甘味過食を正常化する (フードリーディング®基礎のやりかた) | フードリーディング®キッチン
2018-05-19

甘味過食を正常化する (フードリーディング®基礎のやりかた)

テーマ:Obrigada
 
高知は連日、pm2.5値が環境庁基準値を超えていまして
湿気の上昇とともに、 不穏な大気です。
 
 
 
湿気のない、青空の大気の澄んだ貴重な時期に、気を充電しておりましたので
その貯金を使って過ごしています
 
あまいものが食べたいとからだが伝えてくれるので、脳が調整しよう・気候変動に対応しよう、けどしんどい・・・と感じているのだなと感じて見守っています
 
 
 
 
そんなときは、環境が気持ちよかった時期の写真をみて脳をなだめます
みずみずしい果物
 

 
 
光をあびて咲く薔薇
 
 
甘酸っぱいレモンタルト
 
 
グリーンリーフを揺らす風の音
 
 
 
>環境がととのっているときに、からだを動かしてつくったものは環境が不穏なときの不調和を助けてくれる
 
 
湿気の時期とともに梅仕事の準備をはじめます
 
IMG_20170613_194925574.jpg
 
 
 
環境の気温・気圧・湿気からの身体への影響はホルモンバランスと直結していますので(生物であるかぎり、どなたも自然生態系との関係を無視することは不可能です)、甘いものがたべたい、、、という欲求を抑えることは難しいと思います。
欲求を抑えるのではなく、欲求を認知して、解消していく道のりを食アイテム・行動レシピ(対処法)をゲットして、歩いていくのがフードリーディング®です。
 
 
ホルモンバランスは、一言でいえば
「感情」ですので、女性はとくにアンバランスさに敏感になりますし、男性でもなんとなく不機嫌、という感じにあらわれます。

 

 

そんなときに、何を食べたらいいの?

 

こは冷静にまいりましょう。

 

 

自分に適した食べ物を知ることが出来るフードリーディング®の基礎をご紹介します

味覚ダイエット電話セッションでは、響が誘導して体験していただいています。

 

 

 

 

① ミッション確認 

甘いものを食べ過ぎてしまうときに、からだからの衝動を抑えてくれるものはなに?

 

② 季節・環境を調査

急激な湿気上昇・気温上昇 Pm2.5による大気汚染

 

③ ②のからだへの影響を調べる。現代・最新の情報が必要。グーグル先生・ウィキペディア先生に導いていただく

 

消化機能をつかさどる器官が疲れる

むくみ・倦怠感

すっきりしない気分

代謝機能低下

ストレスを消化できない・ひきずる・ためているものがでてくる

栄養の偏り

太り過ぎ・痩せすぎ

中性脂肪・血圧が高い・低い

甲状腺症状において遺伝的要素・・・・

慢性的なストレスを持つ

 

 

 

④ ③によるからだの反応

頭痛・だるさ

甘いものが食べたい

辛いものが食べたい

過食

拒食

生乾きのニオイ

肌の質感の変化

しゃっくり

よだれ、口内炎、口角炎・・・

 

 

 

➄ ③によるメンタルの反応

メンタル(精神・心理)

攻撃的になる

いらいらする

ぐすぐすする

決められない

がんばりすぎる

だらだらしすぎる

自分のしてることが無意味に思える

思い通りにならないことを流せない

綺麗なことや美しいことを斜めにみる

なんでもキレイ事に治めようとする

自分がわるい

相手がわるい

過去の後悔

未来への悲観

 

⑥ ①~⑤で自身の状況を把握する

 

⑦ 何を食べたら、状況が変化するのか、4000年の歴史のある食養生の文献をひもとき、調べる。 

 

⑧ ⑦の知見から、じぶんに適した食べ物・対処法はなにかを選択する。食アイムを決定。食事法・料理法を決定する

 

   

 

⑨ ⑧を食実践する

 

⑩ ⑨によって身体の不調和が調う、調わないを体験する。体験数を重ねるほど、⑧の選択がクリアにできるようになる。①のミッション完了を脳に記憶させる

 

 

  補足※

-------------------------------------------------------------------

 

①~➄は状況把握のためのステップで、知的好奇心のあふれるかたはブラッシュアップのための学びで、経験されたことがあるのでは思います。

③の最新の情報は、医療・美容・法律・政治・経済・農業・食・土木・天文学・映像・デジタルマーケティング・文化・ファッションなどの専門各分野からも集めます。メディアからよりも、現場人から情報をいただくことが、真偽がはかれます。あらゆる角度から、じぶんを眺めるという行為は、 ひとを美しく健康にします。 

 

➄ は人情をもち、責めないようにします。

 

⑥ は冷静であることが大事です。 冷静になるコツは、情熱を内に秘めることです。 情熱なき冷静は、静の動きがなく、冷え凍り固まりやすいです。

 

⑦ はオタク気質があればあるほどよろしいかと思います。

 

⑧ は一般的な食常識・育ててくれたひとの食方針に偏よりすぎないことが大事です。⑦で叡智の食べ物についての供述に出会うことが運命の分かれ道です。

ひとつの文章、箇所と、①~⑦までの知見収集、今までの食養生体験が結びつき、

答えがでます。  

 

⑨ やれば、わかります 実践しないひとは、やるやる星人とお友達になっています

 

⑩ ミッション完了体験レベル

  満足度、完成度は食養生体験年齢で知っておきます。

  人生の深遠な経験が加味されるばあい、飛び級があります。

  

  3日➡ボウズ

  10日➡ガール

  28日➡ティーン

  75日➡コドナ 

  3カ月➡ベイビー

     1年6カ月➡ハニー

  3年➡ダーリン

  7年➡アスリート

  14年➡スナイパー

  20年➡変人

  30年➡職人

  40年➡達人

  50年➡覇者

  60年➡使者

  70年➡預言者

  80年➡統治者

  90年➡人間宝

 100年➡伝説

 

  英知は「深遠な道理をさとりうるすぐれた才知」とされており、ふたつに違いはなく叡智とほぼ同じ意味で使われています。ただし、叡智というと、心理を見通す神の力といった深遠な意味あいが強くなり、一般的には「英知を結集したテクノロジー」といった意味の使われ方の方が多いようです。

叡智の食べ物とは、冷静な才知と真理の心知が合致した無双物です。 生物が食べると生命力が自動充電・放電・自由自在になります。 

 

 

 

フードリーディング®

>いまの体調を未来において良くすることができる食べ物は、現在までの食からの影響を知ることから始まり、状況調査・情報収集・筋道立て・理論・心理論・人情加味を経て、冷静な判断を行い、専門的視野での計画を練って、決定する

 

響と一緒ですと、時間を有効に使えます

--------------------------------------------------------------------

 

結論

 

 

いまの時期、甘いものを食べすぎるときは

 

 

 

 

 

 

梅肉エキス」  です。 甘いものへの欲求は、ひとが一番はじめに覚える味覚で、感覚的にたいへんに強いので、ふつうの食べ物では、バランスがとれないことが多いので、エキスをなめます。陰陽五行説では、甘味過食は酸味で抑えます。

身体のお手当は、後頭部をあたためます。自律神経をととのえるツボがあり、

アンバランスさを緩和してくれます。身体のお手当は、後頭部をあたためます。自律神経のつぼがあり、頭痛やふらつき、感覚の惑いを緩和してくれます。手をのばして、身体に左右かたむけ、脇のラインをストレッチします。代謝・消化とつながる、経絡(東洋医学の気の流れ)があり、刺激によって、活性化します。

いちばん、効果的なのは、夕ご飯を早めにすませ、朝は、酵素飲食物のみで、

生水をすこしずつ飲み、昼までに呼吸運動をする、ゆる断食です。消化器官は、休ませることが重要です。本断食をしないようします。16時間~20時間、食間を空けたら

男性は600kcal・女性は500Kcal以下の食事をとります。

 

 

 

ゆる断食の効能、安全性、医学的エビデンスについてはこちらの書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

青梅が出回りはじめているので、ご自身でつくられるのも楽しいですね。

響もつくります♡


結論のフードリーディング®実践して、それでも甘いもの過食が10日以上、とまらなかったらそれは慢性可しつつあるストレスありです。

お話するだけで、かなり楽になります


ほんとうの感情は、けっしてじぶんを苦しめません。おからだをつくりませんか。糖質.甘いものには特別な食べ方が江戸時代からあるのです


ご連絡くださいね

 

 

♡:-)

 

フードリーディング®公式H.P

 

Blogよりも 響と密に世界観交流できます

会員制シェアコミュニティ

(1ヶ月ワンコイン会員パスが必要です)

 

会員パス購入ページ

 

 

フードリーディング®キッチンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス