いつか見る景色 | 焼肉竹公式ブログ 笑売日記

焼肉竹公式ブログ 笑売日記

焼肉屋の親父から見た今、世の中のありとあらゆるものを考察して行きます。
もちろん、焼肉を始めとするグルメについても。
脂滴る焼肉の七輪の煙の向こうに、私が見たものとは……。

「人生なんてあっという間やね」


橋の欄干にもたれた隣の君に言った。


川面を見つめて過ぎし日々を浮かべるように、今は虚空となった様々な人々や出来事を並べ立て、時の流れを傍観してる。


「今は今しかないのよ」


いつか君が言った。


その意味すら知らないで、ただ目の前の小さな欲望に突き進んでいった昨日までの日々。


今日という日はその積み重ねの結果なのか。


それとも川上から流れてくるまだ見ぬ新鮮な流れ、永遠に続く経過なのか。


時は過去から流れず、未来から流れて来る。


そんな絞り出すような今を生命と呼ぶのだろう。


あの橋を渡る時、手すりや支えすらもない。

心に伸ばした欄干一つ、それだけが頼り。


ならば呼び出すしかない。

本当の自分と真の時間を。


この橋を渡り切るその前に。


八幡公園東屋


何か人の役に立ちたい。


それは小さなことの積み重ね。


でも小さくまとまることではない。


生活範囲の狭小さに辟易している。


このままでは世界を見られない。


己の住むところだけがすべてではない。


見ようとしない。

興味が湧かない。

その方が変化なく、恒常的で楽だからか。


そこを出てみよう。


好奇心のままに。


足の向くまま、少しでも気になることがあればフットワーク軽く足を運んでみよう。


大赤字でもその信念を微動だにしない孫正義社長ではないが、真っ赤っかの夕陽を拝むための自分自身の判断を。


萎縮することなく、思い描いたビジョンのままに。


普段見慣れたどこにもあるような景色も、視点を変えればこんなにも美しいのだから。