2011-07-07

表札体験風景

テーマ:教室風景

おかげさまで、「表札制作体験」についての質問やお問い合わせを何件か戴いております。

やはり、自宅のとも呼べる「表札」ですので、

気軽にチャレンジするというわけにもいかないのかもしれません。


判断材料になるかと思いますので、

今回は表札制作の手順をご紹介いたします。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景1


まずはパソコンを使って、ネームの書体やサイズ、文字バランスを画面上で確認しながら、

打ち合わせをします。


ゴシックや明朝体、行書体など文字デザインを変えるだけで、

表札の印象がグッと違ったものになりますので、

納得いくまで仕上がりイメージを確認していただきます。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景2


プロッターと呼ばれる機械で文字を切り出します。

写真上では、すでにマスキングシートに切り込みが入っている状態です。


中心線を描き、貼り付ける位置の微調整をします。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景3


シートをガラス板に貼り付けたら、文字の部分をはがします。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景4


文字の画数やアウトラインによっては中心からほんの少し、ずらしたほうが

バランス良く感じられるかもしれません。


今回は少し下方に修正しました。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景5


文字以外はすべてビニールテープでマスキングした後に

圧縮した空気と一緒に砂を吹き付けます。


ガラスが露出した部分はどんどん砂とぶつかって削られて、

文字部分が彫られてゆくことになります。



canari♪な吹きガラス☆日記-表札体験風景6


文字部分を着色して、シリコン樹脂で金枠に接着したら完成です。


今回は古い表札を取り外さずに、上から被せたいという

お客さんのご要望により、

透明な板ガラスを使わず、鏡を使用しました。


こうすることで、表札の後ろが透けて見えません。

さらに、鏡の表面はアンティーク調の加工を施していますので、凹凸がついています。


canari♪な吹きガラス☆日記-看板

毛筆の風合いを感じさせる直筆書体もスキャナーで取り込むことで、

表現可能です。

この場合、お客様自身でプリントアウトしたものをご用意していただく必要があります。



ご自宅の外観に合わせて、各種ご要望に対応したいと考えています。


canari♪な吹きガラス☆日記-バナー ポチッと押していただけると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 吹きガラスへ
にほんブログ村 いつも応援ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。