




人参やキノコも一緒に煮込んでもいい感じ。


簡単だし、とても温まるおかずなので、

まだまだリピート決定になりそうです。





美味し楽しつれづれ日記-091030豚肉ハンバーグと白菜の煮込み
2010-02-06 18:48:57

THIS IS IT

テーマ:わたしのお気に入り
美味し楽しつれづれ日記-100201_160503.jpg


公開されていた映画に特典映像が加わったDVDです。


これぞ、まさにエンターテインメント。


マイケル ジャクソンの愛がたくさんつまっています。
だからか、観ていて少しも悲しい気持ちにならなかった。



マイケルは、音楽とダンスを心から愛していることがよくわかりました。
優しい人だということも改めて伝わってきました。


あるミュージシャンが書いていたのを思い出しました。
ライブを創り上げるプロセスは、MJも自分たちも同じだった、それが嬉しかったと。
今回の舞台裏の映像は、マイケル ジャクソンの人となりが垣間見えたような気がします。



「ファンの望みは日常を忘れる体験だ」
マイケルはそう言っています。

私たちがエンターテインメントを求める理由は、まさにそれです。


どうしたら「日常を忘れる体験」が叶うのか、

マイケルの繊細な気づかいと発想、妥協を許さない姿勢があってこそなのだと。


オリジナルの音源やダンスを大切にするのも、

見る側がそれを期待していると理解しているからこそ。


マイケルの存在そのものが、エンターテインメントであることを再確認させられました。


思い返せば、

中学の頃は、カセットテープにダビングしたマイケルの曲を夢中で聴きました。
英語の歌詞をワープロで打って覚えました。

分からない単語ばかりで、辞書ひいたなぁ。


ムーンウォーカーで見た、Smooth Criminal、カッコよくてびっくりした。

ゼログラヴィティは、なんでだろー!って、

みんなで真似してました。


ディズニーランドのキャプテンEOも懐かしい。


高校の頃は、体育の授業で創作ダンスにマイケルを取り入れようとしたけれど、

難しすぎて断念した思い出もあります。


合唱祭では、留学生と一緒にWe Are The Worldを歌いました。


スーパースターゆえ、悲しいことに、この10年くらいは奇怪な行動や

スキャンダラスなニュースばかりが先行していたけれど…


THIS IS ITで、マイケルが世界中の人たちに本当に伝えたかったこと。


この映画を通して十分に伝わってきたように思います。


自分もいま一度、考えてみたいと思います。

自分のこと、子どもたちのこと、地球のこと。


マイケルというと、まず数々のダンスナンバーを思い浮かべていたけど、
最近は、ゆったりした優しい曲が心に染み入ります。


Human NatureやYou Are Not Alone、Heal The World あたりが好き。


私も人の親になり、

少しは周りのことを考えられるようになったからなのかなと思ったり。


この記事は、先週から書きかけていて、

書き足したり書き直したりで、考えが全くまとまってないけど。


とにかく、マイケル ジャクソンは、MJは、

やはり代わりはいない素晴らしいエンターテイナーだということが言いたいのです。


もう一度、昔の音や映像を見返してみたくなった。
特に「ムーンウォーカー」ね。

2010-02-05 20:12:12

100205おべんとう

テーマ:おべんとう
美味し楽しつれづれ日記-100205_075153.jpg

・ご飯+のりたまふりかけ
・鶏のから揚げ
・タコさんウィンナー
・ミックスベジタブルのキッシュ風
・ほうれん草のソテー
・うずら豆煮
・いちご


タコさんウィンナー、いつまで続くのか・・・
2010-02-03 20:06:33

100203おべんとう

テーマ:おべんとう
美味し楽しつれづれ日記-100203_075047.jpg


・ご飯+フリーズドライ梅干しふりかけ
・京芋のコロッケ
・タコさんウィンナー
・人参、玉ねぎ、エリンギのケチャップソテー
・しらす入りオムレツ
・茹でいんげん
・いちご



京芋は、大きいのが地物が安くでていたので。

晩ご飯のおかずにしたコロッケを小さめに作って冷凍しておきました。


鶏ひき肉+玉ねぎを炒めたものをマッシュした京芋と合わせて、

味付けとバターと牛乳で固さ調整。

衣をつけてあげるだけ。

じゃが芋コロッケとはまた違う味わい。

ほっこりして美味しくて私好み~

2010-01-30 09:56:48

いま東名

テーマ:ケイタイ
2010-01-29 21:53:16

100129おべんとう

テーマ:おべんとう
美味し楽しつれづれ日記-100129_080640.jpg

・ご飯+のりたまふりかけ
・チキンナゲット
・たこさんウィンナー
・マイタケの黒こしょう炒め
・茹でにんじん、茹でブロッコリー
・うずら煮豆
・みかん


あらびき黒こしょう、大好きな息子です。

2010-01-27 10:43:19

100127おべんとう

テーマ:おべんとう
美味し楽しつれづれ日記-100127_074959.jpg

・雑穀ご飯+梅干し
・ハンバーグ
・たこさんウィンナー
・いんげんのピカタ
・茹でブロッコリ、茹でにんじん
・みかん


近ごろ、たこさんウィンナーが大のお気に入り。
お友達のお弁当にも入っているのだそうです。


2010-01-22 09:24:16

その街のこども

テーマ:くらしの中の出来事
美味し楽しつれづれ日記-100121_153559.jpg

先日、1月17日の日曜の夜中にNHKでやっていたドラマ。

ドラマというかドキュメンタリーな雰囲気で、
これ脚本あるの?セリフなの?と思ってしまうくらい、関西弁での自然な会話。

静かなストーリーの中で、じわじわと。
とても胸にくる内容でした。

15年前に起きた震災、
東京に住んでいた自分にはテレビの中の出来事でしかなかった。

たくさんの悲しい出来事があったのだと思います。
それらを乗り越え、街の復興のために尽力した人々。

被災された人たちにとって、その記憶は何年経とうとも忘れられるものではなく、
今でもさまざまな思いを抱えたまま、毎日を生きている人がいるということ。


ドラマの最後の場面は、当日の朝の収録だったみたい。

夜中の放送だったから視聴率も3%くらいだったみたいだけど、
NHKはやはりいいものを作るな~と思いました。

再放送するならぜひ、たくさんの人に観てもらえるといいけど。




森山未來くんは、いい俳優さんになったね。
昔、ファンクラブに入っていました。
こどもが産まれてから、なかなか舞台とか観に行けないから、
今ではやめちゃったけど・・・
また入ろうかと思った!








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス