みなさんこんにちは ひろなお(ひろくん)です♪

 

お立ち寄りいただきありがとうございます!
 

LINE@はじめました♪

 

週初めと月初めに、LINE@のお友達限定で
1週間の行動の指針と、今月の行動の指針を、
ボイジャータロットをリーディングしてお伝えします♪

ひろなおに直接メッセージを送りたい方も、
こちらをご利用ください♪

友だち追加

 

■今日のテーマは

 

今日はですねぇ、↑のテーマの通り、


ボイジャータロットがどういう仕組みで出来ているかを科学的に!!!

解説してみたいと思います!!!

 


って、ちょっと大きいことを言いましたが、あくまで自分が理解している範囲というか、私が個人的に考えていることですので、間違ってても科学者の方はいじめないでくださいね(笑)


物理が苦手な方はこの話、スルーしていただいてかまいません(笑)

 


どうしても書きたくなってしまったので…

 

 

そもそも、私は物理や化学が大好きです。


 

子どもの頃から、理科は大好き。中学高校の物理や化学。も面白かったです。大学でも力学を専攻していました。
 

 

とは言っても、偏差値は低いです(笑)

 

だからいじめないでください(笑)

 

 

まず、ボイジャータロットの再現性が高さはみなさんご存知ですか?


再現性とは(ウィキペディアより)…ある事象がテーマとなった時に、それを成り立たせていると考えられる要素や要因に還元したときに、同じ要素や要因を条件として整えた時に、再び全く同じ事象が起こる性質をそなえていること。

 


ボイジャーをやったことがない人はわからないかもですが、本当に再現性が高いです。


同じ質問に対して、何度も同じような答えがでたりします。

 

 

例えば、私は毎日ボイジャータロットに同じ質問をするのですが、3日連続で同じカードがでたりします。ボイジャータロットは78枚あります。計算すると、3日連続で同じカードが出る確率は、(78×78×78)分の1。


つまり、1/474552の確率です。

 

 

それだけだと、まぁ、たまたまもあり得る。


でも、その3枚連続で同じカードがでることが、日を空けて何度も起きたりします。

 


そうなるとその確率は宝くじ級です。
 

 

それすら、たまたまと言ってしまえばそれまでですけどねっ(笑)
 

 

とりあえず、夢のある話をさせてください(笑)


それもボイジャータロットが再現性が高いと言われる理由の一つだと思います。
 

 

ボイジャータロットは、潜在意識やハイヤーセルフの情報を可視化するツールでありますが、


なぜ可視化できて、再現性も高いのか?をちょっと自分なりに解説してみたいと思います。

 

 

まず、地球(宇宙)の物質や物体は固有の振動数というものを持っています(細かく言うと分子→原子→陽子中性子→素粒子)。
 

 

固有振動数は中学か高校の物理で習ったと思いますが覚えていますか?
 

 

単位はHz(ヘルツ)です。


ラジオの周波数とかと同じです。

 


ラジオの原理を、みなさんは何となくお分かりでしょうか?

 


手元にあるラジカセ(今時ラジカセって言わないか(笑))の周波数のダイヤルを調整すると、ラジカセが出している周波数と、ラジオ局が出している周波数の電波と繋がって、音が聞こえるという仕組みです。
 


同じ周波数のものは引き合うってことですねっ。


出したものが返ってくるということです。

 



携帯電話やテレビも同じような仕組みだと思ってください。

 


で、ある日、これってボイジャータロットの仕組みにも応用が効くんじゃないか?と思ったわけですよ!

 


何度も言いますが間違っていたらすみません(笑)

 


でも、これが成立したら絶対面白いと思うんだよな~。

 


ボイジャータロットにはカードによって、様々な絵柄が描かれています。
 


例えば↑のReward(報酬)というカード。
 

 

ここには、

 

木星、さくらんぼ、虹、リンゴ、コインなどが描かれています。
 

 

そして、このそれぞれの絵柄も、固有の振動数を持っています。

 


それぞれの絵柄が、それぞれの振動数で振動しているということです。

 


これは、カードを伏せた状態でも同じです。

 


振動は四方八方に飛び散っています。

 


具体的に言うと、その振動の大本は、フォトンという素粒子です。

 

 

それぞれの絵柄からそれぞれの振動数を持ったフォトンが四方八方に飛び散っているというイメージです。

 


ちなみに、太陽の光もこれと同じフォトンです。

 


太陽光も携帯電話と同じ電磁波です。

 


ただ、周波数(Hz)が違うということです。

 


世間でよく言われている電磁波って悪いイメージだと思いますが、

 


それは、人体に有害な周波数の電磁波という意味です。

 



そして、ここからが重要なこと!!!
 

