骨壷も色々あります | えがわ日々の気まぐれ日記♪

えがわ日々の気まぐれ日記♪

日々の気まぐれ日記♪


テーマ:
お疲れ様ですm(_ _)m 
また色々と作業にお見積りに、
あと会社の看板どうするか悩み中な、
㈱石幸の江川です(^^;

さて追加文字彫刻の墓誌の回収して、
その合間には納骨のお手伝いなどあったりで、

写真のように様々な大きさの骨壷があります。
関西で特に大阪や奈良で多いのが左上と右下の大きさです。
大体直径が3〜4寸ほどです。
遺骨は全て入れないのでこの大きさでおさまる分だけです。
稀にですが左上の色と柄の入った骨壷ありますが、
ほとんどがサラシ布袋に入れ替えてしまいますので、
ちょっと勿体無い感じがします(^^;
それと地域性やお寺の考え方でサラシ布袋に入れ替えてしまうのが当たり前となっていますが、
別段骨壷のままでの納骨をしても大丈夫です。
近年ではお墓じまいやお墓移転なども多くなっていますので、骨壷のまま納骨してあると取り出しが容易に出来ます。

左下の骨壷ですが、
これは主に分骨するときなどに使われますので、
少々小さめとなっています。

最後に右上の大きい骨壷‼️
これはほとんど見ない大きさですね(^^;
関西圏ですとほとんどのお墓には骨壷のまま納骨は出来ないないでしょう。
さらに布袋に入れ替えとなりましても、
このサイズを想定していないので布袋の大きさも足りないです。
なので石屋さんに納骨を依頼するときは、
骨壷の大きさを伝えておくことをおすすめいたします。
過去に大きな骨壷持って来られまして布袋2つにわけての納骨になってしまった事例があります(^^;

何事も事前にしておくと問題が起きにくいので安心出来るかと思いますm(_ _)m






 
 
 
 
 
 
 
 
 純国産の良材で建てる良いお墓が家族を護り繁栄を導く。孫の代に遺してあげたい本物のお墓。
 
 
 
 

EGAWAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス