☆宇宙には男女の概念なんてないよ! | マイペースでいいじゃないか。

マイペースでいいじゃないか。

マイペースに生きてる、森 夕夏(モリユカ)によるマイペースなブログ。
役者、歌、おしゃべり、お料理…あたりが得意分野です。
PC触ったり、レジン小物作りなんかも好きです。


テーマ:
こんにちは~モリユカです^^
今回は、一部の人がお待ちかね?の、
うちゅうじん的な話しをしたいと思いまーす。


超電波なので、スピリチュアルとか、
アメリ◯ンなSF系のが好きでそれ以外は認めん!な方は
回れ右してください。(ウチは宇宙人だけど、ファンタジックな方面なので…)




まず、私のインナーセルフ(内なる高次の自分)を
紹介したいと思います。

チュグラスさんでーす!


これ…自分で描いたやつです。

R館のRikoさんに視て描いていただいて、(描いていただいた際の画像と記事)
自分でも(イメージの目で)視て描いてみたんですけども、
どうしてもなんか描いていただいたのよりも女子っぽい度が上がりますね…。
きっとイケメンより美少女を描くほうが好きだからかな??
寒い時期だからか、首元が花びらのようなものでもっふ~っとなっております。
額のマークは時折変わります。デフォルト?よく見るのはこの
8の字をクロスしたような形。これはメビウスリングを表してるそうです。
あとは六芒星の魔法陣みたいなのとかよく見るかな。

名前の発音は、チュグラスと表記してますが、チュとテュの間くらいの音、
らしいです!日本人にはおもいっきり発音しづらい!(笑)

このチュグラスさんが、自分の生まれた星の話の様子を教えてくれます。
(教えてくれる~いうても、新事実!というより、思い出してる感あるんですけどね;
記憶を9割方忘れて地球に適応してるのがモリユカという存在で、
覚えたまんま見てる自分がチュグラスって名前の人でしたぁ^^っていう感覚です。)


宇宙人といっても、宇宙は広し。色んな宙域、星、文化、があります。
チュグラスさんの出身星は、地球語だと小マゼラン星雲あたりにあるそうです。
マゼラン星雲というと、ウル○ラマンの怪人にマゼラン星人っていうのがいるそうで、
なんかしらんけどそっちのイメージがあるのかその名を知ってる人には
あまり良い印象を持たれてないという印象(笑)
(余談だけどジョジョ4部にもマゼラン星雲人出てます。←これも最近知った。
外見の特徴:エルフ耳で金髪ロングなのが私といっしょ~><;
そういう人が多いのねあの辺は…。)


マゼラン星雲は、大と小の2つある上に、星雲ですので、星の数もものすごいです。
1つの星雲の中に、争いばかりの星もあれば、牧歌的でのどかな星もあります。
牧歌的な種族は、やはりというか、なるべく争いの星からは
離れたところにいるようにしているようですが。(近いと飛び火するからね…)
ですが、あの宙域の人たちの考え方?基本理念?は、
”自分がまず幸せでいること。それが他の為でもある。”ということです。
(マゼラン星雲人の特徴を調べたら書いてあった上に、
自分でも子供の頃からぼんやりそう思ってたから間違いない。)
争いが多い星というのは、その幸せが物質や立場の固定などに執着する傾向にある、
ということでしょうね。


さて、チュグラスさんは地球の感覚でいうと所謂中性的な様子で、
男性なの?女性なの?となるところだと思いますが、
どっちでもないです^^
これが今回のテーマでーす!

私が描くと完全に女子にしか見えないんですけども;;;、
Rikoさんに描いていただいたのを見ると、どちらかというと男性??
のような感じですよね。でもなんか雰囲氣が女子っぽいと言われました。


そもそも、宇宙には”男女の概念”がありません
実はこの地球が特殊…というか地球の特色で、
二極化とか、分離とかを体験出来る星なので、
それを楽しむ為にわざわざ来てる(地球人として生まれてる)魂も多いくらいです。
地球は、男女の概念をはじめ、立場による上下関係、宗教同士の争い、
能力の違いに優劣を付け比較しそこでまた上下関係を作ったり…
人間は優れてる又は劣っているから自然から離れても生きていけるのだ又は
恩恵を受けられないのだ…など、様々な分離の形態を楽しめました。

まぁ、それは話すとキリないくらいに色々ありますので、
性別に関して、チュグラスさんの星はどんな感じなの?ということを例に、
お話ししていきます。

その前に、こちらも(過去記事)♡どっちでもええやん♡
合わせてお読みいただけるとより、くる、かと。(何が…?)