 

私たち人間の思考や感情も実は電磁波なんです。

 


思考や感情も素粒子のフォトンとして、四方八方に飛び交っています。

 


つまり、思考や感情にも振動数があるということです。

 


この辺りは、量子力学という素粒子からミクロの分野の物理学で説明されているお話です。

 


そして、それがどういう意味を持つかというと、勘がいい方はもう、気付いたかもしれませんが、
 

 

ボイジャータロットのカードと、人間の感情の話を、ラジオや携帯電話の話と同じように考えてみるのです。

 


同じ周波数のものが引き合い、繋がる。

 


ということは、カードの絵柄の周波数と、人間の思考や感情の周波数と繋がってもいいんじゃないか?ということです。

 


ボイジャータロットに質問するときは、心の中で質問を唱えます。

 


この時点で、思考の波はフォトンの振動として四方八方に飛び散っています。

 


そして、その質問に対する答えは、質問者の中にすでにある。
 

 

ここも少し説明が必要ですねっ。

 

 

これも量子力学で説明されていることではありますが、

 

 

過去も、今も、未来も、全ての情報が、

『今』ここにある。

 

 

というもの。

 

 

全ての情報が波の情報(周波数)として、『今』ここにあるのです。

 


そのすべてがある場所を、ゼロポイントフィールド、ハイヤーセルフ、超意識、サムシンググレート、神様という言いかたをする発信者の方もいますねっ。


そこからの情報をボイジャータロットを通して、チャネリングしているということなんですが、

 


チャネリングって聞くと、いかにもスピリチュアルな感じがして怪しいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、チャネリングって誰でもできるんですよ(笑)

 


もちろん、特殊能力を使ったチャネリングをする人もいます。

 


一般の人には聞こえない音や、匂い、映像、文字、触覚など、色々な感覚で、その目に見えない情報をキャッチして、それを言語化して、人に伝える。という感じで。

 


でも、基本、ボイジャータロットって、そういう特殊能力がなくても使えるんです。

 


だって、そのボイジャータロットを使っている私は、


超凡人です(笑)

 


ボイジャータロットというツール(道具)なんですよ。

 


ツールを使うことで、簡単にチャネリングできるんです。

 


あ、話が逸れた(笑)

 


そして、長くなった^_^;

 


すみません、次回に持ち越すことにしますm(__)m

 


これ、シリーズ化されるパターンかも(笑)

 


こういう話が嫌いな方すみません^_^;

 


って、嫌いな人は、ここまで読んでないですよね(笑)

 


では、こういう話が好きな方、次回もお楽しみに~!!!


あ~楽しっ。やっぱり、こういう話大好きだわ(笑)

ボイジャータロットスクールのお申込みはこちら↓
ボイジャータロットスクール


新メニューはこちら↓
メンタルヘルスカウンセリング(45分無料カウンセリングもあります。)
『45分無料カウンセリング』お申込みフォーム

 

個人カウンセリングのお申込みはこちら↓

【受付中】お申込み・カウンセリング/講座/イベントメニュー☆

 

LINE@お気軽にどうぞ♪
友だち追加
 

 

 

■うつの治し方がわかる自己紹介シリーズ 全12話

 

■宿命数解説シリーズ

 

■栄養でメンタル回復シリーズ 全6話

 

■モニターさんのご感想

 

■先生方のブログ

ゆめのさくらさんのブログ→すべての願いを叶える好転反応の法則

れいな先生《こころColor癒しストin青山》→すべての答えは自分の中にあった。もう一人の自分と向き合い、自分の価値を知る。

己書の先生のブログ→己書 楽画道場(おのれしょ らくが道場)

お世話になっている静岡市の自然食品のお店→ハッピーフレンド

LINE@はじめました♪

週初めと月初めに、LINE@のお友達限定で
1週間の行動の指針と、今月の行動の指針を、
ボイジャータロットをリーディングしてお伝えします♪

ひろなおに直接メッセージを送りたい方も、
こちらをご利用ください♪

友だち追加

 

 

お読みいただきありがとうございました♪

 

 

ひろなお