美を極める肉の華

テーマ:
和食やフレンチなどが目でも魅せる料理なら、焼肉がアートになっても構わないでしょう。

{903F0199-F9C6-45E0-8CC4-C1ACB5E1721E}

そのまま素材を切って盛るだけのシンプルさ。



{EA92BA0E-A42C-4470-9B97-8CE181BE624E}

だからより持ち味がさらけ出、技術が伺い知れます。


{5C817EB9-B60B-4711-8277-FB6CAC8A1260}

最終的にお客さんのテーブルに運ばれた皿には、ダイレクトに伝わるものがあるのです。


{4E54A57F-7D08-4CFC-A56B-CB535635F34B}


伝えたいものそれは、「美味しいです。食べてください」。

これまた単純明快。


{0C0885C9-E3B3-4029-BC59-AAFF045FD34C}


美味しいものにはわけがあります。

切って盛るだけだから理由がいります。


{33F2F8E9-CA44-488D-8E84-F55927E5A5F7}


同じ素材、同じやり方。

それでも、それだからこそ、いつも差が出ます。

最高のコンディション、体と心の在り方。

己の何をどこまで入魂しているのか。

それに尽きるのでしょう。

ニューセットメニュー『華』(お2人向き400g/7,980)は、その1つの答えです。