まず、なんで男女がないの?どーなってんの??ってとこですが、
基本的になんでも、陰と陽がそれぞれのバランスで内在し、成り立っています。

地球でいうところの
男性性が陽性、女性性が陰性といわれています。
この事実だけで、男性は陽気で、女性は陰湿だ、などと判断しないでくださいね。
しばきますよ♡^^

チュグラスさんの星では、下の図のように、いわゆる性別は複数あります。



チュグラスさんはだいたい4と5のあたりをウロウロしてます。

というのも、この”性別”は便宜上のもので、
例えば運動会のような催し事がある際のチーム分けをしたりとか、
そういうときくらいにしか分けられないので、
性別1だからこう、とか、7だからこう、のように
他から言われたり決まってることもあまりないですし、
みんなそんなに気にしてません。
強いていうなら、1は地球でいう男性性多め、7は女性性多め、と
この図ではさせてもらってます。
(いやね、これも、性別が7つある訳でもなくて、
7つに分けるイベントもあれば、13に分けるイベントもあるんですよ。)

で、私は上の図の、4~5あたりをウロウロしてるのですが、
それがどういうことかというと、
地球でも、ごく当たり前に、一人の女性を見て、
「あ、ちょっと前は男っぽいなぁなんて思ったけど、
ご結婚されてからなんだか女らしくなったなぁ」…なんてことがあると思います。
それです。
その人のそのときの状態によって、構成成分の割合が多少変動するので、
(内面が変われば外見にも現れます)
「この前は4だったけど今回は5だね~」なんてことが普通にあります。

あ、それとこれを言っておくとすごくわかりやすいと思います。
性別ごとの性器とか体に持ってません^^つるつるだよ~
だから例えば、4から3の状態になったからといって、
お股のホースが出てくるわけでもないし、
5になったからといって、おっぱいが膨らむわけでも、赤ちゃんの住処が
体内にできるわけでもありません。

(じゃぁ、どうやって子供産んでるの?となると思うんですが、
これまた長くなるので、別の機会に~^^)


それで何を言いたいかっていうと、
地球での、いわゆる”セクシャルマイノリティ”というのは、
宇宙規模で見れば、異常でもなんでもありません。
だって、"セクシャルマイノリティ"って一言でいっても、
色々なパターンの方がいらっしゃるじゃないですか。
みんな違ってみんな(・∀・)イイ!ってやつですよ!


↓こういうマークをいろんなところで見ると思いますが、
太極図 これは陰陽を表しています。

このマーク1つが、1つの物質だったり身体を表していると思ってください。
白が陽、黒が陰なんですけども、
その陽の中にも陰の点、陰の中にも陽の点があります。
この丸を、おたまじゃくしの形で分けて、”男と女”としているのが、
地球での”性別”なのだと認識しています。

とりあえず、地球での人は、男型か女型、どっちか選ばないといけないので、
「ん~、じゃぁこっち♪」と選んで生まれてきたのが、”性別”。

ですが、おたまじゃくしの形で別れたので、
選んだ性別とは性質が逆とされる”点”を、誰しも内在して生まれてきます。
この”点”の大きさが、大きかったり小さかったりは、人それぞれです。
だから、自分と”点”の大きさがだいぶ違う人を見ると異質に見えたり、
持っていないと思ってた自分の中の成分に気づかざるをえなかったりするから
拒否感が出たりするのでしょうね。
いわゆる”おじさん”(年齢じゃないです、状態として言ってます)ほど、
セクシャルマイノリティに対して理解を示しにくいのでしょうか。

ホロスコープを見ると個人の陰陽のバランスがよくわかります。
男性でも、家庭的なことをなんとなく大事にしたり、
女性でも、家の外に出て活動しまくるのがどっちかっていうと好きだったり、
誰しも、身体の性別とは逆の性質を持っています。
それも現れ方(分野や現れるタイミング)はそれぞれ。


だってね、すごいよ?
生まれる前に、「こういう性格で、こういう顔で、こういう境遇だけど、
あえて男の子に生まれたらチョー面白そう!うん、私、それやるわw」
って言って地球に行く人とかいるんやで?
(あ、私じゃないよ。モリユカちゃんいちおう女の子だから…)
「好き放題(いわゆる常識ぶっちぎって)やって、周りの人から
どんどん価値観一新させていってやるの!ほほほほほ~♡」
だって………。いや~、すごいわ(笑)

逆に、そういうことやりたいやつがいるっていうんで、
「じゃ~僕はそんなそいつをおもいっきり妨害して、
より輝きを増すためにこうこうこういうこと(試験官的な役割)やるね~」
っていって打ち合わせして誰しも地球に来てる(っていうか
地球という舞台を作り上げてるというか…)ので、
常識的に凝り固まってるのが良いとか悪いとかないんですけどね^^;

ま、だからこそ、”明るい見方”にしてみたら、
もっともっと人生楽しめるんじゃないかなーとは思います☆



今日はここまで~!
読んでくださってありがとうございます。
今日も世界は愛に満ちていますね~



ランキングに参加してます。
果たしてこのジャンルで良いのかよくわからんのですが、
どうぞポチポチしてやってくださいv
↓↓

ユカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス